研究者
J-GLOBAL ID:200901073341681850   更新日: 2020年08月30日

小林 亨

コバヤシ トオル | Kobayashi Tohru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 形態、構造
研究キーワード (2件): 分子生殖生物学 ,  Molecular Reproductive Biology
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 生殖細胞の形成・分化の分子機構
  • 生殖腺の組織構築と性分化・性転換の分子機構
  • 精子形成開始の分子機構
  • Molecular mechanisms of germ cell differentiation
  • Molecular mechanisms of gonadal sex differentiation
全件表示
MISC (47件):
書籍 (7件):
  • Androgen receptor alpha and beta in the Nile tilapia (Oreochromis <I>niloticus</I>) gonad.(共著)
    Perspective Endocrinology: Unity and Diversity. XIV International Congress of Comparative Endocrinology) ed. by H. J. Th. Goos, R. K. Rastogi H. Vaudry, R. Pierantoni.Monduzzi Editore, Sorrento (Napoli), Italy. 2001
  • 魚類の生殖巣の分化と精子形成
    蛋白質核酸酵素 1998
  • Mechanism of gonadal differentiation and spermatogenesis in teleost.
    Protein, Nucleic Acid and Enzyme 1998
  • The role of activin in spermatogenesis in fish.(共著)
    Inhibin, Activin and Follistatin. Regulatory Functions in System and Cell Biology. ed. by Aono, T., Sugino, H. and Vale, W. W. Serono Symposia USA. Springer-Verlag New York Inc. 1997
  • Hormonal regulation of spermatogenesis in the Japanese eel (Anguilla japonica. (共著)
    Perspective Endocrinology 1994
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1989 新潟大学 生命システム科学
  • - 1989 新潟大学
  • - 1983 新潟大学 生物学科
  • - 1983 新潟大学
学位 (1件):
  • 理学博士 (新潟大学)
経歴 (4件):
  • 2008 - 2009 国立大学法人愛媛大学 南予水産研究センター 松山分室 分子発生生物学研究室 准教授
  • 2004 - 2008 独立行政法人水産総合研究センタ- 養殖研究所 生産技術部 繁殖研究グループ 主任研究官
  • 1995 - 2004 総合研究大学院大学 生命科学研究科 助手(兼任)
  • 1993 - 2004 岡崎国立共同研究機構 基礎生物学研究所 発生生物学研究系 助手
委員歴 (1件):
  • 1993 - 日本動物学会 中部支部庶務
受賞 (2件):
  • 2005 - 日本動物学会 Zoological Science Award
  • 2003 - 日本遺伝学会 日本遺伝学会第75回大会 Best Paper賞
所属学会 (4件):
日本分子生物学会 ,  日本発生生物学会 ,  日本比較内分泌学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る