研究者
J-GLOBAL ID:200901073344859340   更新日: 2024年05月10日

松本 尚

マツモト ヒサシ | Matsumoto Hisashi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 日本医科大学千葉北総病院救命救急センター/ショック・外傷センター  部長
ホームページURL (1件): http://www.hokusohstc.com/
研究分野 (1件): 救急医学
研究キーワード (5件): 災害医学 ,  外傷外科学 ,  救急医学 ,  Trauma Surgery ,  Emergency Medicine
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2021 - 2024 出血性ショック下大動脈遮断解除後臓器障害おける病態解明
  • 2017 - 2020 重症患者に対する長期機能予後改善のための地域連携回復プログラム開発
  • 2013 - 2016 体幹部外傷時の大量出血に対する超分子ゲルを用いた一時的止血効果に関する基礎的実験
  • 災害時急性期医療に関する研究
  • ダメージコントロール手術に関する研究
全件表示
論文 (228件):
  • 杉本 貴史, 本村 友一, 久城 正紀, 岡田 一宏, 八木 貴典, 松本 尚, 原 義明, 横堀 將司. COVID病棟でのデリバリーロボットによる業務負担削減効果の検討. 日本臨床救急医学会雑誌. 2021. 24. 6. 828-829
  • 杉本 貴史, 本村 友一, 久城 正紀, 岡田 一宏, 八木 貴典, 松本 尚, 原 義明, 横堀 將司. COVID病棟でのデリバリーロボットによる業務負担削減効果の検討. 日本臨床救急医学会雑誌. 2021. 24. 6. 828-829
  • 益子 一樹, 安松 比呂志, 上田 太一朗, 山本 真梨子, 松本 尚. Acute Care Surgeonとしてダブルボードを発揮し救急医療体制、局地災害体制を創る. 日本救急医学会雑誌. 2021. 32. 12. 1704-1704
  • 本村 友一, 平林 篤志, 久城 正紀, 阪本 太吾, 安松 比呂志, 益子 一樹, 八木 貴典, 松本 尚. 本邦の外傷医療は本当に向上したか 千葉県交通事故死亡事例における防ぎ得た外傷死(PTD)の10年間推移. 日本外傷学会雑誌. 2021. 35. 2. 113-113
  • 船木 裕, 益子 一樹, 上田 太一朗, 山本 真梨子, 阪本 太吾, 安松 比呂志, 利光 靖子, 松本 尚. エアーコンプレッサーにより、緊張性心嚢気腫に至った1例. Japanese Journal of Acute Care Surgery. 2021. 10. 2. 82-82
もっと見る
MISC (243件):
  • 中江 竜太, 横堀 將司, 松本 尚, 金 史英, 増野 智彦, 原 義明, 畝本 恭子, 松田 潔, 横田 裕行. 新専門医制度の3年目を総括する 新専門医制度における救急科専門医のダブルボード取得に関する展望と課題. 日本救急医学会雑誌. 2019. 30. 9. 546-546
  • 中江 竜太, 横堀 將司, 松本 尚, 金 史英, 増野 智彦, 原 義明, 畝本 恭子, 松田 潔, 横田 裕行. 救急科専門医がダブルボードを取得することの魅力. 日本救急医学会雑誌. 2019. 30. 9. 749-749
  • 辻井 厚子, 石井 浩統, 中江 竜太, 増野 智彦, 原 義明, 横堀 將司, 松田 潔, 松本 尚, 畝本 恭子, 横田 裕行. 30年後の救急医療-次世代に向けて 30年後の救急医療 今後求められる卒後教育を予想する. 日本救急医学会雑誌. 2019. 30. 9. 541-541
  • 中江 竜太, 横堀 將司, 松本 尚, 金 史英, 増野 智彦, 原 義明, 畝本 恭子, 松田 潔, 横田 裕行. 新専門医制度の3年目を総括する 新専門医制度における救急科専門医のダブルボード取得に関する展望と課題. 日本救急医学会雑誌. 2019. 30. 9. 546-546
  • 中江 竜太, 横堀 將司, 松本 尚, 金 史英, 増野 智彦, 原 義明, 畝本 恭子, 松田 潔, 横田 裕行. 救急科専門医がダブルボードを取得することの魅力. 日本救急医学会雑誌. 2019. 30. 9. 749-749
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1987 金沢大学 医学部 医学科
  • - 1987 金沢大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (金沢大学)
経歴 (7件):
  • 2000/04 - 現在 日本医科大学千葉北総病院 救命救急センター
  • 1997/04 - 2000/03 金沢大学医学部附属病院救急部・集中治療部
  • 1999 - 2000 Kanazawa Univ. Hospital, Dept. of Critical Care Med., Assistant Professor
  • 1997 - 1998 Kanazawa University Hospital, Dept. of Critical Care Med., Assistant
  • 1992 - 1993 Kanazawa University Hospital, Dept. of Critical Care Med., Assistant
全件表示
委員歴 (4件):
  • - 現在 日本Acute Care Surgery学会 評議員
  • - 現在 日本腹部救急医学会 評議員
  • - 現在 日本外傷学会 評議員
  • - 現在 日本救急医学会 評議員
所属学会 (5件):
日本腹部救急医学会 ,  日本Acute Care Surgery学会 ,  日本外傷学会 ,  日本外科学会 ,  日本救急医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る