研究者
J-GLOBAL ID:200901073378089390   更新日: 2020年09月01日

竹中 恒夫

タケナカ ツネオ | Takenaka Tsuneo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 腎臓内科学
研究キーワード (12件): Klotho ,  老化 ,  動脈硬化 ,  脈波 ,  腎微小循環 ,  高血圧 ,  腎臓病学 ,  Atherosclerosis ,  Pulse wave ,  Renal microcirculation ,  Hypertension ,  Nephrology
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2019 クロト蛋白による腎保護効果についての検討
  • 2013 - 2017 クロト蛋白の腎保護効果についての検討
  • 1992 - 1993 Autoregulation of afferent arteriolar blood flow in juxtamedullary nephrons
  • 1990 - 1992 Renal microcirculation
  • 1988 - 1990 本態性高血圧の発症における諸種Na利尿因子の役割
論文 (59件):
  • Tsuneo Takenaka, Hiroyuki Kobori, Tsutomu Inoue, Takashi Miyazaki, Hiromichi Suzuki, Akira Nishiyama, Naohito Ishii, Matsuhiko Hayashi. Klotho supplementation ameliorates blood pressure and renal function in DBA/2-pcy mice, a model of polycystic kidney disease. American journal of physiology. Renal physiology. 2020. 318. 3. F557-F564
  • Takenaka T, Miura S, Kitajima M. The management of polycystic liver disease by tolvaptan. Clinical and molecular hepatology. 2019
  • Tsuneo Takenaka, Hiroyuki Kobori, Takashi Miyazaki, Hiromichi Suzuki, Akira Nishiyama, Naohito Ishii, Maho Yamashita, Matsuhiko Hayashi. Klotho protein supplementation reduces blood pressure and renal hypertrophy in db/db mice, a model of type 2 diabetes. Acta physiologica (Oxford, England). 2019. 225. 2. e13190
  • Ohno Y, Takenaka T, Suzuki H. Inferred systolic blood pressure levels to switch from lifestyle modifications to antihypertensive medications: a success-rate oriented simulation. Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993). 2018. 1-7
  • Tsuneo Takenaka, Tsutomu Inoue, Takashi Miyazaki, Hiroyuki Kobori, Akira Nishiyama, Naohito Ishii, Matsuhiko Hayashi, Hiromichi Suzuki. Klotho Ameliorates Medullary Fibrosis and Pressure Natriuresis in Hypertensive Rat Kidneys. Hypertension (Dallas, Tex. : 1979). 2018. 72. 5. 1151-1159
もっと見る
MISC (106件):
  • 竹中 恒夫, 小堀 弘幸, 宮崎 孝, 西山 成, 石井 直仁, 鈴木 洋通, 林 松彦. クロト蛋白補充はdb/dbマウスにおいて血圧と腎肥大を改善する. 日本腎臓学会誌. 2019. 61. 3. 412-412
  • 亀田 一帆, 山中 朱美, 池田 克介, 菊池 祐二郎, 竹中 恒夫. 維持血液透析患者におけるエボカルセトの効果. 日本透析医学会雑誌. 2019. 52. Suppl.1. 755-755
  • 竹中 恒夫, 大野 洋一, 鈴木 洋通. 2型ナトリウム依存性グルコーストランスポーター阻害薬の中心血圧に対する効果. 日本高血圧学会総会プログラム・抄録集. 2018. 41回. PC12-01
  • 小島 肇, 池永 秀樹, 小寺 義男, 井本 明美, 黒崎 祥史, 土筆 智晶, 小幡 進, 鈴木 英明, 横場 正典, 市川 尊文, et al. 腎症発症前の糖尿病ラットにおけるミトコンドリアタンパク質の尿中排泄について. 臨床化学. 2018. 47. Suppl.1. 257-257
  • 小島 肇, 池永 秀樹, 小寺 義男, 井本 明美, 黒崎 祥史, 土筆 智晶, 小幡 進, 鈴木 英明, 横場 正典, 市川 尊文, et al. 腎症発症前の糖尿病ラットにおけるミトコンドリアタンパク質の尿中排泄について. 臨床化学. 2018. 47. Suppl.1. 352-352
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (6件):
  • 中心血圧とSGLT2阻害薬
    2019
  • やさしい臨床医学テキスト
    2018
  • メディクイックブック
    2015
  • Calcium channel blockers in the treatment of hypertension
    2015
  • Home dialysis in Japan
    2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (34件):
  • Xeno-klotho administration retards the progression of adriamycin nephropathy
    (American Society of Nephrology 2011)
  • Ronacaleret retards renal injury with preserving klotho in 5/6-nephrectomized rats.
    (American Society of Nephrology 2011)
  • 頚動脈血圧と中心血圧および上腕血圧との関係
    (日本高血圧学会 2011)
  • Further elucidation of mechanisms mediating reduced autoregulaoty tone in diabetes
    (Hypertension Research Council 2011)
  • 低身長と維持透析患者の予後
    (日本透析医学会 2011)
もっと見る
Works (5件):
  • 分泌型クロトと副甲状腺機能
    竹中 恒夫 2012 - 2013
  • カルシウム受容体拮抗薬の腎保護効果
    2011 - 2012
  • エリスロポイエチンのビタミンD代謝に対する作用
    2010 - 2011
  • アンジオテンシン受容体拮抗薬(イルベサルタン)の腎保護効果の検討
    2009 - 2010
  • 慢性腎臓病患者の予後改善に関する基礎及び臨床的研究
    竹中 恒夫 2008 - 2009
学歴 (2件):
  • - 1983 慶應義塾大学 医学科
  • - 1983 慶應義塾大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (慶應義塾大学)
経歴 (7件):
  • 2016 - 現在 国際医療福祉大学 医学部 教授
  • 2015 - 現在 北里大学 医学部 客員教授
  • 2013 - 現在 慶應義塾大学 医学部 訪問教授
  • 2013 - 2016 国際医療福祉大学 保健医療学部 教授
  • 2010 - 2013 埼玉医科大学 医学部 医学部 腎臓内科 准教授
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2012 - 日本透析医学会 評議員
  • 2012 - アメリカ腎臓学会 指導医
  • 2012 - 日本内科学会 指導医
  • 2011 - 日本高血圧学会 評議員
  • 2011 - 日本高血圧学会 FJSH
全件表示
所属学会 (14件):
アメリカ心臓財団 ,  日本病態栄養学会 ,  日本高血圧学会 ,  アメリカ生理学会 ,  日本透析医学会 ,  アメリカ腎臓学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本内科学会 ,  Japanese Society of Hypertension ,  American Physiological Society ,  Japanese Society of Dialysis and Therapy ,  American Society of Nephrology ,  Japanese Society of Nephrology ,  Japanese Society of Internal Medicine
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る