研究者
J-GLOBAL ID:200901073402437524   更新日: 2021年10月22日

尾崎 倫孝

オザキ ミチタカ | Michitaka Ozaki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://prometheus-lsi.com/
研究分野 (1件): 外科学一般、小児外科学
研究キーワード (9件): 生体イメージング ,  酸化ストレス ,  細胞死 ,  肝傷害 ,  肝再生 ,  redox regulation ,  signal transduction ,  organ transplantation ,  liver regeneration
競争的資金等の研究課題 (50件):
  • 2019 - 2022 ランタニド・ナノ粒子(LNP)を利用した癌細胞特異的光治療法の開発
  • 2019 - 2022 肝虚血・再灌流傷害における多段階多元的傷害進展のメカニズム解析
  • 2019 - 2022 生体分子の量と活性を測るオプトバイオ分析の創発
  • 2017 - 2021 毒性関連ビッグデータを用いた人工知能による次世代型安全性予測手法の開発
  • 2017 - 2020 意識下手術における聴覚刺激に伴う精神活動の可視化とストレスマネジメント方略
全件表示
論文 (183件):
  • Harumi Kanou, Kouki Nagasawa, Yuki Ishii, Aya Chishima, Juri Hayashi, Sanae Haga, Kenneth Sutherland, Masayori Ishikawa, Michitaka Ozaki, Hiroki Shirato, et al. Period1 gene expression in the olfactory bulb and liver of freely moving streptozotocin-treated diabetic mouse. Biochemical and biophysical research communications. 2021. 560. 14-20
  • Kanako Nakajima, Kazuko Hamada, Ryoga Ito, Yukina Yoshida, Kenneth Sutherland, Masayori Ishikawa, Michitaka Ozaki, Hiroki Shirato, Toshiyuki Hamada. Stability of d-luciferin for bioluminescence to detect gene expression in freely moving mice for long durations. Luminescence : the journal of biological and chemical luminescence. 2021. 36. 1. 94-98
  • Ryoga Ito, Kazuko Hamada, Shigeru Kasahara, Yoshihiro Kikuchi, Kanako Nakajima, Kenneth Sutherland, Hiroki Shirato, Michitaka Ozaki, Masayori Ishikawa, Toshiyuki Hamada. Mouse period1 gene expression recording from olfactory bulb under free moving conditions with a portable optic fibre device. Luminescence : the journal of biological and chemical luminescence. 2020. 35. 8. 1248-1253
  • Kazuko Hamada, Akari Oota, Ryoga Ito, Shigeru Kasahara, Kanako Nakajima, Yoshihiro Kikuchi, Kenneth Sutherland, Masayori Ishikawa, Hiroki Shirato, Michitaka Ozaki, et al. Double recording system of Period1 gene expression rhythm in the olfactory bulb and liver in freely moving mouse. Biochemical and biophysical research communications. 2020. 529. 4. 898-903
  • 尾崎 倫孝. Cellular and molecular mechanisms of liver regeneration: proliferation, growth, death and protection of hepatocytes. Seminars in Cell and Developmental Biology. 2020. 100. 62-73
もっと見る
MISC (80件):
書籍 (1件):
  • 「移植のための臓器摘出と保存」
    シュプリンガー・ジャパン 2012
講演・口頭発表等 (158件):
  • 「光プローブをもちいた肝の酸化ストレスと傷害(プログラム細胞死)の観察と評価」 シンポジウム1 [肝臓を視る、知る、創る]
    (第28回肝細胞研究会(ハイブリッド開催 淡路夢舞台・Zoom) 2021)
  • 「肝虚血再灌流傷害進展における Poly(ADP-ribose)polymerase(PARP)依存性細胞死の解析」
    (第27回肝細胞研究会(デジタル開催))
  • 「時計遺伝子発現定量解析を用いた糖尿病発症機構解明」
    (第64回日本薬学会 関東支部大会(デジタル開催) 2020)
  • 「生体リズムが乱れる過程をリアルタイムに解析するシステムの構築 ~病態モデルマウスを用いての検討~」
    (第64回日本薬学会 関東支部大会(デジタル開催) 2020)
  • 「肝臓疾患モデルについて」 研究セミナー
    (FBRA研究会 玄米酵素(株)本社4階会議室 2020)
もっと見る
Works (32件):
  • 「肝再生・障害におけるJak/STAT3およびPI3K/PDK1/Aktの意義と機能解析」
    2005 -
  • 種々の原因による肝障害・肝再生のシグナル解析とその臨床応用への可能性
    2005 -
  • 「肝臓の虚血再還流障害、肝再生の病態・生理」 岡山大学・大学院特別講義
    2005 -
  • 教育講演「肝虚血・再潅流障害と再生の分子機構」
    2005 -
  • 急性肝不全の病態解明とSTAT3をターゲットとした治療の展望
    2005 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1984 - 1988 岡山大学大学院博士課程
  • 1978 - 1984 岡山大学 医学科
  • 1975 - 1978 岡山県立岡山操山高等学校
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (16件):
  • 2016 - 北海道大学大学院 保健科学研究院 生体応答制御医学分野 教授(兼任)
  • 2013 - 北海道大学大学院 保健科学研究院 健康イノベーションセンター 生体分子・機能イメージング部門 教授(兼任)
  • 2007 - 2012 北海道大学 医学部大学院医学研究科 分子制御外科学講座 特任教授
  • 2012 - 北海道大学大学院 保健科学研究院 教授
  • 2004 - 2007 北海道大学 医学部大学院医学研究科 置換外科・再生医学講座 助教授
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2018/05 - 現在 日本がん分子標的治療学会 評議員
  • 2018/04 - 現在 (一社)日本臓器保存生物医学会 臓器保存機能再生プロジェクト小委員会委員
  • 2018/04 - 現在 (一社)日本臓器保存生物医学会 会則委員会委員長
  • 2015/11 - 現在 日本臓器保存生物医学会 理事
  • 2015/11 - 現在 日本臓器保存生物医学会 評議員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2018/09 - IBD and Liver: East Meets West Posters of Distinction. Relevance of FXR-p62/SQSTM1 pathway for survival and protection of mouse hepatocytes and liver with steatosis.
  • 2015/05 - 北海道大学大学院保健科学研究院 第7回北海道大学大学院保健科学研究院長賞
  • 2005 - ILTS 2005 Travel Award International Liver Transplantation Society.
  • 2002 - ACT 2002 International Investigator Award (Dr. Lei Guo as awardee) American Congress of Transplantation
  • 2001 - AST 2001 International Investigator Award American Society of Transplantation
全件表示
所属学会 (14件):
米国遺伝子治療学会 ,  日本透析療法学会 ,  日本肝臓学会 ,  会員:日本外科学会 ,  評議員:日本移植学会 ,  日本再生医療学会 ,  企画委員:細胞情報伝達系北海道研究会 ,  米国移植学会 ,  日本生化学会 ,  国際移植学会 ,  米国移植学会:Awards委員会 ,  日本臓器保存生物医学会 ,  日本遺伝子治療学会 ,  American Transplant Society) 2005-2007年度
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る