研究者
J-GLOBAL ID:200901073642843171   更新日: 2020年09月01日

五十部 誠一郎

イソベ セイイチロウ | Isobe Seiichirou
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 食品科学
研究キーワード (1件): 高付加価値技術
論文 (17件):
MISC (7件):
  • 五十部誠一郎. 低価格魚介藻類からの高機能食品の開発. 食品と容器. 2017. 58. 3. 184-188
  • 五十部誠一郎, 岡留博, 楠本憲一, 徳安健, 石川豊. バイオマテリアル生産〔1〕-食品廃棄物を利用した生分解性素材および高付加価値素材の開発-. 農業および園芸. 2014. 89. 4. 474-482
  • 五十部誠一郎. 食品の安全管理に対する食品加工用機械の役割と課題. 日本機械学会 産業・化学機械と安全部門. 2014. 29. 4-4
  • 五十部誠一郎. 食品副産物のバイオマテリアルとしての利用. 粉体技術. 2013. 5. 6. 541-546
  • 岡留博司, 五十部誠一郎. 多水分系食品廃棄物を活用した環境に優しい生分解性素材等の開発. 農業機械分野におけるバイオマス研究最前線会. 2011. 146-150
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (4件):
  • 高付加価値化・生産性向上のための最先端食品加工技術
    S&T出版 2017 ISBN:9784907002671
  • 食と微生物の事典
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254431216
  • 食品加工貯蔵学
    東京化学同人 2016
  • 通電加熱による水産食品の加熱と殺菌
    恒星社厚生閣 2013
講演・口頭発表等 (39件):
  • 台湾と日本における茶の流通時の品質保証と高付加価値化の現状と課題
    (日本食品科学工学会第66回大会 2019)
  • 売れる商品を開発するためのシーズ活用などの高付加価値化の取り組み(2) -エクストルージョンクッキングによる健康志向等の高付加価値製品の開発可能性-
    (2019年国際食品機械工業展アカデミックプラザ 2019)
  • 高付加価値化のための食品加工技術
    (ロングライフ&チルド食品研究会 2019)
  • 先端技術シーズによる調理食品の高付加価値化
    (日本食品工学会第19回大会 2018)
  • 売れる商品を開発するためのシーズ活用などの高付加価値化の取り組み-骨まで食べられ、EPA・DHAリッチな嗜好性が高い魚介製品の開発事例-
    (2018年国際食品機械工業展アカデミックプラザ 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 北海道大学 農業研究科農業工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(農学) (北海道大学)
委員歴 (5件):
  • 2012/04/01 - 農業施設学会 監事
  • 2010/04/01 - 日本食品工学会 理事
  • 2008/04/01 - 日本機能水学会 理事
  • 2008/04/01 - 日本食品科学工学会 総務委員
  • 2004/04/01 - 日本防菌防黴学会 評議員
所属学会 (7件):
日本食品科学工学会 ,  農業施設学会 ,  日本化学工学会 ,  日本食品工学会 ,  日本防菌防黴学会 ,  日本機能水学会 ,  日本フードサービス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る