研究者
J-GLOBAL ID:200901073711648394   更新日: 2020年09月01日

井口 正人

イグチ マサト | Iguchi Masato
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 固体地球科学
研究キーワード (2件): 火山 ,  Volcano Geophysics
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 火山体の構造探査
  • 噴火機構の比較研究
  • 火山性地震の発生機構
  • Structure of Volcano
  • Comparative study on eruption mechanism
全件表示
論文 (325件):
  • Kyoka Ishii, Akihiko Yokoo, Masato Iguchi, Eisuke Fujita. Utilizing the solution of sound diffraction by a thin screen to evaluate infrasound waves attenuated around volcano topography. Journal of Volcanology and Geothermal Research. 2020. 106983-106983
  • Joshua R. Brown, Rex N. Taylor, Masato Iguchi. Using high-resolution Pb isotopes to unravel the petrogenesis of Sakurajima volcano, Japan. Bulletin of Volcanology. 2020. 82. 5
  • Reo Kimura, Hiroe Miyake, Keiko Tamura, Naoyuki Kato, Yuichi Morita, Masato Iguchi, Yuichiro Tanioka, Kazuki Koketsu, Yoshihiko Kuroda, Hiromitsu Oshima, et al. Research for Contributing to the Field of Disaster Science: A Review. Journal of Disaster Research. 2020. 15. 2. 152-164
  • Masato Iguchi, Haruhisa Nakamichi, Takeshi Tameguri. Integrated Study on Forecasting Volcanic Hazards of Sakurajima Volcano, Japan. Journal of Disaster Research. 2020. 15. 2. 174-186
  • Magfira Syarifuddin, Ratih Indri Hapsari, Djoko Legono, Satoru Oishi, Hanggar Ganara Mawanda, Nurnaning Aisyah, Makoto Shimomura, Haruhisa Nakamichi, Masato Iguchi. Monitoring the rainfall intensity at two active volcanoes in Indonesia and Japan by small-compact X-band radars. IOP Conference Series: Earth and Environmental Science. 2020. 437. 1
もっと見る
MISC (259件):
  • 棚田 嘉博, 井口 正人, 筒井 智樹. 地中多重符号化ソナーのための有限長系列の構成 (回路とシステム). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2020. 119. 423. 125-130
  • Kasbani, Hendra Gunawan, Wendy McCausland, John Pallister, Masato Iguchi, Setsuya Nakada. The eruptions of Sinabung and Kelud volcanoes, Indonesia. JOURNAL OF VOLCANOLOGY AND GEOTHERMAL RESEARCH. 2019. 382. 1-5
  • 風間卓仁, 山本圭吾, 大島弘光, 岡田和見, 大柳諒, 園田忠臣, 井口正人. 桜島火山における相対重力の繰り返し測定および連続観測(2018年度). 平成30年度防災研究所研究発表講演会. 2019. A35
  • 仲井一穂, 井口正人, 大倉敬宏. GNSSデータによる姶良カルデラ周辺の広域上下変動. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2019. 2019. ROMBUNNO.SVC38-P36 (WEB ONLY)
  • 内田雅喜, 大倉敬宏, 澁谷拓郎, 安部祐希, 小松信太朗, 山崎健一, 山下裕亮, 吉川慎, 井口正人, 為栗健, et al. レシーバ関数解析を用いた九州南部下のフィリピン海スラブの構造の推定. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2019. 2019. ROMBUNNO.SSS12-P12 (WEB ONLY)
もっと見る
特許 (1件):
  • 粒子の空間拡散情報を用いた伝播特性推定に基づく切り替えシステム
書籍 (12件):
  • Volcanic hazards, risks, and disasters
    Elsevier 2014
  • Volcanic Earthquakes and Tremors in Japan
    Kyoto University Press 2011
  • 自然災害と防災の事典
    丸善出版 2011
  • 火山爆発に迫る
    東京大学学術出版会 2009
  • 火山の事典(第2版)
    朝倉書店 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (303件):
  • Statistical Analysis of the Transport and Deposition Patterns of Volcanic Emissions from the Sakurajima Volcano
    (平成29年度 京都大学防災研究所 研究発表講演会 2018)
  • アンケートによる火山防災協議会に参画する火山専門家の活動状況調査
    (平成29年度 京都大学防災研究所 研究発表講演会 2018)
  • 南九州の火山における小型X バンド偏波レーダーの展開と噴火観測事例と地震動との比較
    (平成29年度 京都大学防災研究所 研究発表講演会 2018)
  • 桜島火山における降下火山灰粒子の粒径分布の検討
    (平成29年度 京都大学防災研究所 研究発表講演会 2018)
  • 南海トラフ巨大地震の予測高度化を目指したフィリピン海スラブ周辺域の構造研究
    (平成29年度 京都大学防災研究所 研究発表講演会 2018)
もっと見る
Works (12件):
  • 諏訪之瀬島火山の噴火機構
    2003 - 2006
  • Eruption mechanisms at Suwanosejima volcano
    2003 - 2006
  • 南西諸島の活火山における活動度評価のための基礎研究
    2005 -
  • 高精度傾斜計・伸縮計記録を用いた桜島火山の噴火予測の研究
    2005 -
  • 火山性地震・微動のデータベース作成
    2002 - 2003
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1981 京都大学 地球物理学
  • - 1981 京都大学 地球物理学専攻
  • - 1981 京都大学
  • - 1981 京都大学
学位 (1件):
  • 理学博士 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2012/04 - 現在 京都大学 防災研究所 教授
  • 1995/11 - 2012/03 京都大学 防災研究所 助教授
  • 1981/06 - 1995/10 京都大学 防災研究所 助手
  • 1981 - 1995 Kyoto University, Research Associate
  • 1995 - - Kyoto University, Associate Professor
委員歴 (1件):
  • 1994 - 1995 日本火山学会 編集委員,庶務委員,評議員,編集委員長,理事
受賞 (1件):
  • 2003 - 日本火山学会論文賞
所属学会 (7件):
Internal fiond Association of Volcanology and Chemistry of Earth Interior ,  日本火山学会 ,  (American Geophysical Union) ,  東京地学協会 ,  地震学会 ,  International Association of Volcanology and Chemistry of Earth Interior ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る