研究者
J-GLOBAL ID:200901073728655327   更新日: 2021年04月09日

鈴木 周五

スズキ シュウゴ | Suzuki Shugo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.med.osaka-cu.ac.jp/pathology/
研究分野 (3件): 腫瘍生物学 ,  人体病理学 ,  実験病理学
研究キーワード (4件): 前立腺 ,  膀胱 ,  発がん ,  病理学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2023 芳香族アミン代謝に着目した膀胱発がん評価法の開発
  • 2020 - 2023 化審法における監視化学物質・優先評価化学物質の長期毒性評価スキームの創出に関する研究
  • 2017 - 2020 化学物質の有害性評価の迅速化・高度化・標準化に関する研究
  • 2015 - 2018 前立腺癌進展および去勢抵抗性に対するHMGB2の役割解明
  • 2014 - 2017 細胞間コミュニケーションを介したNASH進展制御に関わる分子基盤
全件表示
論文 (35件):
  • Mori T, Tanaka H, Suzuki S, Deguchi S, Yamakoshi Y, Yoshii M, Miki Y, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, et al. Tertiary lymphoid structures show infiltration of effective tumor-resident T cells in gastric cancer. Cancer science. 2021
  • Kakehashi A, Chariyakornkul A, Suzuki S, Khuanphram N, Tatsumi K, Yamano S, Fujioka M, Gi M, Wongpoomchai R, Wanibuchi H. Cache Domain Containing 1 Is a Novel Marker of Non-Alcoholic Steatohepatitis-Associated Hepatocarcinogenesis. Cancers. 2021. 13. 6
  • Kato H, Naiki-Ito A, Suzuki S, Inaguma S, Komura M, Nakao K, Naiki T, Kachi K, Kato A, Matsuo Y, et al. DPYD, down-regulated by the potentially chemopreventive agent luteolin, interacts with STAT3 in pancreatic cancer. Carcinogenesis. 2021
  • Suzuki S, Cohen SM, Arnold LL, Pennington KL, Gi M, Kato H, Naiki T, Naiki-Ito A, Wanibuchi H, Takahashi S. Cell proliferation of rat bladder urothelium induced by nicotine is suppressed by the NADPH oxidase inhibitor, apocynin. Toxicology letters. 2021. 336. 32-38
  • Kakehashi A, Suzuki S, Ishii N, Okuno T, Kuwae Y, Fujioka M, Gi M, Stefanov V, Wanibuchi H. Accumulation of 8-hydroxydeoxyguanosine, L-arginine and Glucose Metabolites by Liver Tumor Cells Are the Important Characteristic Features of Metabolic Syndrome and Non-Alcoholic Steatohepatitis-Associated Hepatocarcinogenesis. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 20
もっと見る
MISC (131件):
書籍 (1件):
  • Urinary Tract Calculi and Bladder Tumors
    Cancer Risk Assessment: Chemical Carcinogenesis, Hazard Evaluation, and Risk Quantification 2010
講演・口頭発表等 (49件):
  • NADPH oxidase阻害剤apocyninによるニコチン誘発ラット膀胱増殖性病変抑制効果
    (第37回日本毒性病理学会総会及び学術集会 2021)
  • ラット膀胱尿路上皮のニコチンによる増殖はNADPH oxidase阻害剤apocyninにより抑制される
    (第79回日本癌学会学術総会 2020)
  • NADPH oxidase阻害剤apocyninによるニコチン誘発ラット膀胱増殖性病変抑制効果
    (第109回日本病理学会総会 2020)
  • ラットにおけるacetoaceto-o-toluidideの膀胱発がん促進作用
    (The Journal of Toxicological Sciences 2020)
  • NADPH oxidase阻害剤apocyninによるニコチン誘発ラット膀胱増殖性病変抑制効果
    (日本病理学会会誌 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1999 - 2003 名古屋市立大学 病理系専攻
  • 1999 - 2003 名古屋市立大学 病理系専攻
  • 1993 - 1999 名古屋市立大学 医学科
学位 (2件):
  • 博士(医学) (名古屋市立大学)
  • 学士(医学) (名古屋市立大学)
経歴 (8件):
  • 2019/04/01 - 現在 大阪市立大学 医学研究科 基礎医科学専攻 准教授
  • 2019/04/01 - 現在 大阪市立大学 医学研究科 基礎医科学専攻 准教授
  • 2017/10/01 - 2019/03/31 名古屋市立大学大学院医学研究科 実験病態病理学 講師
  • 2012 - 2017 名古屋市立東部医療センター 病理診断科 部長
  • 2009 - 2012 名古屋市立東部医療センター 病理診断科 副部長
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/04/01 - 現在 日本毒性病理学会・教育委員会 委員
  • 2019/04/01 - 現在 日本病理学会・Pathology International刊行委員会 委員
受賞 (3件):
  • 2018/12/02 - 平成30年度名古屋市立大学医学会奨励賞
  • 2011/01/28 - 第27回日本毒性病理学会総会及び学術集会 年会長賞 優秀賞
  • 2005/09/09 - 第16回前立腺がんワークショップ医学賞受賞
所属学会 (8件):
日本毒性学会 ,  日本がん予防学会 ,  トキシコロジー学会(Society of Toxicology) ,  アメリカ毒性学会 ,  日本臨床細胞学会 ,  日本癌学会 ,  日本毒性病理学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る