研究者
J-GLOBAL ID:200901073848112432   更新日: 2013年08月22日

相沢 直樹

アイザワ ナオキ | Aizawa Naoki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~aizawa/
研究分野 (3件): 文学一般 ,  中国文学 ,  ヨーロッパ文学
研究キーワード (5件): わが国におけるロシア文学受容 ,  19世紀ロシアにおける西欧文化受容 ,  ツルゲーネフの作品世界 ,  Reception of West European Culture in 19th century Russia ,  Turgenev's Fiction
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 『その前夜』研究
  • ツルゲーネフ初期・中期の中・短篇小説
  • ロシア文化におけるドイツ・ロマン主義受容
  • Reception of German Romanticism in Russian Culture
論文 (2件):
  • 相沢 直樹. 小説と舞台のあいだ -- 楠山正雄の『その前夜』脚本をめぐって --. 山形大学大学院社会文化システム研究科紀要. 2011. 8. 15-39
  • 相沢 直樹. 死と再生のバルカローラ -- 黒澤明の映画『生きる』における『ゴンドラの唄』をめぐる断章. 山形大学大学院社会文化システム研究科紀要. 2008. 5. 15-36
MISC (18件):
  • 相沢直樹. 『ゴンドラの唄』考. 山形大学紀要(人文科学). 2008. 16. 3. 1-31
  • 相沢直樹. 失われた明日のドラマ - 島村抱月の芸術座による『その前夜』劇上演(1915)の研究 -. 山形大学人文学部研究年報. 2007. 4. 33-52
  • 相沢直樹. スキアヴォーニに死す - 『その前夜』におけるヴェネツィアの場面をめぐる考察 -. 山形大学紀要(人文科学). 2003. 第15巻 第2号 87-105頁 (234-217)
  • Death in Schiavoni -An essay on the scene of Venice in Turgenev's "On the Eve"-. Bulletin of Yamagata University (Humanities). 2003. Vol.15 No.2 87-105 (234-217)
  • 相沢直樹. 時の息子たち - プーシキンの『人生の荷馬車』とゲーテの『馭者クロノスに』に寄せて -. 世界文学. 1999. 90,133-138
もっと見る
書籍 (2件):
  • 甦る『ゴンドラの唄』 -- 「いのち短し、恋せよ、少女」の誕生と変容
    新曜社 2012
  • ロシア文化の森へ - 比較文化の総合研究 (第二集)
    ナダ出版センター 2006 ISBN:9784931522121
学歴 (4件):
  • - 1989 東京大学 露文学
  • - 1989 東京大学
  • - 1984 東京大学 露語露文学
  • - 1984 東京大学
学位 (1件):
  • 文学修士 (東京大学)
経歴 (1件):
  • 東京大学助手文学部,山形大学講師教養部,
委員歴 (2件):
  • 2003 - 2007 日本ロシア文学会 理事
  • 2003 - 2004 The Japan Society of Russian Language and Literature Trustee
所属学会 (5件):
日本比較文学会 ,  世界文学会 ,  日本ロシア文学会 ,  Society of World Literature ,  The Japan Society of Russian Language and Literature
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る