研究者
J-GLOBAL ID:200901073908826847   更新日: 2022年02月09日

本山 智敬

モトヤマ トモノリ | Motoyama Tomonori
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 臨床心理学
研究キーワード (3件): 学生相談 ,  エンカウンター・グループ ,  パーソンセンタード・アプローチ
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2013 - 2016 セルフデザイン・リーダーシップ:個人の強みを活かすリーダー研修プログラムの開発
  • 2011 - 2014 フォーカシングとグループ・アプローチを活用した対人援助職支援の研究
論文 (30件):
  • 本山智敬, 村山正治. 学校現場におけるPCAグループの継続的かつ全学的な取り組み -そのための条件と基本的視点-. 東亜臨床心理学研究. 2022. 21
  • 板東充彦, 田中勝則, 金子周平, 髙松真理, 下田節夫, 本山智敬, 野島一彦. シェアド・リーダーシップ概念による“権力”の検討. 跡見学園女子大学心理学部紀要. 2022
  • Tomonori Motoyama. Creating Equality Through Dialogue in a Narrative-BasedHelping Relationship. Japanese Psychological Research. 2022
  • 板東 充彦, 本山 智敬, 松元 知美, 早瀬 由紀, 森 昭子, 金子 周平, 田中 勝則, 髙松 真理. 事例検討会における「コアメンバー」の体験と機能 -“ナラティブ・グループ”における議論を通して-. 跡見学園女子大学心理学部紀要. 2021. 3. 55-70
  • 本山 智敬. エンカウンター・グループの今後の展開に向けて. 人間性心理学研究. 2020. 38. 1. 15-22
もっと見る
書籍 (15件):
  • Senses of Focusing
    Eurasia Publications 2021
  • エンカウンター・グループの新展開:自己理解を深め他者とつながるパーソンセンタード・アプローチ
    木立の文庫 2020
  • 対話で深めるプライマリ・ケア
    南山堂 2019
  • 私とパーソンセンタード・アプローチ
    新曜社 2019
  • 心理臨床の広場 21
    一般社団法人日本心理臨床学会 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • エンカウンター・グループの幹事体験に関する一考察
    (日本心理臨床学会第40回大会 2021)
  • シェアド・リーダーシップ概念による”権力”の検討 -事例検討会及びエンカウンター・グループの実践より-
    (日本心理臨床学会第40回大会 2021)
  • 臨床家としてのPersonal Developmentを考える
    (日本人間性心理学会第39回大会 2020)
  • 「海外研究生活」の意味は「語り」によりどう生成されるのか:モノローグと2種類のダイアローグの比較
    (日本人間性心理学会第39回大会 2020)
  • 教員のファシリテーションを支える-高等学校での構成的グループ・エンカウンターの実践-
    (日本人間性心理学会第38回大会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2003 九州大学大学院
  • 2000 - 2003 九州大学大学院
  • 1998 - 2000 九州大学大学院
  • 1994 - 1998 九州大学
学位 (1件):
  • 人間環境学修士 (九州大学大学院)
受賞 (1件):
  • 2018 - 日本人間性心理学会 日本人間性心理学会学会賞(人間関係研究会として)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る