研究者
J-GLOBAL ID:200901074108794510   更新日: 2020年09月09日

高須賀 明典

タカスカ アキノリ | Takasuka Akinori
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://katsuo.fs.a.u-tokyo.ac.jp/http://katsuo.fs.a.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 (2件): 水圏生産科学 ,  水圏生産科学
研究キーワード (8件): 資源変動 ,  水産資源学 ,  水産海洋学 ,  海洋生態学 ,  気候変動 ,  小型浮魚類 ,  産卵生態 ,  初期生態
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2022 小型浮魚類の卵生産における密度効果の解明による新しい資源管理・加入研究の基盤構築
  • 2014 - 2019 太平洋を越えて黒潮-フンボルト海流域間で同期する魚種交替の生物学的メカニズム
  • 2014 - 2017 マイワシも大潮に産卵する? 小型浮魚類の月齢周期産卵の実証と資源調査への応用
  • 2012 - 2016 複合生態系管理のための浅海域資源の栄養フロー解析および各生態系の貢献度評価
  • 2010 - 2014 産卵場解析による魚種交替生物過程の解明と海洋生態系間比較
全件表示
論文 (52件):
  • Kanamori, Y, Takasuka, A, Nishijima, S, Okamura, H. Climate change shifts the spawning ground northward and extends the spawning period of chub mackerel in the western North Pacific. Marine Ecology Progress Series. 2019. 624. 155-166
  • Takasuka, A, Yoneda, M, Oozeki, Y. Disentangling density-dependent effects on egg production and survival from egg to recruitment in fish. Fish and Fisheries. 2019. 20. 870-887
  • Sassa, C, Takasuka, A. Distribution of Symbolophorus californiensis (Teleostei: Myctophidae) in the Kuroshio region during late winter: Evidence of a southward spawning migration. Deep Sea Research Part I. 2019. 150. 103053
  • Plaza, G, Campana, S. E, Cerna, F, Takasuka, A, Rodríguez-Valentino, C, Contreras, J. E, Moyano, G, Hernández, A, Gómez, M. Revisiting daily age determination in juvenile anchoveta Engraulis ringens. Marine and Freshwater Research. 2019. 70. 1143-1149
  • Takasuka, A, Nyuji, M, Kuroda, H, Oozeki, Y. Variability of swept area by sea-surface tows of a neuston net: Balance of resistance, clogging, and over-inflow effects. Fisheries Research. 2019. 210. 175-180
もっと見る
MISC (27件):
  • 高須賀明典, 米田道夫, 大関芳沖. 小型浮魚類の産卵時に起こる種内・種間密度効果現象. 日本水産学会大会講演要旨集. 2018. 2018. 27
  • 伊藤進一, 小松幸生, 北島聡, 高須賀明典, 吉江直樹, 奥西武, 高橋素光, 長谷川徹, 瀬藤聡, 米田道夫. 数値実験による東シナ海カタクチイワシの温暖化影響評価. 日本海洋学会大会講演要旨集. 2016. 2016. 257
  • 高須賀明典. 気候変動と魚種交替をつなぐ生物学的メカニズム. JATAFFジャーナル. 2016. 4. 4. 6-11
  • 伊藤進一, 亀田卓彦, 奥西武, 高須賀明典, 小松幸生, 吉江直樹, 渡邉一功, 郭新宇, 大野創介, 和川拓, et al. 気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のためのプロジェクト-水産分野における温暖化緩和技術の開発-地球温暖化が水産分野に与える影響評価と適応技術の開発-第2編 地球温暖化が水産分野に与える影響評価と適応技術の開発 第2章 沖合域を回遊する漁業資源への影響評価と適応技術の開発 1 海洋生態系モデルを用いた餌料環境と浮魚類の温暖化影響評価モデルの開発. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2016. 559. 80-86
  • 奥西武, 伊藤進一, 瀬藤聡, 高須賀明典. 地球温暖化に伴う小型浮魚類の産卵場変化. 日本海洋学会大会講演要旨集. 2016. 2016. 326
もっと見る
書籍 (9件):
  • Fish Population Dynamics, Monitoring, and Management: Sustainable Fisheries in the Eternal Ocean
    Springer 2018
  • Toward sustainable fisheries in the eternal ocean. In: Aoki, I., Yamakawa, T., and Takasuka, A. (eds.) Fish Population Dynamics, Monitoring, and Management: Sustainable Fisheries in the Eternal Ocean
    Springer 2018
  • Biological mechanisms underlying climate impacts on population dynamics of small pelagic fish. In: Aoki, I., Yamakawa, T., and Takasuka, A. (eds.) Fish Population Dynamics, Monitoring, and Management: Sustainable Fisheries in the Eternal Ocean
    Springer 2018
  • Part I: Description. In: Aoki, I., Yamakawa, T., and Takasuka, A. (eds.) Fish Population Dynamics, Monitoring, and Management: Sustainable Fisheries in the Eternal Ocean
    Springer 2018
  • Introduction. In: Aoki, I., Yamakawa, T., and Takasuka, A. (eds.) Fish Population Dynamics, Monitoring, and Management: Sustainable Fisheries in the Eternal Ocean
    Springer 2018
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2003 東京大学大学院 水圏生物科学専攻 (博士課程)
  • 1998 - 2000 東京大学大学院 水圏生物科学専攻 (修士課程)
  • 1996 - 1998 東京大学 水圏環境科学専修
  • 1994 - 1996 東京大学 理科II類
学位 (1件):
  • 博士 (農学) (東京大学)
経歴 (10件):
  • 2019/04 - 現在 東京大学 教授
  • 2017/04 - 2019/03 国立大学法人東京海洋大学大学院 客員教授
  • 2016/04 - 2019/03 国立研究開発法人水産研究・教育機構 グループ長 (資源生態グループ)
  • 2011/04 - 2017/03 国立大学法人東京海洋大学大学院 客員准教授
  • 2015/04 - 2016/03 国立研究開発法人水産総合研究センター グループ長 (資源生態グループ)
全件表示
委員歴 (38件):
  • 2020/01 - 現在 ICES/PICES Chair, Working Group on Small Pelagic Fish
  • 2020/01 - 現在 欧州海洋開発機構 (ICES)・北太平洋海洋科学機構 (PICES) 小型浮魚類ワーキンググループ議長
  • 2019/03 - 現在 The Japanese Society of Fisheries Oceanography Business Committee Chairperson
  • 2019/03 - 現在 一般社団法人水産海洋学会 事業委員長
  • 2019/03 - 現在 The Japanese Society of Fisheries Oceanography International Journal Committee Member
全件表示
受賞 (15件):
  • 2019/03 - 一般社団法人水産海洋学会 第21回 (2019年度) 論文賞 Nakayama et al. (2018) Climate change and interspecific interactions drive species alternations between anchovy and sardine in the western North Pacific: Detection of causality by convergent cross mapping. Fisheries Oceanography, 27: 312-322
  • 2019/03 - 一般社団法人水産海洋学会 第24回 (2019年度) 宇田賞 小型浮魚類の魚種交替を中心とする資源変動機構に関する研究
  • 2015/11 - 農林水産省農林水産技術会議 平成27年度 (第11回) 若手農林水産研究者表彰 気候変動と魚種交替をつなぐ生物学的メカニズムに関する研究
  • 2015/03 - 公益社団法人日本水産学会 平成26年度日本水産学会論文賞 Nishiyama et al. (2014) Revisiting morphological identification of Japanese jack mackerel Trachurus japonicus eggs preserved in formalin. Fisheries Science, 80: 517-529
  • 2013/03 - 水産海洋学会 第15回 (2012年度) 水産海洋学会論文賞 Okunishi et al. (2012) A modeling approach to evaluate growth and movement for recruitment success of Japanese sardine (Sardinops melanostictus) in the western Pacific. Fisheries Oceanography, 21: 44-57
全件表示
所属学会 (3件):
アメリカ水産学会初期生態学セクション ,  日本水産学会 ,  水産海洋学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る