研究者
J-GLOBAL ID:200901074177684351   更新日: 2022年06月29日

斎藤 進

サイトウ ススム | Saito Susumu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://noy.chem.nagoya-u.ac.jp/S_Saito_E/Saito.html
研究分野 (1件): 有機合成化学
研究キーワード (8件): CO2 ,  Hydrogenation ,  Hydrogen Transfer ,  Hydrogen Bonds ,  Water ,  Molecular Catalysis ,  Synthetic Chemistry ,  Organic Chemistry
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2019 - 2023 カルボン酸水素化の基礎学理に基づく発展型分子触媒の開発とその応用展開
  • 2018 - 2021 ATPの三リン酸脱水的作用の触媒化と非天然ペプチド合成への応用
  • 2018 - 2020 精密水素移動場を用いるワンポット連続反応の制御に基づく非天然ペプチド骨格の多様化
  • 2016 - 2019 半導体光触媒を用いるCO2と有機化合物との炭素ー炭素結合形成反応の開発
  • 2016 - 2018 「精密水素移動場」を用いる修飾アミノ酸類の触媒的高効率脱水変換
全件表示
論文 (111件):
  • Kenji Kamada, Hiroko Okuwa, Taku Wakabayashi, Keita Sekizawa, Shunsuke Sato, Takeshi Morikawa, Jieun Jung, Susumu SAITO. A Highly Durable, Self-Photosensitized Mononuclear Ruthenium Catalyst for CO2 Reduction. Synlett. 2021
  • Shota Yoshioka, Ke Wen, Susumu Saito. Development of Effective Bidentate Diphosphine Ligands of Ruthenium Catalysts toward Practical Hydrogenation of Carboxylic Acids. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2021
  • Yuki Wada, Toshiki Akiyama, Kazuo Harada, Tetsuo Honma, Hiroshi Naka, Susumu Saito, Mitsuiro Arisawa. Preparation of a platinum nanoparticle catalyst located near photocatalyst titanium oxide and its catalytic activity to convert benzyl alcohols to the corresponding ethers. RSC Advances. 2021. 11. 36. 22230-22237
  • Susumu Saito, Farzaneh Soleymani Movahed, Dinesh N. Sawant, Dattatraya B. Bagal. Tris(o-phenylenedioxy)cyclotriphosphazene as a Promoter for the Formation of Amide Bonds Between Aromatic Acids and Amines. Synthesis. 2020. 52. 21. 3253-3262
  • Shota Yoshioka, Sota Nimura, Masayuki Naruto, Susumu Saito. Reaction of H2 with mitochondria-relevant metabolites using a multifunctional molecular catalyst. Science Advances. 2020. 6. 43. eabc0274-eabc0274
もっと見る
MISC (98件):
特許 (21件):
  • カルボン酸化合物の水素化によるアルコールの製造方法、 及び該製造方法に用いるルテニウム錯体
  • 配位子,その配位子を含む金属錯体,及びその金属錯体を 用いた反応
  • カルボン酸化合物の水素化によるアルコールの製造方法,及び該製造方法に用いるルテニウム錯体
  • カルボン酸化合物及びエステル化合物の水素化によるアルコールの製造方法
  • 3級アミン又は3級アミン誘導体の製造方法
もっと見る
書籍 (40件):
  • 十字路:Krebs(クレブス)回路
    有機合成化学協会 2020
  • 十字路:光誘起電子移動
    有機合成化学協会 2020
  • 高機能性金属錯体が拓く触媒科学 : 革新的分子変換反応の創出をめざして
    化学同人 2020 ISBN:9784759813975
  • 光エネルギーを化学エネルギーとして蓄える精密有機合成を目指して:水素マネージメント
    複合系光機能研究会ニュースレター9号 2019
  • 社会の役に立つとは
    理philosphia(フィロソフィア)・名古屋大学理学部 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (125件):
  • 分子触媒を用いるカルボン酸の水素化
    (第127回触媒討論会特別シンポジウム(触媒学会) 2021)
  • 水素を使ったカルボン酸還元技術
    (産学連携クリーンテック,名古屋商工会議所(名商ecoクラブ) 2021)
  • 水素マネージメントと再生可能な炭素資源開拓
    (GTRシリーズ講義第5回2020 2020)
  • TiO2-based photocatalysis for selective organic synthesis and fine chemicals
    (3rd International Solar Fuels Conference/International Conference on Artificial Photosynthesis-2019 2019)
  • Catalytic hydrogen management: Dehydrogenative photocatalysis follows hydrogenation of carboxylic acid derivatives
    (School of Chemical Engineering, Nanjing Tech University, NJTech Chemistry Seminar 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1993 - 1995 名古屋大学 応用化学および合成化学専攻 博士課程後期課程 退学
  • 1991 - 1993 名古屋大学 応用化学及び合成化学専攻 博士課程前期課程
  • 1987 - 1991 名古屋大学 応用化学科
学位 (5件):
  • 学士(工学) (名古屋大学)
  • 修士(工学) (名古屋大学)
  • 博士(工学) (名古屋大学)
  • Master of Engineering (Nagoya University)
  • Doctor of Engineering (Nagoya University)
経歴 (6件):
  • 2019/04/01 - 現在 名古屋大学 物質科学国際研究センター 教授
  • 2015/03/16 - 2019/03/31 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 有機・生物化学 教授
  • 2002/10 - 2015/02 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 准教授
  • 2002/10 - 2015/02 名古屋大学 高等研究院 専任教員 助教授(准教授)
  • 1997/04 - 2002/09 名古屋大学 大学院工学研究科生物機能工学専攻 助手
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2011/02 - 現在 有機合成化学協会 協会誌編集協力委員
  • 2003/04 - 現在 野依フォーラム 世話人
  • 2009/04 - 2011/03 東海化学工業会 表彰審査委員
  • 2009/04 - 2011/03 日本化学会東海支部 代議員
  • 2007/02 - 2009/01 文部科学省 科学技術・学術審議会 専門委員
全件表示
受賞 (9件):
  • 2019/10 - 中華人民共和国 南京理工大学 化学工学科 客員教授
  • 2019/02 - 公益社団法人有機合成化学協会 東ソー・環境エネルギー賞 有機金属錯体を用いる安定カルボン酸誘導体の触媒的水素化法の開拓
  • 2018/04 - 公益財団法人長瀬科学技術振興財団 長瀬研究振興賞 カルボン酸水素化触媒の高機能化と光学活性化合物合成への展開
  • 2017/10 - 群馬大学大学院理工学府学府 非常勤講師
  • 2009/12/02 - International Conference on Curring-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA) Asian Core Program (ACP) Lectureship Award from Taiwan
全件表示
所属学会 (5件):
光化学協会 ,  触媒学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会(American Chemical Society)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る