研究者
J-GLOBAL ID:200901074177684351   更新日: 2020年09月01日

斎藤 進

サイトウ ススム | Saito Susumu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://noy.chem.nagoya-u.ac.jp/S_Saito_E/Saito.html
研究キーワード (8件): CO2 ,  Hydrogenation ,  Hydrogen Transfer ,  Hydrogen Bonds ,  Water ,  Molecular Catalysis ,  Synthetic Chemistry ,  Organic Chemistry
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2012 - 2015 可視光触媒化学に基づく二酸化炭素のゼロエミッション型化学変換法の開拓
  • 2011 - 2013 新触媒活性種創製に基づくアミドの触媒的水素化の開拓
  • 2005 - 2007 有機金属/アミン触媒を用いるエノラート種の高度な選択的生成と炭素小分子との反応
  • 2000 - 2002 ATPHを用いる嵩高いエノラートイオンの調製とその反応性・選択性に関する研究
  • 1996 - 1997 ATPHを用いるα,β-不飽和カルボニル化合物の高選択的不斉1,4- 還元反応の開発
論文 (98件):
  • Lyu-Ming Wang, Yuna Morioka, Kellie Jenkinson, Andrew E. H. Wheatley, Susumu Saito, Hiroshi Naka. N-Alkylation of functionalized amines with alcohols using a copper-gold mixed photocatalytic system. Scientific Reports. 2018. 8. 1
  • Sawant Dinesh N, Bagal Dattatraya B, Ogawa Saeko, Selvam Kaliyamoorthy, Saito Susumu. Diboron-Catalyzed Dehydrative Amidation of Aromatic Carboxylic Acids with Amines. ORGANIC LETTERS. 2018. 20. 15. 4397-4400
  • Yuki Takada, Joaquim Caner, Hiroshi Naka, Susumu Saito. Photocatalytic hydrogenolysis of allylic alcohols for rapid access to platform chemicals and fine chemicals. Pure and Applied Chemistry. 2018. 90. 1. 167-174
  • Yuki Takada, Joaquim Caner, Selvam Kaliyamoorthy, Hiroshi Naka, Susumu Saito. Photocatalytic Transfer Hydrogenolysis of Allylic Alcohols on Pd/TiO2: A Shortcut to (S)-(+)-Lavandulol. CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL. 2017. 23. 71. 18025-18032
  • Masayuki Naruto, Santosh Agrawal, Katsuaki Toda, Susumu Saito. Catalytic transformation of functionalized carboxylic acids using multifunctional rhenium complexes. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7
もっと見る
MISC (98件):
  • Lyu-Ming Wang, Yuna Morioka, Kellie Jenkinson, Andrew E. H. Wheatley, Susumu Saito, Hiroshi Naka. N-Alkylation of functionalized amines with alcohols using a copper-gold mixed photocatalytic system. Scientific Reports. 2018. 8. 1
  • Sawant Dinesh N, Bagal Dattatraya B, Ogawa Saeko, Selvam Kaliyamoorthy, Saito Susumu. Diboron-Catalyzed Dehydrative Amidation of Aromatic Carboxylic Acids with Amines. ORGANIC LETTERS. 2018. 20. 15. 4397-4400
  • Yuki Takada, Joaquim Caner, Hiroshi Naka, Susumu Saito. Photocatalytic hydrogenolysis of allylic alcohols for rapid access to platform chemicals and fine chemicals. Pure and Applied Chemistry. 2018. 90. 1. 167-174
  • Yuki Takada, Joaquim Caner, Selvam Kaliyamoorthy, Hiroshi Naka, Susumu Saito. Photocatalytic Transfer Hydrogenolysis of Allylic Alcohols on Pd/TiO2: A Shortcut to (S)-(+)-Lavandulol. CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL. 2017. 23. 71. 18025-18032
  • Masayuki Naruto, Santosh Agrawal, Katsuaki Toda, Susumu Saito. Catalytic transformation of functionalized carboxylic acids using multifunctional rhenium complexes. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7
もっと見る
特許 (21件):
  • カルボン酸化合物の水素化によるアルコールの製造方法、 及び該製造方法に用いるルテニウム錯体
  • 配位子,その配位子を含む金属錯体,及びその金属錯体を 用いた反応
  • カルボン酸化合物の水素化によるアルコールの製造方法,及び該製造方法に用いるルテニウム錯体
  • カルボン酸化合物及びエステル化合物の水素化によるアルコールの製造方法
  • 3級アミン又は3級アミン誘導体の製造方法
もっと見る
書籍 (35件):
  • 名大トピックス「知の先端」・持続可能社会に貢献できる触媒と化学を探す旅
    名古屋大学 2016
  • 化学工業<特集>戦略的触媒開発と応用・カルボン酸の水素化触媒の原型「ジホスフィン配位ルテニウムカルボキシラート」の発見と応用
    化学工業社 2016
  • 触媒年鑑「触媒技術の動向と展望」・分子触媒表面を用いる不活性カルボン酸類の触媒的水素化の新展開
    触媒学会 2015
  • 月刊ケミカルエンジニアリング・光触媒を用いるバイオマス由来資源からの持続的プロピレン製造
    化学工業社 2014
  • バイオリファイナリーに挑む分子触媒たち
    化学同人 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (62件):
  • 触媒的水素マネージメント:水素を操る化学変換
    (先進触媒開発研究センター第1回シンポジウム 2017)
  • 触媒的水素マネージメント:再生可能資源に豊富な官能基の還元と脱水
    (三井化学(株)研究セミナー 2017)
  • 精密水素移動場を用いるペプチド類の脱水的形成と変換
    (真島新学術領域研究 第2回公開シンポジウム 2017)
  • Metal carboxylylates as prototypical catalysts for self-induced hydrogenation of carboxylic acids
    (Catalysis & Fine Chemicals (C&FC) 2016)
  • 金属カルボキシラートを触媒構造の原型とするカルボン酸の自己誘導型カルボン酸の水素化
    (第63回有機金属化学討論会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1993 名古屋大学 応用化学及び合成化学
  • - 1991 名古屋大学 応用化学科
学位 (3件):
  • 学士(工学) (名古屋大学)
  • 修士(工学) (名古屋大学)
  • 博士(工学) (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04/01 - 現在 名古屋大学 物質科学国際研究センター 教授
  • 2002/10 - 現在 名古屋大学 高等研究院 専任教員 助教授(准教授)
  • 2015/03/16 - 2019/03/31 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 有機・生物化学 教授
  • 2007/04/01 - 2015/03/15 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 准教授
  • 2007/03/31 - 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 助教授
委員歴 (7件):
  • 2011/02 - 現在 有機合成化学協会 協会誌編集協力委員
  • 2003/04 - 現在 野依フォーラム 世話人
  • 2009/04 - 2011/03 東海化学工業会 表彰審査委員
  • 2009/04 - 2011/03 日本化学会東海支部 代議員
  • 2007/02 - 2009/01 文部科学省 科学技術・学術審議会 専門委員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2019/02 - 公益社団法人有機合成化学協会 東ソー・環境エネルギー賞 有機金属錯体を用いる安定カルボン酸誘導体の触媒的水素化法の開拓
  • 2018/04 - 公益財団法人長瀬科学技術振興財団 長瀬研究振興賞 カルボン酸水素化触媒の高機能化と光学活性化合物合成への展開
  • 2017/10 - 群馬大学大学院理工学府学府 非常勤講師
  • 2009/12/02 - International Conference on Curring-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA) Asian Core Program (ACP) Lectureship Award from Taiwan
  • 2009/12/02 - International Conference on Curring-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA) Asian Core Program (ACP) Lectureship Award from China
全件表示
所属学会 (5件):
光化学協会 ,  触媒学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会(American Chemical Society)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る