研究者
J-GLOBAL ID:200901074318930556   更新日: 2021年06月09日

北浦 良

Kitaura Ryo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://nano.chem.nagoya-u.ac.jp/japanese/people/kitaura/kitaura.htm
研究分野 (2件): ナノ構造物理 ,  ナノ構造化学
研究キーワード (4件): 薄膜結晶成長 ,  光・電子物性 ,  低次元ナノ物質 ,  ナノサイエンス
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2020 - 2025 原子層人工ヘテロ構造におけるバレースピン量子光学の開拓と応用
  • 2020 - 2023 二次元超構造の高度構造制御と革新的物性化学への展開
  • 2019 - 2022 原子層における欠陥修復法の開発と応用
  • 2017 - 2022 原子層ヘテロ構造の完全制御成長と超低消費電力・3次元集積デバイスの創出
  • 2016 - 2021 原子層物質におけるバレースピンフォトニクスの創生と応用
全件表示
論文 (136件):
  • Kensuke Saito, Mitsuhiro Okada, Ryo Kitaura, Hideo Kishida, Takeshi Koyama. Femtosecond photoluminescence from monolayer MoS2: Time-domain study on exciton diffusion. PHYSICAL REVIEW B. 2021. 103. 20
  • Anastasios Stergiou, Christina Stangel, Ruben Canton-Vitoria, Ryo Kitaura, Nikos Tagmatarchis. An ion-selective crown ether covalently grafted onto chemically exfoliated MoS2 as a biological fluid sensor. NANOSCALE. 2021
  • Ioanna K. Sideri, Youngwoo Jang, Jose Garces-Garces, Angela Sastre-Santos, Ruben Canton-Vitoria, Ryo Kitaura, Fernando Fernandez-Lazaro, Francis D'Souza, Nikos Tagmatarchis. Unveiling the Photoinduced Electron-Donating Character of MoS2 in Covalently Linked Hybrids Featuring Perylenediimide. ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION. 2021. 60. 16. 9120-9126
  • Takato Hotta, Akihiko Ueda, Shohei Higuchi, Mitsuhiro Okada, Tetsuo Shimizu, Toshitaka Kubo, Keiji Ueno, Takashi Taniguchi, Kenji Watanabe, Ryo Kitaura. Enhanced Exciton-Exciton Collisions in an Ultraflat Monolayer MoSe2 Prepared through Deterministic Flattening. ACS nano. 2020
  • Shunsuke Kitou, Yuto Hosogi, Ryo Kitaura, Toshio Naito, Toshikazu Nakamura, Hiroshi Sawa. Direct Observation of Molecular Orbitals Using Synchrotron X-ray Diffraction. CRYSTALS. 2020. 10. 11. 1-14
もっと見る
MISC (44件):
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (377件):
  • Optical properties of strained WS2/WSe2 van der Waals heterostructures
    (日本物理学会 2021年秋季大会 2021)
  • グラフェン超薄膜を用いた高機能汎用型光学素子の開発 (2)
    (日本天文学会2021年秋季年会 2021)
  • 超構造化による二次元系の電子物性制御
    (日本化学会第101春季年会 2021)
  • ポストドーピングによる遷移金属カルコゲナイド原子層のp/n型制御
    (第68回応用物理学会春季学術講演会 2021)
  • Building of Platforms to Explore Transport Dynamics of Excitons and Trions in Monolayer Transition Metal Dichalcogenides
    (The 60th Fullerene Nanotube Graphene General Symposium 2021)
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2008/08/01 - 現在 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 准教授
  • 2007/04/01 - 2008/07/31 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 助教
  • 2007/03/31 - 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 助手
所属学会 (5件):
日本化学会 ,  応用物理学会 ,  フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 ,  日本物理学会 ,  分子科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る