研究者
J-GLOBAL ID:200901074715370176   更新日: 2020年10月09日

壹岐 伸彦

イキ ノブヒコ | Iki Nobuhiko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 工学部  化学・バイオ工学科   教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/d2273068e28bb31c3e72299713350f51.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/d2273068e28bb31c3e72299713350f51.html
研究分野 (5件): 生体医工学 ,  無機・錯体化学 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  機能物性化学 ,  分析化学
研究キーワード (2件): 錯体化学 ,  分析化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2009 - 現在 多機能性金属錯体の創製と分析化学的応用
  • 1996 - 現在 チアカリックスアレーンの機能開発
  • 1987 - 現在 速度論的識別モード高性能分離計測法の研究
論文 (115件):
  • Ryota Sawamura, Masataka Sato, Atsuko Masuya-Suzuki, Nobuhiko Iki. Photostable near-infrared-absorbing diradical-platinum(ii) complex solubilized by albumin toward a cancer photothermal therapy agent. RSC Advances. 2020. 10. 11. 6460-6463
  • Narumi Shiraishi, Ryunosuke Karashimada, Nobuhiko Iki. Facile Preparation of Highly Luminescent Materials by Electrostatic Immobilization of Anionic Metal Complex onto Anion-exchanger as Exemplified with Tri-terbium(III) Cluster Complex of Thiacalix[4]arene-p-tetrasulfonate. Bull. Chem. Soc. Jpn. 2019. 92
  • Yumiko Sasaki, Yosuke Sato, Toru Takahashi, Mitsuo Umetsu, Nobuhiko Iki. Capillary electrophoretic reactor for estimation of spontaneous dissociation rate of Trypsin-Aprotinin complex. Anal. Biochem. 2019. 585. 113406
  • Speciation of Chromium. Analytical Sciences. 2019. 35. 1. 1-2
  • Norioki Abe, Nobuhiko Iki. Multi-coloration of Calixarene-coated Silver Nanoparticles for the Visual Discrimination of Metal Elements. ANALYTICAL SCIENCES. 2017. 33. 10. 1141-1145
もっと見る
MISC (12件):
  • 壹岐 伸彦. 化学の感動を共有する喜び. 化学と工業. 2019. 72. 9. 791
  • 壹岐 伸彦. Central Scienceとしての分析化学. ぶんせき. 2019. 2019. 5. 185
  • 澤村瞭太, 鈴木敦子, 壹岐伸彦. がんのセラノスティクスを志向した Pt(II)-ジラジカル金属錯体の設計. 電子情報通信学会技術研究報告. 2019. OME2019. 3. 9-12
  • Nobuhiko Iki. Silver Nanoparticles. Analytical Sciences. 2018. 34. 11. 1223-1224
  • 壹岐伸彦. 医療への展開を志向した多機能性金属錯体の創製. 翠巒. 2017. 31. 37-40
もっと見る
特許 (1件):
  • 環状フェノール硫化物のスルホン酸化合物及びその製造方法
書籍 (5件):
  • クリスチャン分析化学 原書7版,I. 基礎編
    丸善出版 2016 ISBN:9784621301098
  • Calixarenes and Beyond
    Springer International Publishing 2016 ISBN:9783319318653
  • Capillary Electrophoresis and Microchip Capillary Electrophoresis: Principles, Applications, and Limitations
    Wiley 2013 ISBN:9780470572177
  • 計測工学ハンドブック
    2001
  • 分析化学反応の基礎-演習と実験 改訂版
    1994
講演・口頭発表等 (4件):
  • Luminescent Supramolecular Complexes of Ag(I)-Tb(III)-Thiacalix[4]arene Formed in Aqueous Solutions: Structure, Photophysical Properties, and Applications
    (10th International Conference on Calixarenes (CALIX 2009) 2009)
  • Thiacalixarene: A versatile reagent for separation of metal ions and organic pollutants
    (2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005) 2005)
  • Thiacalixarene -A Versatile Functional Material for Separation and Sensing
    (The Fifth International Conference on Material Engineering for Resources 2005)
  • Supramolecular Sensing Systems Based on Thiacalixarene-Terbium(III) Complex
    (8th International Conference on Calixarenes (CALIX 2005) 2005)
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
委員歴 (29件):
  • 2019/03 - 現在 日本分析化学会 東北支部 支部長
  • 2016/03 - 現在 日本分析化学会東北支部 副支部長
  • 2014/06 - 現在 日本素材物性学会 委員
  • 2014/06 - 現在 日本素材物性学会 委員
  • 2009/04 - 現在 ホ スト-ゲスト・超分子化学研究会 幹事
全件表示
受賞 (11件):
  • 2017/09 - 日本学術振興会 科学研究費助成事業審査委員表彰
  • 2012/09/13 - 40th International Conference on Coordination Chemistry Best Poster Award, 40th International Conference on Coordination Chemistry
  • 2011/12/10 - 日本分析化学会東北支部 東北分析化学賞 錯体を基盤とする分析化学反応系の創造と高次物質機能創成への展開
  • 2008/10 - 石田(實)記念財団 石田(實)記念財団研究奨励賞 チアカリックスアレーン-ソフト金属-ランタニド三元超分子錯体の設計による高性能発光素子の創製
  • 2008/07/08 - ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 HGCS Japan Award of Excellence 2008 Non-covalent Strategy for Activating Separation and Detection Functionality by Use of Multifunctional Host Molecule - Thiacalixarene
全件表示
所属学会 (9件):
素材物性学会 ,  日本薬学会 ,  錯体化学会 ,  ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ,  日本磁気共鳴医学会 ,  日本分析化学会 ,  Royal Society of Chemistry ,  American Chemical Society ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る