研究者
J-GLOBAL ID:200901075041547411   更新日: 2020年08月31日

恵美 宣彦

エミ ノブヒコ | EMI Nobuhiko
所属機関・部署:
職名: -
研究分野 (2件): 血液、腫瘍内科学 ,  血液、腫瘍内科学
研究キーワード (27件): PDGFR ,  SYK ,  チロシンキナーゼ ,  CEV ,  CEV14 ,  染色体 ,  PI3K ,  STAT5 ,  白血病 ,  TEL ,  ベクター ,  ワクチン ,  リポプレックス ,  リポソーム ,  変異 ,  遺伝子ワクチン ,  idiotype ,  B細胞性腫瘍 ,  薬剤の安全性 ,  骨髄前駆細胞 ,  ナノバイオ ,  遺伝子銃 ,  G-CSF ,  APL ,  遺伝子異常 ,  遺伝子治療 ,  血液内科
論文 (113件):
  • Akinao Okamoto, Masamitsu Yanada, Yoko Inaguma, Masutaka Tokuda, Satoko Morishima, Tadaharu Kanie, Yukiya Yamamoto, Shuichi Mizuta, Yoshiki Akatsuka, Tetsushi Yoshikawa, et al. The prognostic significance of EBV DNA load and EBER status in diagnostic specimens from diffuse large B-cell lymphoma patients. Hematological Oncology. 2017. 35. 1. 87-93
  • Akihiro Abe, Yukiya Yamamoto, Sachiko Iba, Tadaharu Kanie, Akinao Okamoto, Masutaka Tokuda, Yoko Inaguma, Masamitsu Yanada, Satoko Morishima, Shuichi Mizuta, et al. ETV6-LPXN fusion transcript generated by t(11;12)(q12.1;p13) in a patient with relapsing acute myeloid leukemia with NUP98-HOXA9. Genes Chromosomes and Cancer. 2016. 55. 3. 242-250
  • Yoko Inaguma, Yoshiki Akatsuka, Kohei Hosokawa, Hiroyuki Maruyama, Akinao Okamoto, Takamasa Katagiri, Keiko Shiraishi, Yuko Murayama, Sachiko Tsuzuki-Iba, Yuuki Mizutani, et al. Induction of HLA-B*40:02-restricted T cells possessing cytotoxic and suppressive functions against haematopoietic progenitor cells from a patient with severe aplastic anaemia. BRITISH JOURNAL OF HAEMATOLOGY. 2016. 172. 1. 131-134
  • Akihiro Abe, Yukiya Yamamoto, Sachiko Iba, Akinao Okamoto, Masutaka Tokuda, Yoko Inaguma, Masamitsu Yanada, Satoko Morishima, Tadaharu Kanie, Motohiro Tsuzuki, et al. NUP214-RAC1 and RAC1-COL12A1 Fusion in Complex Variant Translocations Involving Chromosomes 6, 7 and 9 in an Acute Myeloid Leukemia Case with DEK-NUP214. Cytogenetic and Genome Research. 2015. 146. 4. 279-284
  • Akinao Okamoto, Masamitsu Yanada, Hiroki Miura, Yoko Inaguma, Masutaka Tokuda, Satoko Morishima, Tadaharu Kanie, Yukiya Yamamoto, Shuichi Mizuta, Yoshiki Akatsuka, et al. Prognostic significance of Epstein-Barr virus DNA detection in pretreatment serum in diffuse large B-cell lymphoma. Cancer Science. 2015. 106. 11. 1576-1581
もっと見る
MISC (36件):
講演・口頭発表等 (11件):
  • 27-O4PM-05 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫患者におけるR-CHOP療法開始後のヘルペスウイルス感染症発症と免疫指標との関連に関する検討(感染症治療・予防,優秀演題候補セッション7,新時代を拓く医療薬学フロンティア)
    (日本医療薬学会年会講演要旨集 2014)
  • 27-O2PM-17 rasburicaseの有効性と安全性に関する検討(有害事象・副作用3,一般演題(口頭),新時代を拓く医療薬学フロンティア)
    (日本医療薬学会年会講演要旨集 2014)
  • 非ウイルス型遺伝子キャリアとしてのリン酸カルシウムおよび水酸化アルミニウム-DNA-無機塩複合体の形態とDNAトランスフェクション効率-:--DNA-無機塩複合体の形態とDNAトランスフエクション効率
    (化学工学論文集 2003)
  • 自由1 遺伝子導入マテリアルの安全性について(VI 共同利用研究 2.研究成果)
    (霊長類研究所年報 2002)
  • W-5-4 同種末梢血幹細胞ドナー登録センターの対応
    (日本アフェレシス学会雑誌 2002)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1989 - 2000 カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 Center for molecular Genetics
  • 1983 - 1987 名古屋大学 大学院
  • 1975 - 1981 名古屋大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (名古屋大学)
経歴 (2件):
  • 2015/02 - 現在 藤田保健衛生大学 大学病院 副院長
  • 2008/04 - 現在 藤田保健衛生大学 医学部 教授
所属学会 (3件):
日本臨床腫瘍学会 ,  日本血液学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る