研究者
J-GLOBAL ID:200901075132826488   更新日: 2020年08月29日

池田 健一

イケダ ケンイチ | Ikeda Kenichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 植物保護科学
研究キーワード (2件): 細胞生物学 ,  植物病理学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2019 糸状菌における分生子を介した新たな菌類ウイルス伝搬様式
  • 2013 - 2016 植物病理学のための酢酸ウランに代わるノンアイソトープ電子染色剤の新規開発
  • 2011 - 糸状菌の病原性発現過程におけるポラリソームと活性酸素生成複合体のダイナミクス
  • 2010 - 感染応答タンパク質の高度保存のための酸素バブリング・アルデヒド新規免疫電顕固定法
  • 2008 - 植物病害における病原性因子の役割に関する電子顕微鏡・生化学解析
全件表示
論文 (100件):
  • Yoshifumi Shimomoto,, Kenichi Ikeda, Yasushi Asahina,, Kazutaka Yano,, Misako Oka,, Tomoka Oki,, Junki Yamasaki,, Shigeharu Takeuchi,, Yasuaki Morita. First report of 'Candidatus Phytoplasma solani' associated with pepper chlorosis of sweet pepper, Capsicum annuum L., in Japan. Journal of General Plant Pathology. 2020. 86. 1. 76-79
  • 森田 隆太郎, クロフツ 尚子, 柴谷 直樹, 三浦 聡子, 保坂 優子, 追留 那緒子, 池田 健一, 藤田 直子, 深山 浩. CO2 Responsive CCT Protein Stimulates the Ectopic Expression of Particular Starch Biosynthesis-Related Enzymes, which Markedly Change the Structure of Starch in the Leaf Sheaths of Rice. Plant and Cell Physiology. 2019. 60. 961-972
  • Park P,, Kurihara T,, Nita M,, Ikeda K,, Inoue K,, Ishii H. Application of energy-filtering electron microscopy (EFEM) for analysis of hydrogen peroxide and lignin in epidermal walls of cucumber leaves triggered by acibenzolar-S-methyl treatment prior to inoculation with Colletotrichum orbiculare. Plant Pathology. 2019. 68. 1624-1634
  • Ohkita, S, Lee, Y, Nguyen, Q, Ikeda, K, Suzuki, N, Nakayashiki, H. Three ourmia-like viruses and their associated RNAs in Pyricularia oryzae. Virology. 2019. 534. 25-35
  • Yuka Mori, Yuki Hosoi, Shiho Ishikawa, Kazusa Hayashi, Yu Asai, Hideyuki Ohnishi, Mika Shimatani, Kanako Inoue, Kenichi Ikeda, Hitoshi Nakayashiki, et al. Ralfuranones contribute to mushroom-type biofilm formation by Ralstonia solanacearum strain OE1-1. Molecular Plant Pathology. 2018. 19. 4. 975-985
もっと見る
MISC (15件):
  • 池田 健一, 朴 杓允, 中屋敷 均. Cell biology in phytopathogenic fungi during host infection: commonalities and differences. Journal of General Plant Pathology. 2019. 85. 3. 163-173
  • Akihide Iritani, Nguyen Quyet, Van Vu Ba, Shuhei Ohkita, Kana Yokoya, Ken-ichi Ikeda, Hitoshi Nakayashiki. An Argonaute gene in the fungus Magnaporthe oryzae functions as a negative regulator of RNA silencing. GENES & GENETIC SYSTEMS. 2016. 91. 6. 360-360
  • Takagi Daisuke, Kentaro Ifuku, Hironori Inoue, Masahiro Tamoi, Ken-ichi Ikeda, Kanako Ikeda Inoue, Hiroshi Fukayama, Chikahiro Miyake. NADPH-dependent alkenal/one oxidoreductase (AOR) supports the growth and protect from oxidative stress in Arabidopsis thaliana. 第56回日本植物生理学会年会. 2015
  • 池田 健一. 病原菌をウイルスで病気にさせる生物防除法:ヴァイロコントロール. 温古知新. 2013. 50. 120-126
  • 池田 健一. 病原菌のアキレス腱をターゲットとした病害防除戦略. 作物研究. 2012. 57. 61-66
もっと見る
書籍 (5件):
  • 病原性にかかわる遺伝子
    朝倉書店 2013
  • 病原菌を剥離させるアプローチによるイネいもち病生物防除法の開発
    バイオコントロール研究会 2012
  • 花粉の世界をのぞいてみたら
    NTS 2012
  • Extracellular matrix (ECM) in phytopathogenic fungi: its role and potential target for disease protection
    INTECH Open Acess Publisher 2012
  • Repeat-induced point mutation (RIP) in Magnaporthe grisea: evidence for the presence of sexual cycle in nature
    Kluwer Academic Publishers 2004
講演・口頭発表等 (209件):
  • 白紋羽病菌におけるウイルス伝搬能を獲得した変異株の遺伝子発現解析
    (日本植物病理学会大会 2020)
  • イネ科植物いもち病菌における各種クロマチン修飾の相互作用
    (日本植物病理学会大会 2020)
  • イネ科植物いもち病菌のヒストンメチル基転移酵素MoSET1により制御されるリン酸化酵素群の機能解析
    (日本植物病理学会大会 2020)
  • コムギいもち病菌のsmall rDNA-derived RNAs (srRNA)およびtRNA-derived small RNA (tsRNA)の特徴付け
    (令和元年度日本植物病理学会関西部会 2019)
  • Building blocks法によるいもち病菌のTriacylglycerol lipase遺伝子群の機能解析
    (令和元年度日本植物病理学会関西部会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2001 神戸大学 大学院自然科学研究科博士課程後期課程資源エネルギー科学専攻修了
学位 (2件):
  • 修士(農学) (神戸大学)
  • 博士(農学) (神戸大学)
委員歴 (1件):
  • バイオコントロール研究会 幹事
受賞 (10件):
  • 2018/03 - 日本植物病理学会 Journal of General Plant Pathology誌論文賞 Novel aspects of hydrophobins in wheat isolate of Magnaporthe oryzae: Mpg1, but not Mhp1, is essential for adhesion and pathogenicity
  • 2015/08 - 日本植物病理学会 植物感染生理談話会ポスター発表優秀賞 Ralstonia solanacearum OE1-1株のバイオフィルム形成にレクチンES-IILは必要である
  • 2015/06 - 医学生物学電子顕微鏡技術学会 奨励賞 電子顕微鏡分野における複数の優れた業績
  • 2014/09 - 日本育種学会 第126回講演会日本育種学会優秀発表賞 野生イネ(Oryza rufipogon)の遺伝的背景における種子脱粒性遺伝子座間の相互作用と離層形態
  • 2012 - 日本土壌微生物学会 日本土壌微生物学会優秀ポスター賞 ゼラチナーゼ活性を有する土壌微生物を利用した植物病害防除法の開発
全件表示
所属学会 (6件):
関西病虫害研究会 ,  バイオコントロール研究会 ,  糸状菌分子生物学研究会 ,  日本土壌微生物学会 ,  医学生物学電子顕微鏡技術学会 ,  日本植物病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る