研究者
J-GLOBAL ID:200901075180125424   更新日: 2021年06月07日

柿本 健一

カキモト ケンイチ | Kakimoto Kenichi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
  • エアランゲン・ニュルンベルグ大学  アンバサダー
  • エアランゲン・ニュルンベルグ大学 工学部  客員教授
  • University of Erlangen-Nuremberg  Ambassador
  • University of Erlangen-Nuremberg  Guest Scientist
研究分野 (1件): 無機材料、物性
研究キーワード (1件): 圧電セラミックス
論文 (249件):
  • H. Sugimoto, J. Biggemann, T. Fey, P. Singh, D. Khare, A.K. Dubey, K. Kakimoto. Lead-free Piezoelectric (Ba,Ca)(Ti,Zr)O3 Scaffolds for Enhanced Antibacterial Property. Materials Letters. 2021. 297. 129969-129969
  • H. Nishiyama, A. Martin, K. Hatano, S. Kishimoto, N. Sasaki, K.G. Webber, K. Kakimoto. Alkali Volatilization of (Li,Na,K)NbO3-based Piezoceramics and Large-field Electrical and Mechanical Properties. Journal of Ceramics Society of Japan. 2021. 129. 3. 127-134
  • H. Nishiyama, A. Martin, K. Hatano, S. Kishimoto, N. Sasaki, N.H. Khansur, K.G. Webber, K. Kakimoto. Electric-field-induced Strain of (Li,Na,K)NbO3-based Multilayered Piezoceramics under Electromechanical Loading. Journal of Applied Physics. 2020. 128. 244101-244101
  • T. Asaka, R. Matsumoto, K. Kimura, D. Urushihara, H. Ichikawa, M. Komabuchi, H. Iwama, K. Tanaka, K. Fukuda, N. Happo, et al. Average and Local Crystal Structure of Multiferroic Eu1-xYxMnO3 (x=0.2 and 0.4). Physica Status Solidi B. 2020. 257. 2000334-2000334
  • H. Nishiyama, K. Kakimoto, K. Hatano, S. Kishimoto, N. Sasaki. Cyclic Properties and impedance analysis of (Li,Na,K)NbO3-based Multilayered Piezoceramics. Japanese Journal of Applied Physics. 2020. 59. 11S. SPPD05-SPPD05
もっと見る
MISC (15件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • 応用に根ざした非鉛圧電材料の設計
    ティー・アイ・シー 2014 ISBN:9784924890831
  • 無鉛圧電セラミックス・デバイス
    養賢堂 2008 ISBN:9784842504438
  • 圧電材料の基礎と最新応用
    シーエムシー出版 2008 ISBN:9784882319542
  • 新材料シリーズ 環境対応型セラミックスの技術と応用
    シーエムシー出版 2007
  • これだけは知っておきたい 新素材・新材料のすべて 第5版
    日刊工業新聞社 2006
講演・口頭発表等 (798件):
  • (Na,K)NbO3/ポリイミド圧電コンポジットの振動発電特性と電位分布
    (第38回強誘電体会議 2021)
  • Exploring the Concept of 0-3 Ceramic-Ceramic Composites for Enhanced Mechanical and Energy Harvesting Properties
    (第38回強誘電体会議 2021)
  • La-Sr-Co-Fe ペロブスカイト -La 置換セリア複合体の酸素透過特性
    (日本セラミックス協会2021年年会 2021)
  • 安定化ジルコニア上に作製した(La,Ca)FeO3-δ膜の酸素表面交換反応の評価
    (日本セラミックス協会2021年年会 2021)
  • (Li,Na,K)NbO3圧電セラミックスのアルカリ揮発と強誘電-強弾性ドメインの変形挙動
    (日本セラミックス協会2021年年会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1996 大阪府立大学 金属工学
  • - 1992 大阪府立大学 金属工学
学位 (2件):
  • 博士(工学) (大阪府立大学)
  • Doctor (Engineering) (Osaka Prefecture University)
経歴 (8件):
  • 2020/11/04 - 現在 エアランゲン・ニュルンベルグ大学 アンバサダー
  • 2020/10/29 - 現在 エアランゲン・ニュルンベルグ大学 アンバサダー
  • 2013/09/16 - 現在 エアランゲン・ニュルンベルグ大学 工学部 客員教授
  • 2012/04/01 - 現在 名古屋工業大学 大学院 しくみ領域 教授
  • 2013/04/01 - 2014/03/31 豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学系 非常勤講師
全件表示
受賞 (10件):
  • 2020/11/04 - Friedrich-Alexaner-Universitaet Erlangen-Nuernberg (FAU) FAU Award (Ambassador)
  • 2020/10/29 - Friedrich-Alexaner-Universitaet Erlangen-Nuernberg (FAU) FAU Award (Ambassador)
  • 2014/10/13 - The American Ceramic Society Richard M. Fulrath Award
  • 2013/04/10 - 応用物理学会 応用物理学会編集貢献賞
  • 2012/06/08 - 日本セラミックス協会 日本セラミックス協会学術賞
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る