研究者
J-GLOBAL ID:200901075301207180   更新日: 2020年12月24日

加藤 恵津子

カトウ エツコ | Kato Etsuko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 文化人類学、民俗学 ,  ジェンダー
研究キーワード (36件): native anthropology ,  Japan ,  the Japanese ,  traditional art ,  gender ,  cultural nationalism ,  migration ,  youth ,  self ,  work ,  self-searching ,  Canada ,  Australia ,  community ,  mental health ,  psychological anthropology ,  cross-cultural psychiatry ,  representation ,  ネイティヴ人類学 ,  日本 ,  日本人 ,  伝統芸能 ,  ジェンダー ,  文化ナショナリズム ,  若者 ,  移民・移住 ,  自己 ,  仕事 ,  自分探し ,  カナダ ,  オーストラリア ,  コミュニティ ,  メンタルヘルス ,  心理人類学 ,  多文化間精神医学 ,  表象
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2016 - 2019 若者は「アジア人」になれるか:日本人のグローバル化志向に英語圏アジアが果たす役割
  • 2011 - 2014 若者の「外向き志向」を支援する社会に向けて:グローバル化の中の「仕事-自分探し」
  • 2010 - 2014 海外における人類学的日本研究の総合分析
  • 2008 - 2009 移民志望の日本人青年の自己観・世界観:グローバル時代の「自己」形成における国家と仕事の役割
  • 2008 - 2009 Self-recognition, World Views and Mental Health of Young Japanese Sojourners in Vancouver, Canada.
全件表示
論文 (17件):
  • Asianisms in Motion: Asian Selves and Customized Asia among Japanese Sojourners in the Pacific West and East. Asian Anthropology. 2020. 19. 4
  • 個人化される「方法としてのアジア」:シンガポールの日本人、そしてシンガポール人は「アジア人」か. アジア文化研究. 2019. 45. 45-62
  • None of My Business: Young Japanese Migrants in Canada Defying "Global Human Resource (gurobaru jinzai)" Discourse. ISS Research Series. 2016. 59. 77-88
  • When a man flies overseas: corporate nationalism, gendered happiness and young Japanese male migrants in Canada and Australia. Asian Anthropology. 2016. 14. 3. 220-234
  • 「グローバル人材か、グローバル市民か:多様な若者の、多様な海外渡航のス〻メ」. ウェブマガジン『留学交流』http://www.jasso.go.jp/about/webmagazine201401.html. 2014. 34
もっと見る
MISC (17件):
  • Book Review: Cultivating Femininity: Women and Tea Culture in Edo and Meiji Japan (Rebecca Corbett). 2018. 77. 1&2. 457-458
  • 小林富久子・村田晶子・弓削田直子編『ジェンダー研究/教育の深化のために:早稲田からの発信』彩流社. ジェンダー史学. 2017. 13. 136-137
  • 「ジェンダー・ギャップ指数ランキング」を文化人類学的に視る. 『コーヒー入れて』 三鷹市企画部企画経営課 平和・女性・国際化推進係編、2016年 Vol.62、5頁. 2016. 62. 5-5
  • 加藤 恵津子. <お茶>が女性に与える力:身体と神話と近現代女性の「ソフト」な関係. 茶の世界. 2011. 14. 20-21
  • KATO, Etsuko. Self-searching Migrants: Japanese Temporary Residents in Canada in the Age of High Mobility and Self-Reflexivity. Asia Pacific Memo (Institute of Asian Research, University of British Columbia, Canada, Online). 2011. 94
もっと見る
書籍 (10件):
  • リベラルアーツは〈震災・復興〉とどう向き合うか
    風行社 2016
  • 語られる「日本人女性」:英語圏フェミニスト人類学者が描く「女性的なる日本」(『日本はどのように語られたか-海外の文化人類学的日本研究』桑山敬己編著)
    昭和堂 2016
  • グローバル人材とは誰か:若者の海外経験の意味を問う
    青弓社 2016
  • "Loyalty to Self or Loyalty to State-Corporation?: Discourses of Japan surrounding 'Feminine' Self-searching Migrants and 'Masculine' Global Human Resources. Book title TBA. Edited by Jijiao Zhang (in preparation).
    Springer 2015
  • 「自文化を書く-だが、誰のために?:『文化の翻訳』をめぐるネイティヴ人類学徒の挑戦」『文化と政治の翻訳学:異文化研究と翻訳の可能性』(山本真弓編著)
    明石書店 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (54件):
  • For Whom You Become “Global Human Resources”~誰がために「グローバル人材」になる~: Contexts and Limitations of Gurobaru Jinzai Discourse
    (2019)
  • Imagined “Asian” Solidarities in a Global City-State: Asianism of Japanese Migrant Workers in Singapore
    (International Union of Anthropological and Ethnological Sciences, Inter-Congress 2019 2019)
  • 自分探しか、グローバル人材か:海外を移動する日本の若者とジェンダー
    (東進ハイスクール 大学学部研究会(高校生向けセミナー) 2018)
  • Asianisms in Motion: Japanese Migrants' (Re-)Encountering Asian Selves in the West and East Pacific
    (Asian Studies Association of Australia, Annual Meeting 2018)
  • 「方法としてのアジア」再考: シンガポールは、若い日本人移動者とその研究者に 何を教えるか?
    (第52回 日本文化人類学会 年次大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 2001 トロント大学 言語・記号人類学
  • 1984 - 1998 慶應義塾大学 文学科、英米文学専攻(英語学・言語学)
  • 1990 - 1992 慶應義塾大学 英語学・言語学
経歴 (16件):
  • 2017/09 - 現在 国際基督教大学ジェンダー研究センター 所長
  • 2015/04 - 現在 国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科 教授
  • 2008/03 - 現在 国際基督教大学、上級准教授(アーツ・サイエンス学科、文化人類学)
  • 2008/03 - 現在 国際基督教大学、上級准教授(アーツ・サイエンス学科、文化人類学)
  • 2009/04 - 2012/03 国際基督教大学 ジェンダー研究センター 所長
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2015/07/01 - 現在 立川市男女平等参画推進審議委員会 会長
  • 2012/04 - 現在 Executive Member (Liaison Officer)
  • 2012/04 - 現在 Anthropology of Japan in Japan 幹部(渉外担当)
  • 2010/05 - 現在 公益財団法人(旧・財団法人)ラボ国際交流センター 評議員
  • 2006/10 - 2009/09 三鷹市役所 オンブズマン
全件表示
所属学会 (9件):
国際ジェンダー学会 ,  日本記号学会 ,  日本文化人類学会 ,  日本カナダ学会 ,  多文化間精神医学会 ,  European Association for Japanese Studies ,  Society for Psychological Anthropology ,  International Union of Anthropological and Ethnological Sciences ,  Anthropology of Japan in Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る