研究者
J-GLOBAL ID:200901075546622558   更新日: 2020年08月30日

佐藤 拓磨

サトウ タクマ | Takuma Satou
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 刑事法学
研究キーワード (2件): 犯罪論 ,  刑法
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 没収制度の比較法的・理論的研究
  • 2015 - 2016 未遂犯および危険犯における危険概念の基礎的研究
論文 (40件):
  • 佐藤拓磨. 窃盗罪と詐欺罪の区別と符合. 法学教室. 2020. 480. 89-96
  • 佐藤拓磨. 日本における実行の着手. 刑事法ジャーナル. 2020. 63. 4-11
  • 佐藤拓磨. 不能犯、だまされたふり作戦. 法学教室. 2019. 472. 99-106
  • 佐藤拓磨. <ケーススタディで考える特殊詐欺>「未遂・承継的共同正犯」. 法学セミナー. 2019. 779号. 10-17
  • 佐藤拓磨. 実行の着手、早すぎた構成要件実現. 法学教室. 2019. 471. 91-98
もっと見る
MISC (13件):
  • 佐藤拓磨. (海外判例研究)間接的臨死介助(安楽死)と傷害罪. 判例時報. 2020. 2438
  • 佐藤拓磨. 解放された後の被害者の能動的行動に向けられた暴行・脅迫と強盗罪における反抗を抑圧するに足りる程度. 令和元年度重要判例解説(ジュリスト臨時増刊1544号). 2020
  • 佐藤拓磨. インターネット上の名誉毀損と刑法. 三色旗(慶應義塾大学通信教育補助教材). 2020. 829. 17-24
  • 佐藤拓磨. (海外判例研究)性的嫌がらせ罪における「性的な方法で」の判断方法. 判例時報. 2019. 2399. 123-124
  • ルイス・グレコ, 藤拓磨. (翻訳)ルイス・グレコ「過失の共同正犯?--1つの批判--」. 法学研究. 2019. 92. 4. 57-85
もっと見る
書籍 (20件):
  • 井田良ほか編著『刑法演習サブノート210問』
    弘文堂 2020
  • 池田真朗編『プレステップ法学 第4版』
    弘文堂 2020
  • 成瀬幸典=安田拓人編『判例プラクティス 刑法I 総論』
    2020
  • Strafrecht zwischen Ost und West
    Mohr Siebeck 2019
  • 井田良=佐藤拓磨編著『よくわかる刑法 第3版』
    2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • 「だまされたふり作戦と未遂犯・不能犯」ワークショップ「特殊詐欺と刑法理論」(オーガナイザー: 豊田兼彦)
    (日本刑法学会第97回大会 2019)
  • 「不動産と占有概念」ワークショップ「不動産と財産犯」(オーガナイザー:田山聡美)
    (日本刑法学会第96回大会 2018)
  • ワークショップ「未遂犯」 オーガナイザー
    (日本刑法学会第95回大会 2017)
  • 間接正犯・離隔犯の着手時期-着手論における切迫性・確実性の意義
    (日本刑法学会第88回大会 2010)
学歴 (2件):
  • 2005 - 慶應義塾 法学研究科 公法学
  • 2000 - 慶應義塾 法学部 法律学科
学位 (1件):
  • 博士(法学) (慶應義塾)
経歴 (6件):
  • 2019/04/01 - 現在 早稲田大学 非常勤講師
  • 2016/04/01 - 現在 慶應義塾大学 学習指導主任
  • 2016/04 - 現在 慶應義塾大学 教授
  • 2018/04/12 - 2018/09/30 横浜国立大学 非常勤講師
  • 2010/04 - 2016/03 慶應義塾大学 准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/07/01 - 現在 神奈川県弁護士会懲戒委員会予備委員
  • 2019/07/01 - 現在 神奈川県弁護士会懲戒委員会予備委員
  • 2019/02/01 - 現在 港区情報公開・個人情報保護審査会委員
  • 2019/02/01 - 現在 港区情報公開・個人情報保護審査会委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る