研究者
J-GLOBAL ID:200901075689410047   更新日: 2020年08月25日

中西 宏之

ナカニシ ヒロユキ | Nakanishi Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 薬理学 ,  医化学
研究キーワード (3件): 細胞骨格 ,  小胞輸送 ,  シグナル伝達
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2019 - 2021 細胞膜湾曲作用をもつ分子FCHO2によるエンドサイトーシスの制御機構
論文 (96件):
もっと見る
MISC (83件):
  • 坂本 達彦, 梅田 一彰, 上江洲 章吉, 菊池 直也, 馬場 秀夫, 中西 宏之. DP-119-4 新しい微小管結合蛋白質による中心体の機能制御(第108回日本外科学会定期学術集会). 日本外科学会雑誌. 2008. 109. 2
  • 牧野 公治, 梅田 一彰, 上江洲 章吉, 坂本 達彦, 尹 浩信, 中西 宏之. 新しい中心体蛋白質の同定と機能解析. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集. 2007. 80回・30回. 1T21-6
  • 牧野 公治, 梅田 一彰, 上江洲 章吉, 坂本 達彦, 尹 浩信, 中西 宏之. 新しい中心体蛋白質の同定と機能解析. 日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム. 2007. 32回. 98-98
  • Noriko Okabe, Kumi Ozaki-Kuroda, Hiroyuki Nakanishi, Kazuya Shimizu, Yoshimi Takai. Expression patterns of nectins and afadin during epithelial remodeling in the mouse embryo. CELL STRUCTURE AND FUNCTION. 2004. 29. 41-41
  • Y Yamada, K Miyazaki, H Nakanishi, H Yamamoto. Regulation of FSH beta gene expression in L beta T2 cells. JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES. 2004. 94. 76P-76P
もっと見る
書籍 (4件):
  • Rab3A small G protein and its regulators in neurotransmitter release and synaptic plasticity.
    Catecholamine Research: From Molecular Insights to Clinical Medicine(Kluwer Academic/Plenum Publishers, New York) 2003
  • シグナル伝達機構の基本
    標準免疫学 第2版(医学書院) 2002
  • Rab3A small G protein and its regulators in neurotransmitter release and synaptic plasticity.
    Catecholamine Research: From Molecular Insights to Clinical Medicine 2000
  • Rab3A small G protein and its regulators in neurotransmitter release and synaptic plasticity.
    2000
講演・口頭発表等 (9件):
  • リン脂質結合蛋白質FCHO2によるインテグリンのエンドサイトーシス制御
    (文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「生体膜トランスポートソームの分子構築と生理機能」平成21年度第1回班会議 2009)
  • 新しいリン脂質結合タンパク質によるエンドサイトーシスの制御機構
    (特定領域研究 公開シンポジウム「生体膜トランスポートソームの分子構築と生理機能」 2007)
  • 新しい微小管結合蛋白質による細胞の機能と構造の制御
    (第78回日本生化学会大会ミニシンポジウム「微小管が関わる細胞の機能と構造の分子機構」 2005)
  • 接着分子ネクチンの機能と作用機構
    (第36回日本電子顕微鏡学会総会「細胞間接着」 2004)
  • 新しい細胞間接着機構とシグナル伝達
    (第26回日本医学会総会学術講演会 2003)
もっと見る
Works (5件):
  • トランスポートソームと細胞骨格の相互制御機構
    2005 - 2010
  • 細胞骨格制御とがんの浸潤・転移の分子機構
    2005 - 2006
  • 細胞間接着装置の構築機構
    2003 - 2005
  • 細胞膜裏打ち蛋白質による足場依存的細胞増殖と浸潤の制御
    2002 - 2005
  • 小分子のベクトル輸送を担う分子の局在決定と細胞接着を結びつける分子機構の解明
    2000 - 2005
学歴 (4件):
  • - 1987 神戸大学 生理学系博士課程
  • - 1987 神戸大学
  • - 1982 神戸大学 医学科
  • - 1982 神戸大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (神戸大学)
経歴 (10件):
  • 2010 - 熊本大学大学院 教授 生命科学研究部(基礎系)細胞情報薬理学 教授
  • 2010 - Professor,Faculty of Life Sciences(Basic medicine group),Kumamoto University
  • 2003 - 2009 熊本大学大学院 生命科学研究部 教授
  • 2003 - 2009 Professor,
  • 2002 - 2003 熊本大学医学部 教授
全件表示
所属学会 (4件):
日本分子生物学会 ,  日本薬理学会 ,  日本生化学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る