研究者
J-GLOBAL ID:200901075920585912   更新日: 2021年04月06日

三谷 曜子

ミタニ ヨウコ | Mitani Yoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://hokkaidocean.sakura.ne.jp/http://seesaawiki.jp/w/yo_mitani/
研究分野 (2件): 水圏生産科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (6件): 鰭脚類 ,  鯨類 ,  海棲哺乳類 ,  バイオロギング ,  Marine Mammal ,  Bio-logging
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2020 - 2024 海洋溶存酸素濃度の変動が中深層生態系高次捕食動物に与える影響の評価
  • 2020 - 2023 知床周辺海域における海洋高次捕食者のホットスポット形成機構の解明
  • 2016 - 2020 漁業と海獣類の共存に向けた生態系解析と順応的管理のマニュアル化に関する研究
  • 2015 - 2020 野生の認知科学:こころの進化とその多様性の解明のための比較認知科学的アプローチ
  • 2017 - 2019 野生動物iHep細胞の作成とトッププレデターのMetabolism評価法の開発
全件表示
論文 (46件):
もっと見る
MISC (36件):
もっと見る
書籍 (10件):
  • 日本の鰭脚類 : 海に生きるアシカとアザラシ = Pinnipeds in Japan
    東京大学出版会 2020 ISBN:9784130602396
  • 絶景・秘境に息づく世界で一番美しいシャチ図鑑
    誠文堂新光社 2019 ISBN:9784416518687
  • 海をまるごとサイエンス : 水産科学の世界へようこそ
    海文堂出版 2018 ISBN:9784303800017
  • 女も男もフィールドへ(FENICS 100万人のフィールドワーカーシリーズ12)
    古今書院 2016 ISBN:4772271333
  • 低温環境の科学事典
    朝倉書店 2016 ISBN:9784254161281
もっと見る
講演・口頭発表等 (103件):
  • 縄文時代,真脇遺跡ではイルカを食べていたのか!?-土器脂質分析による日本列島における海棲ほ乳類利用の評価-
    (日本文化財科学会大会研究発表要旨集 2019)
  • チャクチ海南部に来遊するナガスクジラ(Balaenoptera physalus)の鳴音特性に関する研究
    (日本水産学会大会講演要旨集 2019)
  • キタオットセイの保全管理に向けた集団遺伝学的研究
    (日本水産学会大会講演要旨集 2019)
  • 授乳期間中における雌キタオットセイの3次元的な餌探索行動
    (日本水産学会大会講演要旨集 2019)
  • ヒゲ板中安定同位体比変動から推定するクロミンククジラ雌の生活史履歴
    (日本水産学会大会講演要旨集 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • うしお丸調査,おしょろ丸調査
    2010 -
  • 第177次うしお丸調査
    2009 -
  • ロシアにおけるキタオットセイ調査
    2009 -
  • 第202次おしょろ丸航海
    2009 -
学歴 (6件):
  • - 2003 総合研究大学院大学(総研大) 極域科学専攻
  • - 2003 総合研究大学院大学
  • - 2000 京都大学 応用生物科学専攻
  • - 2000 京都大学
  • - 1998 京都大学 水産学科
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学(総研大))
経歴 (29件):
  • 2013/11 - 現在 北海道大学
  • 2013/11 - 現在 北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 准教授
  • 2008/11 - 2013/10 北海道大学
  • 2008/11 - 2013/10 北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 助教
  • 2008/04 - 2008/11 国立極地研究所
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2019/04 - 現在 知床世界自然遺産地域科学委員会海域WG 委員
  • 2018/09 - 現在 日本動物園水族館協会ラッコ保全PT 外部委員
  • 2017 - 現在 えりも地域ゼニガタアザラシのモニタリング方法に係る作業部会 委員
  • 2016/04 - 現在 船舶水中騒音の海洋生物への影響に関する調査研究ステアリング・グループ
  • 2014/04 - 現在 哺乳類学会 哺乳類科学編集委員
全件表示
所属学会 (7件):
日本セトロジー研究会 ,  日本バイオロギング研究会 ,  勇魚会 ,  日本哺乳類学会 ,  水産学会 ,  動物行動学会 ,  Society of Marine Mammalogy
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る