研究者
J-GLOBAL ID:200901076158305636   更新日: 2020年08月30日

加藤 秀生

カトウ ヒデキ | Katow Hideki
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/a1f3ae59e724a20c118e1c73f1b079d7.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/a1f3ae59e724a20c118e1c73f1b079d7.html
研究分野 (2件): 細胞生物学 ,  発生生物学
研究キーワード (10件): ウニ胚 ,  生物進化 ,  遺伝子発現 ,  形態形成 ,  神経系形成 ,  sea urchin embryo ,  evolution ,  gene expression ,  morphogenesis ,  Neurogenesis
MISC (130件):
書籍 (28件):
  • Rise and Fall of Epithelial Phenotype
    Eurekah.com and Kluwer Academic/Plenum Publishers 2005
  • Rise and Fall of Epithelial Phenotype
    Eurekah.com and Kluwer Academic/Plenum Publishers 2005
  • 「東北大学大学院 理学研究科附属浅虫海洋生物学研究センター」研究室・研究所めぐりNo. 52
    遺伝 2004
  • Laboratories and Research Institutes in the Country #52:Research Center for Marine Biology, Graduate School of Science, Tohoku University
    Heredity 2004
  • Current Topics in Peptide & Protein Research
    2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (180件):
  • バフンウニネトリン(HpNetrin)によるセロトニン神経軸索の指向性伸長誘導
    (第79回日本動物学会大会 2008)
  • ウニ幼生の指向性軸索伸長におけるNetrin受容体Unc-5機能の分子機構
    (第79回日本動物学会大会 2008)
  • バフンウニ幼生におけるオプシンの発現解析
    (第79回日本動物学会大会 2008)
  • バフンウニネトリン(HpNetrin)によるセロトニン神経軸索の指向性伸長誘導
    (第79回日本動物学会大会 2008)
  • ウニ幼生の指向性軸索伸長におけるNetrin受容体Unc-5機能の分子機構
    (第79回日本動物学会大会 2008)
もっと見る
Works (22件):
  • ドーパミンによる初期ウニ胚から後期幼生までの遊泳制御の変遷
    2009 - 2010
  • マナマコ増養殖技術に伴う繁殖期特定技術のための研究事業
    2009 - 2010
  • ドーパミンによる初期ウニ胚から後期幼生までの遊泳制御の変遷
    2009 - 2010
  • マナマコ増養殖技術に伴う繁殖期特定技術のための研究事業
    2009 - 2010
  • 殺虫剤モノクロトフォスがウニ幼生のセロトニン神経系形成に及ぼす影響
    2008 - 2009
もっと見る
経歴 (1件):
  • 東北大学 大学院生命科学研究科 浅虫海洋生物学教育研究センター 教授
委員歴 (4件):
  • 2008 - (財)日本宇宙フォーラム 公募地上研究最終評価メイルレビュウ
  • 2008 - (財)日本宇宙フォーラム 公募地上研究最終評価メイルレビュウ
  • 2006 - (財)日本宇宙フォーラム 公募地上研究最終評価メイルレビュウ
  • 2006 - (財)日本宇宙フォーラム 公募地上研究最終評価メイルレビュウ
所属学会 (6件):
International Society for Developmental Neuroscience ,  日本発生生物学会 ,  日本動物学会 ,  International Society for Developmental Neuroscience ,  日本発生生物学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る