研究者
J-GLOBAL ID:200901076201760725   更新日: 2021年10月22日

原 めぐみ

ハラ メグミ | Hara Megumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.prevent.med.saga-u.ac.jp/hara.html
研究分野 (11件): 医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (4件): 公衆衛生学・健康科学 ,  疫学 ,  Public Health and Health Science ,  Epidemiology
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2002 - 2011 インフルエンザワクチンの有効性に関する研究
  • 2006 - 2008 未成年者および妊産婦におけるたばこ対策
  • 2006 - 2008 Tobacco Control
  • 2005 - 分子疫学コーホートによる生活習慣病予防のための研究
  • 2001 - 2003 肝細胞がんの発症における遺伝子多型と環境の交互作用に関する疫学研究
全件表示
論文 (122件):
  • Sayaka Ikeda, Yutaka Ueda, Megumi Hara, Asami Yagi, Tetsuhisa Kitamura, Yuri Kitamura, Hiroshi Konishi, Tadao Kakizoe, Masayuki Sekine, Takayuki Enomoto, et al. Human papillomavirus vaccine to prevent cervical intraepithelial neoplasia in Japan: A nationwide case-control study. Cancer Science. 2020
  • Masayuki Sekine, Manako Yamaguchi, Risa Kudo, Sharon J. B. Hanley, Megumi Hara, Sosuke Adachi, Yutaka Ueda, Etsuko Miyagi, Sayaka Ikeda, Asami Yagi, et al. Epidemiologic Profile of Type-Specific Human Papillomavirus Infection after Initiation of HPV Vaccination. Vaccines. 2020. 8. 3. 425-425
  • Masayuki Sekine, Risa Kudo, Manako Yamaguchi, Sharon J B Hanley, Megumi Hara, Sosuke Adachi, Yutaka Ueda, Etsuko Miyagi, Sayaka Ikeda, Asami Yagi, et al. Japan's Ongoing Crisis on HPV Vaccination. Vaccines. 2020. 8. 3
  • Yuichiro Nishida, Megumi Hara, Noriyuki Fuku, Naoto Taguchi, Mikako Horita, Chisato Shimanoe, Yasuki Higaki, Keitaro Tanaka. The interaction between mitochondrial haplogroups (M7a/D) and physical activity on adiponectin in a Japanese population. Mitochondrion. 2020. 53. 234-242
  • Kokichi Arisawa, Sakurako Katsuura-Kamano, Hirokazu Uemura, Nguyen Van Tien, Asahi Hishida, Takashi Tamura, Yoko Kubo, Mineko Tsukamoto, Keitaro Tanaka, Megumi Hara, et al. Association of Dietary Acid Load with the Prevalence of Metabolic Syndrome among Participants in Baseline Survey of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study. Nutrients. 2020. 12. 6
もっと見る
MISC (183件):
書籍 (6件):
  • Chapter12. Influenza and influenza vaccination in Japanese elderly.
    2018
  • 健康クイズ100: すぐに使えるパワーポイントデータ収録
    2013
  • インフルエンザワクチンって本当に効くの?
    2011
  • Effect of smoking on the association between alcohol consumption and cancer mortality among middle-aged Japanese men: JPHC Study Cohort I
    2002
  • Effect of smoking on the association between alcohol consumption and cancer mortality among middle-aged Japanese men: JPHC Study Cohort I.
    IARC Scientific Publication Book. 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (118件):
  • 教育歴と精神ストレスおよび抑うつとの関連について:J-MICC study SAGA
    (2018)
  • 5年間の精神ストレスとCRPの関連は、対処行動や社会的支援の変化により異なる
    (2018)
  • 日常身体活動とPYCARD遺伝子メチル化の縦断的関連
    (2018)
  • 日本人成人の余暇時間の運動に関するGWAS研究:J-MICC Study
    (2018)
  • 症例対照研究(test-negative design, hospital control)によるロタウィルスワクチンの有効性評価
    (2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2001 佐賀医科大学 生態系
  • - 2001 佐賀医科大学
  • - 1996 佐賀医科大学 医学
  • - 1996 佐賀医科大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (*佐賀医科大学*)
経歴 (5件):
  • 2016 - 現在 佐賀大学 医学部社会医学講座予防医学分野 准教授
  • 2011/11 - 2016/07 佐賀大学 医学部社会医学講座予防医学分野 講師
  • 2007/04 - 2011/10 佐賀大学 医学部社会医学講座予防医学分野 助教
  • 2000 - 2001 National Cancer center Research Institute East,
  • Research Resident
委員歴 (2件):
  • 2015 - 現在 日本疫学会 編集委員
  • 2015 - 現在 日本疫学会 評議委員
受賞 (2件):
  • 2015/11 - 日本ワクチン学会 高橋奨励賞
  • 2014 - 資生堂 女性研究者サイエンスグラント賞
所属学会 (6件):
日本衛生学会 ,  日本内科学会 ,  日本産業衛生学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本癌学会 ,  日本疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る