研究者
J-GLOBAL ID:200901076624971021   更新日: 2020年09月01日

升本 早枝子

マスモト サエコ | Masumoto Saeko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 食品科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (17件): 肥満 ,  果物 ,  認知機能 ,  老化 ,  cognitive function ,  gut ,  Nutrition ,  Functional Food ,  Food Science ,  procyanidin ,  Polyphenol ,  腸内細菌 ,  ポリフェノール ,  栄養学 ,  天然物化学 ,  食品機能学 ,  食品科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2021 ポリフェノール類による腸内細菌叢を介した認知機能低下抑制効果と作用機序の解明
  • 2017 - 2020 リンゴ由来プロシアニジンの腸内細菌叢を介した認知能力低下抑制効果と作用機序の解明
  • 2014 - 2017 肥満マウスを用いた高分子ポリフェノール摂取による肥満改善効果の検討
  • 2015 - 2016 高分子ポリフェノールが食餌性肥満モデルマウスのメタボロームおよび腸内細菌叢に及ぼす影響
  • 2013 - 2016 高分子プロシアニジン類の腸管ホメオダイナミクスによる生活習慣病予防作用の解明に関する研究
論文 (22件):
  • Nagakatsu Harada, Yuka Gotoda, Adzumi Hatakeyama, Tadahiko Nakagawa, Yumiko Miyatake, Masashi Kuroda, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Yutaka Nakaya, Hiroshi Sakaue. Differential regulation of Actn2 and Actn3 expression during unfolded protein response in C2C12 myotubes. Journal of muscle research and cell motility. 2020
  • Toshihiko Shoji, Saeko Masumoto, Nina Moriichi, Yasuyuki Ohtake, Tomomasa Kanda. Administration of Apple Polyphenol Supplements for Skin Conditions in Healthy Women: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Clinical Trial. Nutrients. 2020. 12. 4
  • Masashi Kuroda, Rumi Onoyama, Waka Sasaki, Mayu Sebe, Tadahiro Kitamura, Saeko Masumoto, Rie Tsutsumi, Nagakatsu Harada, Hiroshi Sakaue. DNA methylation status influences insulin-induced glucose transport in 3T3-L1 adipocytes by mediating p53 expression. Biochemical and biophysical research communications. 2020
  • Masashi Kuroda, Misa Nishiguchi, Naho Ugawa, Etsuko Ishikawa, Yasuyo Kawabata, Saya Okamoto, Waka Sasaki, Yumiko Miyatake, Mayu Sebe, Saeko Masumoto, et al. Interferon regulatory factor 7 mediates obesity-associated MCP-1 transcription. PloS one. 2020. 15. 5. e0233390
  • Bando M, Masumoto S, Kuroda M, Tsutsumi R, Sakaue H. Effect of olive oil consumption on aging in a senescence-accelerated mice-prone 8 (SAMP8) model. The journal of medical investigation : JMI. 2019. 66. 3.4. 241-247
もっと見る
MISC (41件):
  • 升本 早枝子. モモの機能性における最新情報 (特集 機能性野菜・果樹の最新情報). 農耕と園藝 = Agriculture and horticulture : 野菜・花・果樹の技術情報誌. 2019. 74. 4. 20-23
  • 川端 康代, 黒田 雅士, 石川 悦子, 宇川 菜穂, 佐々木 和佳, 升本 早枝子, 堤 理恵, 阪上 浩. 肥大化脂肪細胞における転写因子IRF7の同定と生理的役割の検討. 肥満研究. 2018. 24. Suppl. 178-178
  • 三島 優奈, 堤 理恵, 宮武 由実子, 末政 直哉, 大谷 環樹, 兒玉 直子, 丹波 洋介, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 阪上 浩. PET/CTを用いた骨格筋糖取り込み能の測定. 肥満研究. 2018. 24. Suppl. 180-180
  • 徳里 望, 升本 早枝子, 坂東 正浩, 西岡 千夏, 高原 そら, 堤 理恵, 黒田 雅士, 阪上 浩. 老化促進モデルマウスにおいてリンゴ由来プロシアニジンが代謝や酸化ストレスに及ぼす影響. 肥満研究. 2018. 24. Suppl. 190-190
  • 松本 裕華, 堤 理恵, 山崎 幸, 竹治 香菜, 有賀 奈帆, 黒田 雅士, 升本 早枝子, 阪上 浩. 糖尿病モデルラットの筋萎縮に与える自発運動の意義. 肥満研究. 2018. 24. Suppl. 202-202
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (68件):
  • Intake of apple procyanidin improves cognitive function and gut microbiota in senescence accelerated mice.
    (The 9th International Conference on Polyphenol and Health 2019)
  • リンゴ由来プロシアニジンの摂取が老化モデルマウスの認知機能に及ぼす影響
    (第66回 日本食品科学工学会大会講演集 2019)
  • ストレプトゾトシン誘発糖尿病モデルラットの筋萎縮に与える自発運動の意義
    (四国医学雑誌 2019)
  • 血管内皮機能改善作用を有する新たな機能性脂質の同定
    (糖尿病 2019)
  • 肥大化脂肪細胞における転写因子IRF7の同定と生理的役割の検討
    (糖尿病 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2010 お茶の水女子大学 ライフサイエンス専攻
  • - 2005 日本女子大学 食物学科
  • - 1997 聖徳栄養短期大学 食品栄養学科 食品科学専攻
学位 (1件):
  • 生活科学 (お茶の水女子大学)
経歴 (8件):
  • 2019/04 - 現在 福島大学 食農学類 准教授
  • 2017/04 - 2019/03 徳島大学 医歯薬学研究部 代謝栄養学分野 特任助教
  • 2014/09 - 2017/03 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 研究員
  • 2010/09 - 2014/08 学校法人 北里研究所 北里大学 獣医学部 動物資源科学科 助教
  • 2006/06 - 2010/08 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品機能研究領域 契約研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2017/01 - SATテクノロジー・ショーケース2017 ベストアイディア賞
  • 2016/09 - 日本果汁協会 技術賞
  • 2009 - JSoff 2009 Young Investigator Award (日本フードファクター学会)
所属学会 (3件):
日本フードファクター学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本農芸化学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る