研究者
J-GLOBAL ID:200901076738393443   更新日: 2020年10月05日

成田 一衛

ナリタ イチエイ | Narita Ichiei
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.med.niigata-u.ac.jp/nephrol/
研究分野 (1件): 腎臓内科学
研究キーワード (8件): オミックス解析 ,  臨床ゲノム ,  腎不全 ,  IgA腎症 ,  糸球体腎炎 ,  腎臓病 ,  腎臓内科学 ,  臨床内科学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 腎性老化現象における粘膜免疫の役割
  • 2017 - 2020 難治性腎障害に関する調査研究
  • 2014 - 2018 ホロゲノム解析によるIgA腎症の病態解析と治療ターゲット探索
  • 2014 - 2017 腎臓病患者におけるiPS細胞由来腎糸球体上皮細胞の機能解析と病態解明
  • 2013 - 2016 慢性腎臓病の進行を促進する薬剤等による腎障害の早期診断法と治療法の開発
全件表示
論文 (485件):
  • Ryo Koda, Masafumi Tsuchida, Noriaki Iino, Go Hasegawa, Ichiei Narita. Glomerular involvement in disseminated nontuberculous mycobacterium infection. Kidney international. 2020. 98. 4. 1055-1055
  • Hirofumi Watanabe, Robert L Paxton, Matthew R Tolerico, Vidya K Nagalakshmi, Shinji Tanaka, Mark D Okusa, Shin Goto, Ichiei Narita, Seiji Watanabe, Maria Luisa S Sequeira-Lοpez, et al. Expression of Acsm2, a kidney-specific gene, parallels the function and maturation of proximal tubular cells. American journal of physiology. Renal physiology. 2020. 319. 4. F603-F611
  • Hitoshi Yokoyama, Ryohei Yamamoto, Enyu Imai, Shoichi Maruyama, Hitoshi Sugiyama, Kosaku Nitta, Tatsuo Tsukamoto, Shunya Uchida, Asami Takeda, Toshinobu Sato, et al. Better remission rates in elderly Japanese patients with primary membranous nephropathy in nationwide real-world practice: The Japan Nephrotic Syndrome Cohort Study (JNSCS). Clinical and experimental nephrology. 2020. 24. 10. 893-909
  • Tomomi Ishikawa-Tanaka, Michihiro Hosojima, Hideyuki Kabasawa, Ryohei Kaseda, Ryota Yasukawa, Yusuke Yata, Shoji Kuwahara, Emiko Kono, Takuma Takata, Noriaki Iino, et al. Effects of DPP-4 Inhibitors on Blood Glucose Variability in Japanese Patients with Type 2 Diabetes on Maintenance Hemodialysis: A Prospective Observational Exploratory Study. Diabetes therapy : research, treatment and education of diabetes and related disorders. 2020
  • Keiko Kabasawa, Kazutoshi Nakamura, Yumi Ito, Junta Tanaka, Ichiei Narita. Association between estimated GFR based on cystatin C and grip strength in community-dwelling Japanese older adults. The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences. 2020
もっと見る
MISC (438件):
  • 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業, 難治性疾患政策研究事業, 難治性腎障害に関する調査研究班, 編, 監修, 成田一衛. エビデンスに基づく多発性嚢胞腎PKD診療ガイドライン2020. 2020
  • 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業, 難治性疾患政策研究事業, 難治性腎障害に関する調査研究班, 編, 監修, 成田一衛. エビデンスに基づくネフローゼ症候群診療ガイドライン2020. 2020
  • 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業, 難治性疾患政策研究事業, 難治性腎障害に関する調査研究班 編(監修 成田一衛). エビデンスに基づく急速進行性腎炎症候群RPGN診療ガイドライン2020. 2020
  • 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)難治性腎障害に関する調査研究班 編(監修 成田一衛). エビデンスに基づくIgA腎症診療ガイドライン2020. 2020
  • 成田 一衛. 診療ガイドライン at a glance 腎疾患患者の妊娠:診療ガイドライン2017. 日本内科学会雑誌. 2019. 108. 8. 1579-1582
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • 保存期CKD患者におけるダルベポイエチンαに対する初期反応性に影響する因子:BRIGHTENスタディ
    (第62回日本腎臓学会学術集会・総会 2019)
  • 新たな妊娠高血圧症候群の定義:HDPって知ってる?
    (第48回日本腎臓学会西武学術大会 2018)
  • 腎専門医のもう一つの役割:薬剤性腎障害の対策
    (第61回日本腎臓学会学術総会サテライトシンポジウム 2018)
  • 透析そう痒症治療の今後の課題
    (第63回日本透析医学会学術集会・総会 2018)
  • 腎臓病克服へのマイルストーンと展望
    (第61回日本腎臓学会学術総会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (8件):
  • 2009/05/16 - 現在 新潟大学 医学部 医学科 教授
  • 2009/05/16 - 現在 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 内部環境医学 教授
  • 2009/05 - 現在 新潟大学医歯学総合研究科 腎研究センター 腎・膠原病内科学 教授
  • 2002/11/01 - 2009/05/15 新潟大学 医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻 准教授
  • 2000/04/01 - 2002/10/31 新潟大学 講師
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2020/04 - 現在 中部リウマチ学会 理事
  • 2019/04 - 現在 日本内科学会 監事
  • 2019/04 - 現在 日本腎臓リハビリテーション学会 理事
  • 2018/07 - 現在 日本腎臓病協会 理事
  • 2018/06 - 現在 日本腎臓学会 監事
全件表示
受賞 (7件):
  • 2019 - 日本腎臓財団 平成31年度学術賞
  • 2007 - 新潟大学医学部学士会 2007年度新潟大学有壬基金学術奨励賞
  • 2007 - 日本透析医学会 日本透析医学会2006年度学会賞(木本賞)
  • 2005 - 国際腎臓学会 3rd World Congress of Nephrology (Singapore) ASPN award
  • 2003 - 国際腎臓学会 2nd World Congress of Nephrology (Berlin) Best Abstract award
全件表示
所属学会 (6件):
日本人類遺伝学会 ,  日本腎臓病協会 ,  日本高血圧学会 ,  日本透析医学会 ,  日本腎臓学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る