研究者
J-GLOBAL ID:200901076776911970   更新日: 2020年05月08日

室井 康成

ムロイ ヤスナリ | Muroi Yasunari
研究分野 (3件): 文化人類学、民俗学 ,  思想史 ,  地域研究
研究キーワード (10件): 朝鮮 ,  韓国 ,  世相 ,  日本文化論 ,  東アジア近代史 ,  思想史 ,  政治文化 ,  民俗学 ,  事大主義 ,  民俗思想
論文 (15件):
  • 室井 康成. 現代民俗の形成と批判 : 「成人式」問題をめぐる一考察 (宇都榮子教授 退職記念号). 専修人間科学論集. 社会学篇. 2018. 8. 65-105
  • 室井 康成. 選挙粛正運動のメディア戦略-ポスター・絵ばなし・葉書-. TOBIO Critiques. 2015. 1. 75-89
  • 室井 康成. 希求される大統領像 : 韓国における〈政治神話〉の生成とその民俗的要因 (特集 民俗学の新しい沃野に向けて). 東洋文化 = Oriental culture. 2012. 93. 55-77
  • 室井 康成. 柳田国男と「事大主義」--同時代の言説空間における意味の特質 (日本における民俗研究の形成と発展に関する基礎研究) -- (学史研究の可能性--方法と射程). 国立歴史民俗博物館研究報告. 2011. 165. 81-96
  • 室井 康成. 「ガバナンス」の現在と民俗学研究の方向 (特集 日本民俗学の研究動向(二〇〇六-二〇〇八)). 日本民俗学. 2010. 262. 193-204
もっと見る
MISC (47件):
  • 室井 康成. 「平成」の神々考-民俗と聖地、二極化するコスモス. 『歴史REAL 日本の神々』(洋泉社). 2019. 116-119
  • 室井 康成. 【書評】小澤実編『近代日本の偽史言説-歴史語りのインテレクチュアル・ヒストリー』. 史潮. 2018. 84. 173-179
  • 室井 康成. 【書評】田澤晴子著『吉野作造と柳田国男-大正デモクラシーが生んだ「在野の精神」』. 日本民俗学. 2018. 296. 143-147
  • 室井 康成. 書評 杉本仁著 民俗選挙のゆくえ : 津軽選挙VS甲州選挙. 日本民俗学 = Bulletin of the Folklore Society of Japan. 2018. 293. 132-136
  • 室井 康成. 「平成元年」は、こんな時代だった!. 洋泉社MOOK『激動の平成史』. 2018
もっと見る
書籍 (13件):
  • 柳田国男以後・民俗学の再生に向けて-アカデミズムと野の学の緊張
    2019 ISBN:9784787763334
  • 事大主義 : 日本・朝鮮・沖縄の「自虐と侮蔑」
    中央公論新社 2019 ISBN:9784121025357
  • 動員のメディア・ミックス-〈創作する大衆〉の戦時下・戦後-
    思文閣出版 2017 ISBN:4784218971
  • 首塚・胴塚・千人塚-日本人は敗者とどう向きあってきたのか
    洋泉社 2015 ISBN:4800307805
  • “人”に向きあう民俗学 (叢書・“知”の森)
    森話社 2014 ISBN:4864050651
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2002 - 2008 総合研究大学院大学(総研大) 文化科学研究科 日本歴史研究専攻
  • 1999 - 2001 國學院大學 文学研究科 日本文学専攻
  • 1995 - 1999 國學院大學 文学部 文学科
学位 (2件):
  • 修士(文学) (國學院大學)
  • 博士(文学) (総合研究大学院大学(総研大))
経歴 (25件):
  • 2020/04 - 現在 法政大学 兼任講師
  • 2020/04 - 現在 専修大学 兼任講師
  • 2019/09 - 現在 東海大学 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 日本女子大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 現在 国際日本文化研究センター 共同研究員
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2016/10 - 現在 日本民俗学会 評議員
  • 2012/05 - 2014/05 現代民俗学会 運営委員
  • 2010/05 - 2014/05 現代民俗学会 研究企画委員
所属学会 (6件):
近現代史研究会 ,  柳田国男研究会 ,  京都民俗学会 ,  日本思想史学会 ,  日本文化人類学会 ,  日本民俗学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る