研究者
J-GLOBAL ID:200901076929242259   更新日: 2021年08月28日

松原 創

Hajime Matsubara
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail.php?id=4745https://ridb.kanazawa-u.ac.jp/public/detail_en.php?id=4745
研究分野 (1件): 水圏生産科学
研究キーワード (3件): 水産養殖 ,  種苗生産 ,  水圏生殖生物学
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2021 - 2023 見える化した魚類の真のストレスを軽減させる炭酸麻酔の分子作用機序の解明
  • 2020 - 2023 七尾湾におけるトラフグの嗅覚による産卵場の選択に関する研究
  • 2021 - 2022 能登で実践する持続可能な共創的里山里海養殖
  • 2021 - 2022 コロナ渦での産地直送の活イカを実現させるための技術開発
  • 2020 - 2021 能登里海資源の持続可能な利用をめざした共創的鮮魚流通技術開発
全件表示
論文 (47件):
  • Nakamura,M, Nozu,R, Nakamura, S, Higa,M, Bhandari,R.K, Kobayashi,Y, Horiguchi,R, Komatsu, T, Kojima,Y, Murata, R, et al. Morphological and physiological studies on sex change in tropical fish - Sexual plasticity of the ovaries of hermaphroditic and gonochoristic fish-. Galaxea. 2021
  • Kitamura,K, Hirayama, J, Tabuchi, Y, Minami,T, Matsubara, H, Hattori, A, Suzuki,N. Glyoxal-induced formation of advanced glycation end products in type 1 collagen decreases both its strength and flexibility in vitro. Journal of Diabetes Investigation. 2021
  • Zahangir, M.M.,Matsubara,H.,Ogiso,S.,Suzuki,N.,Ueda,H.,Ando,H. Expression dynamics of the genes for the hypothalamo-pituitary-gonadal axis in tiger puffer( Takifugu rubripes ) at different reproductive stages. General and Comparative Endocrinology. 2021. 301
  • Yamamoto, T, Ikegame, M, Hirayama, J, Kitamura, K, Tabuchi, Y, Furusawa, Y, Sekiguchi, T, Endo, M, Mishima, H, Seki, A, et al. Expression of sclerostin in;the regenerating;scales of goldfish;its increase under microgravity during;space flight. Biomedical Research. 2020. 41. 6. 279-288
  • Yamamoto, T, Ikegame, M, Kawago, U, Tabuchi, Y, Hirayama, J, Sekiguchi, T, Furusawa, Y, Yachiguchi, K, Matsubara, H, Urata, M, et al. Detection of RANKL-producing cells and osteoclastic activation by addition of exogenous RANKL in the regenerating scales of goldfish. Biological sciences in space. 2020. 34. 34-40
もっと見る
MISC (118件):
  • Suzuki, N, Kawago, U, Honda, M, Srivastav, A.K, Amornsakun, T, Matsumoto, K, Hirayama, J, Matsubara, H, Shimizu, N, Sekiguchi, T, et al. In vivo suppression of osteoclastic and osteoblastic activities of goldfish scales in water containing cadmium. 九州大学大学院農学研究院紀要. 2021. 66. 199-203
  • 松原創. 能登の里山里海で実践するオーガニック養殖. Ocean Newsletter. 2021. 505. 6-7
  • 近藤昌和, 安本信哉, 松原創. ヤツメウナギ類(カワヤツメ、シベリアヤツメ)の好中球の形態学的および細胞化学的特徴. 水産大学校研究報告. 2021. 69. 2. 41-49
  • 松原創, 永見新, 鈴木信雄, 藤井 寛之, 木下邦則, 中村將, 山内晧平, 長浜嘉孝, 柳町隆造. 能登の里海で実践するトラフグオーガニック養殖. アクアネット. 2021. 2. 50-53
  • 松原創. 能登里山里海ブランドの持続可能な漁業養殖業システムの開発. 北陸経済研究. 2020. 36-37
もっと見る
特許 (2件):
  • 魚類用麻酔剤及びその製造方法並びに該魚類用麻酔剤の使用期限を判別する方法
  • 魚類の飼育方法
書籍 (9件):
  • 魚類学の百科事典
    丸善出版 2018 ISBN:9784621303177
  • アクアバイオ学概論
    生物研究社 2016 ISBN:9784915342745
  • 水産海洋ハンドブック第3版
    生物研究社 2016
  • 生物産業学のフロンティア : フィールド研究と地域連携
    三共出版 2015 ISBN:9784782707319
  • エビ・カニ・ザリガニ-淡水甲殻類の保全と生物学-
    生物研究社 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (87件):
  • Expression profile of the genes in the HPG axis from young and adult tiger puffer during spawning season
    (日本動物学会 2019)
  • 北海道道東地域に産する魚類の受精(精子の卵門進入)の観察から
    (日本動物学会 2019)
  • 魚類における炭酸ガスの麻酔作用
    (日本水産学会 2019)
  • シシャモの初期発生を制御する環境要因
    (日本水産学会 2019)
  • 深海性高級魚キチジの種苗生産に関する研究-VI
    (日本水産学会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2003 - 2003 北海道大学
  • 2000 - 2003 北海道大学
  • 1998 - 2000 北海道大学
  • 1994 - 1998 農林水産省水産大学校 水産増殖
経歴 (8件):
  • 2018/09 - 現在 金沢大学 理工学域生命理工学系 教授
  • 2014/01 - 現在 ハンガリー聖イシュトバーン大学 養殖学科 客員教授
  • 2017/10 - 2018/08 東京農業大学 生物産業学部 アクアバイオ学科 教授
  • 2011/04 - 2017/09 東京農業大学 生物産業学部 アクアバイオ学科 准教授
  • 2007/04 - 2011/03 東京農業大学 生物産業学部 アクアバイオ学科 講師
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2021/07 - 現在 日本動物学会 中部支部委員
  • 2021/04 - 現在 日本水産増殖学会 日本水産増殖学会編集委員会
  • 2013/04 - 現在 特定非営利活動法人サーモンサイエンスミュージアム 副理事長
  • 2009/07 - 2017/08 日本動物学会 北海道支部委員
  • 2012/07 - 2013/03 特定非営利活動法人サーモンサイエンスミュージアム 理事長
全件表示
受賞 (7件):
  • 2018/11 - The Joint Symposium between Kanazawa University and Prince of Songkla University `Recent Advances in Marine Science, Aquaculture and Food Technology` Best poster award Reproduction of endangered Japanese crayfish, <I>Cambaroides japonicus </I>
  • 2018/11 - The Joint Symposium between Kanazawa University and Prince of Songkla University `Recent Advances in Marine Science, Aquaculture and Food Technology` Best poster award The carbon dioxide as fish anesthetic
  • 2016/02 - The 31st International Symposium on Okhotsk Sea & Sea Ice Aota Masaaki award
  • 2015/12 - 日本水産学会北海道支部大会 平成27年度日本水産学会北海道支部会最優秀学生講演賞 カワヤツメの寄生条件は限定される
  • 2012/12 - 日本水産学会北海道支部 平成24年度日本水産学会北海道支部会最優秀学生講演賞 安心・安全・安価・簡便なトラフグ麻酔剤の開発
全件表示
所属学会 (5件):
日本水産増殖学会 ,  日本魚類学会 ,  日本水産学会 ,  日本比較内分泌学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る