研究者
J-GLOBAL ID:200901076961187367   更新日: 2019年11月15日

小嶋 茂稔

コジマ シゲトシ | Kojima Shigetoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): アジア史、アフリカ史
研究キーワード (6件): 歴史教育 ,  史学史 ,  社会 ,  国家 ,  漢代 ,  中国
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 漢代を中心とする中国古代史,近現代日本東洋史学史,歴史教育における教員養成
MISC (30件):
  • 小嶋茂稔, 戸邉秀明. 藤間生大さんに聞く『歴史評論』の青春時代. 歴史評論. 2016. 800. 18-32
  • 『新制東洋史』に見る内藤湖南の中国史認識をめぐって -戦前期「東洋史」教育にみる「研究」と「教育」の架橋の一事例-. 史海. 2015. 62. 1-13
  • 現行教員免許制度下における教員養成のあり方をめぐって. 『歴史評論』. 2014. 774. 33-42
  • 那珂通世の「東洋史」教育構想-旧制中学校における「東洋史」教育教科内容の成立過程-. 『史海』. 2014. 61. 23-35
  • 漢魏交替と「貴族制」の成立をめぐって. 『歴史評論』. 2014. 769. 42-53
もっと見る
書籍 (9件):
  • 竹内好とその時代 歴史学からの対話
    有志舍 2018
  • 悪の歴史 東アジア編 上
    清水書院 2017 ISBN:9784389500634
  • 知っておきたい歴史の新常識
    勉誠出版 2017 ISBN:9784585221821
  • わかる・身につく歴史学の学び方
    大月書店(東京) 2016
  • 地下からの贈り物 新出土資料が語るいにしえの中国
    東方書店 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • 後漢の刺史の兵権行使に関する再検討
    (日本秦漢史学会第28回大会 2016)
  • 『新制東洋史』に見る内藤湖南の中国史認識をめぐって-戦前期「東洋史」教育にみる「研究」と「教育」の架橋の一事例-
    (東京学芸大学史学会2014年度大会 2014)
  • 「東洋史学」における中国古代史研究 -今までとこれから-
    (「シンポジウム 東洋史学100年からの展望」 2010)
  • 中国古代国家形成史研究の成果と課題
    (第6回メトロポリタン史学会秋季シンポジウム 「東アジアにおける国家形成」 2010)
  • 『新しい歴史教科書』のアジア認識の問題点
    (日本科学者会議第16回総合学術研究集会 2006)
もっと見る
Works (21件):
  • 中国考古学と出土資料
  • 長沙王后墓出土木牘を中心とする長沙で参観した簡牘類について
  • 1996年の歴史学界-回顧と展望- 東アジア(中国-戦国・秦漢)
  • (新刊紹介)渡辺信一郎著『天空の玉座-中国古代帝国の朝政と儀礼-』
  • 秦漢時代出土資料研究の近年の動向に関する覚書-第9回日本秦漢史研究会大会に参加して-
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2002 東京大学大学院 東アジア歴史社会
  • - 1992 東京大学 東洋史学
学位 (2件):
  • 博士(文学) (東京大学)
  • 修士(文学) (東京大学)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る