研究者
J-GLOBAL ID:200901077112859064   更新日: 2020年09月01日

吉崎 悟朗

ヨシザキ ゴロウ | Yoshizaki Goro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www2.kaiyodai.ac.jp/~goro/
研究分野 (2件): 水圏生産科学 ,  動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (5件): 魚類分子栄養学 ,  魚類繁殖生理学 ,  魚類発生工学 ,  Fish Reproductive Physiology ,  Fish Devlopmental Biotechnology
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 魚類発生工学
  • 魚類繁殖生理学
  • fish embryo manipulation
  • Fish reproduction
論文 (168件):
  • Wataru Kawamura, Reoto Tani, Hana Yahagi, Shigeharu Kamio, Tetsuro Morita, Yutaka Takeuchi, Ryosuke Yazawa, Goro Yoshizaki. Suitability of hybrid mackerel (Scomber australasicus × S. japonicus) with germ cell-less sterile gonads as a recipient for transplantation of bluefin tuna germ cells. General and comparative endocrinology. 2020. 113525-113525
  • Wataru Kawamura, Ryosuke Yazawa, Reoto Tani, Yutaka Takeuchi, Tetsuro Morita, Hiroyuki Yoshikawa, Goro Yoshizaki. Development of a simple method for sperm cryopreservation of Scombridae fishes in outdoor environments. AQUACULTURE RESEARCH. 2020
  • Zoran Marinovic, Qian Li, Jelena Lujic, Yoshiko Iwasaki, Zsolt Csenki, Bela Urbanyi, Goro Yoshizaki, Akos Horvath. Preservation of zebrafish genetic resources through testis cryopreservation and spermatogonia transplantation. Scientific Reports. 2019. 9. 13861
  • Rungsun Duangkaew, Ayara Jangprai, Kensuke Ichida, Goro Yoshizaki, Surintorn Boonarnuntanasarn. Characterization and expression of a vasa homolog in the gonads and primordial germ cells of the striped catfish (Pangasianodon hypophthalmus). Theriogenology. 2019. 131. 61-71
  • Kensuke Ichida, Wataru Kawamura, Misako Miwa, Yoshiko Iwasaki, Tsubasa Kubokawa, Makoto Hayashi, Ryosuke Yazawa, Goro Yoshizaki. Specific visualization of live type A spermatogonia of Pacific bluefin tuna using fluorescent dye-conjugated antibodies†. Biology of reproduction. 2019. 100. 6. 1637-1647
もっと見る
MISC (94件):
  • 川村亘, 矢澤良輔, 濱崎将臣, 竹内裕, 吉崎悟朗. 魚類の育種・養殖技術 2 代理親魚技法を用いた新たな養殖技術. アグリバイオ. 2018. 2. 4. 328-331
  • 壁谷 尚樹, 吉崎 悟朗. 遺伝子導入による養殖魚の高機能化 (特集 アグリ・フードから誕生した機能性食品). アグリバイオ = Agricultural biotechnology. 2017. 1. 4. 427-431
  • 矢澤 良輔, 竹内 裕, 吉崎 悟朗. 養殖産業における代理親魚技術の利用 : 飼育スペースや労力の軽減、育種の加速、生殖細胞バンクの構築など. アクアネット = Aqua net : 産地と消費地をネットする水産情報誌. 2016. 19. 9. 40-43
  • 矢澤良輔, 竹内裕, 吉川廣幸, 森田哲朗, 川村亘, 吉崎悟朗. 密度勾配遠心法によるクロマグロA型精原細胞濃縮技術の開発. 日本水産学会大会講演要旨集. 2016. 2016. 20
  • 川村亘, 矢澤良輔, 谷怜央人, 吉川廣幸, 竹内裕, 吉崎悟朗. サバ科魚類における野外での簡便な精子凍結法の開発. 日本水産学会大会講演要旨集. 2016. 2016. 66
もっと見る
特許 (5件):
書籍 (21件):
  • Medaka Biology, Management, and Experimental Protocols, Volume 2
    John Wiley & Sons 2020
  • 魚類発生学の基礎
    恒星社厚生閣 2018 ISBN:4769914857
  • 実験医学別冊 ラボ必携 フローサイトメトリーQ&A(正しいデータを出すための100箇条)(戸村道夫編)
    株式会社 羊土社 2017
  • 水産遺伝育種学(中嶋正道、荒井克俊、岡本信明、谷口順彦 編)
    東北大学出版会 2017
  • 水産海洋ハンドブック 第3版
    生物研究社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (164件):
  • 海の幸を技術で増やす
    (『MaOIフォーラム』設置記念セミナー 第2回セミナー 2019)
  • 水産業における最新技術動向:魚類の生殖細胞操作とその応用
    (発酵と代謝研究会 2019年度 第2回勉強会 2019)
  • 生殖幹細胞操作によるクロマグロ等の新たな受精卵供給法の開発
    (科学技術・学術審議会海洋開発分科会海洋生物委員会 2019)
  • Germ cell manipulation in fish: Can mackerel produce bluefin tuna offspring?
    (2019 年度 第 11 回在日科協碩博セミナー 回在日科協碩博セミナー-“生物機能の科学と応用” - 2019)
  • Structural basis of the trifunctionality of fatty acid desaturase in the
    (Marine Biotechnology Conference 2019 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1993 東京水産大学 資源育成学
  • - 1993 東京水産大学
  • - 1988 東京水産大学 水族養殖学
  • - 1988 東京水産大学
学位 (1件):
  • 博士(水産学) (東京水産大学)
経歴 (8件):
  • 2016/02 - 現在 東京海洋大学 学術研究院 教授
  • 2012/04 - 2016/01 東京海洋大学 大学院海洋科学技術研究科 教授
  • 2003/09 - 2012/03 東京海洋大学 海洋科学部海洋生物資源学科 助教授
  • 2002/11 - 2008/03 日本科学技術振興機構 さきがけ研究21 研究員併任
  • 2003/06 - 2003/08 東京水産大学 水産学部資源育成学科 助教授
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2018 - 現在 日本水産増殖学会 評議員
  • 2018 - 現在 日本水産学会 理事
  • 2017 - 現在 マリンバイオテクノロジー学会 理事
  • 2016 - 現在 日本繁殖生物学会 評議員
  • 2002 - 2016 マリンバイオテクノロジー学会 編集委員
全件表示
受賞 (11件):
  • 2017/04 - 読売新聞グループ本社 読売農学賞
  • 2017/04 - 日本農学会 日本農学賞
  • 2015/03 - (社)日本水産学会 日本水産学会賞
  • 2010/04 - 東京テクノフォーラム ゴールドメダル賞
  • 2007/03 - 日本学術振興会 日本学術振興会賞
全件表示
所属学会 (6件):
水産育種研究会 ,  日本繁殖生物学会 ,  Society for the study of reproduction ,  日本マリンバイオテクノロジー学会 ,  日本水産増殖学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る