研究者
J-GLOBAL ID:200901077181415020   更新日: 2020年08月31日

平澤 紀子

ヒラサワ ノリコ | Hirasawa Noriko
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 教育学研究科  教授
研究分野 (3件): 特別支援教育 ,  教育学 ,  特別支援教育
研究キーワード (32件): Special Education ,  特別支援教育 ,  包括的な行動的支援 ,  家族支援 ,  物理的環境 ,  知的障害養護学校・特殊学級在籍児 ,  QOL ,  事例研究 ,  行動問題改善プログラム ,  物理的環境整備 ,  家族の取り組み ,  発達障害児 ,  就学前の教育条件 ,  追跡調査 ,  質問紙調査 ,  事例調査 ,  SDQ ,  支援教室 ,  生起場面 ,  環境条件 ,  学校適応 ,  通常学級 ,  支援効果 ,  気になる・困った行動 ,  軽度発達障害児 ,  行動支援計画 ,  幼稚園 ,  幼児 ,  行動問題 ,  アセスメント ,  調査研究 ,  発達障害
競争的資金等の研究課題 (34件):
  • 2016 - 2019 就学前から継続した小学校段階の行動問題予防プログラムの開発
  • 2013 - 2016 就学前の有効な支援情報を活用した小学校入学時からの行動問題予防プログラムの開発
  • 2013 - 2016 就学前の有効な支援情報を活用した小学校入学時からの行動問題予防プログラムの開発
  • 2013 - 2015 就学前の有効な支援情報を活用した小学校入学時からの行動問題予防プログラムの開発
  • 2013 - 2015 就学前の有効な支援情報を活用した小学校入学時からの行動問題予防プログラムの開発
全件表示
論文 (97件):
  • 平澤 紀子. 就学前から小学校への支援情報引き継ぎシートに関する検討. 岐阜大学教育学部特別支援教育センター年報. 2019. 26. 11-15
  • 納戸 美佐子, 平澤 紀子, 上城 憲司, 井上 忠俊, 中村 貴志. 認知症高齢者の食事拒否に対する応用行動分析を用いた対応方法の検討. 日本認知症ケア学会誌. 2019. 17. 4. 726-734
  • 坂本 裕, 平澤 紀子, 出口 和宏, 冲中 紀男, 日比 曉, サカモト ユタカ, ヒラサワ ノリコ, デグチ カズヒロ, オキナカ ノリオ, ヒビ アキラ, et al. 教職大学院における特別支援学校管理職研修モデルの検討 : 特別支援学校管理職の職能に関する調査研究に基づいて. 岐阜大学教職大学院紀要 = Journal of the Graduate School for Teaching Profession, Gifu University. 2019. 2. 2. 63-72
  • 平澤 紀子. 支援者の実行を支えるサポートースクールワイドPBSからー. 行動分析学研究. 2019. 33. 2. 118-127
  • 平澤 紀子. 行動問題を示す発達障害児を担当する小学校1年の担任を対象とした機能的アセスメント研修に関する検討:就学前の支援情報を用いた特別支援教育コーディネーターとのペア研修から. 発達障害研究. 2018. 40. 4
もっと見る
MISC (12件):
  • Attaining reliable outcomes from positive behavior support in education and welfare: a discussion. japanese Jpuranl of Behavior Analysis. 2004. 18(2)
  • Reviwe of Positive Behavioral Support: From effective approach in daily context perspective. The Japanese Journal of Special Education. 2003. in press
  • Metodologies for effective planning in home based Positive Behaviorl Support for persons with developmental disabilities who exhibited challenging behavior and their family. Bulletin of Seinan Jo-Gakuin University. 2002. 6, 104-110
  • Care management practice for person with mental retardation : Support for an adolescent with wandering and interpersonal problem and his family. The Japanese jounal of Mental Retardation. 2002. 26(1), 26-34
  • Task instruction based on the functional assessement for a children with severe mental retardation who exhibited severe head banging:Through shaping the task procedure and setting the opportunities of choice making. The Japanese jounal of Special Education. 2002. 40(3), 313-321
もっと見る
書籍 (20件):
  • 発達障害のある子のABAケーススタディ : 8つの視点でうまくいく! : アセスメントからアプローチへつなぐコツ
    中央法規出版 2013 ISBN:9784805838822
  • 発達障害のある子の「困り」を「育ち」につなげる!
    学研教育出版, 学研マーケティング (発売) 2013 ISBN:9784054056046
  • 教師のための気になる・困った行動から読み解く子ども支援ガイド
    学苑社 2011 ISBN:9784761407414
  • 応用行動分析学から学ぶ子ども観察力&支援力養成ガイド : 発達障害のある子の行動問題を読み解く!
    学研教育出版, 学研マーケティング (発売) 2010 ISBN:9784054045217
  • 軽度発達障害児指導法
    ナカニシヤ出版 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (68件):
  • インクルーシブ教育の構築に向けた行動分析学の貢献と課題(大会企画シンポジウム)
    (日本行動分析学会年次大会プログラム・発表論文集 2013)
  • D-12 行動問題を示す発達障害児への機能的アセスメントを用いた前向きな就学移行支援(ポスター発表)
    (日本行動分析学会年次大会プログラム・発表論文集 2012)
  • 発達障害児者の行動問題から教育・福祉の充実を目指すPBS(4) : 新たな適応行動をどのようにつくりだすか(自主シンポジウム32,日本特殊教育学会第48回大会シンポジウム報告)
    (特殊教育学研究 2011)
  • 発達障害のある人の生活の向上を目指す積極的行動支援(招待講演3,切れる最新の理論と途切れない地道な実践)
    (日本行動療法学会大会発表論文集 2010)
  • 発達障害児者の行動問題から教育・福祉の充実を目指すPBS(3) : 見えない適応行動をどのように創出し、支援していくのか(自主シンポジウム30,日本特殊教育学会第47回大会シンポジウム報告)
    (特殊教育学研究 2010)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1991 - 1993 上越教育大学 障害児教育
  • - 1993 上越教育大学
  • 1987 - 1991 新潟大学 行動科学
  • - 1991 新潟大学
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (筑波大学)
経歴 (7件):
  • 2013 - 岐阜大学 教育学研究科(研究院) 教授
  • 1999/04/01 - 2004/03/31 西南女学院大学保健福祉学部福祉学科
  • 2002 - 2004 西南女学院大学 助教授
  • 1999 - 2002 西南女学院大学 講師
  • 1994/04/01 - 1999/03/31 新潟県立高等養護学校
全件表示
所属学会 (4件):
日本自閉症スペクトラム学会 ,  日本発達障害学会 ,  日本行動分析学会 ,  日本特殊教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る