研究者
J-GLOBAL ID:200901077446632362   更新日: 2020年09月01日

久武 勝保

ヒサタケ マサヤス | Hisatake Masayasu
所属機関・部署:
職名: 教授,教授
研究分野 (2件): 地盤工学 ,  土木材料、施工、建設マネジメント
研究キーワード (8件): 数値解析法 ,  岩盤力学 ,  地下空間工学 ,  トンネル工学 ,  Tunnel Engineering ,  Numerical Analysis ,  Underground Space Technology ,  Rock Mechanics
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2004 - ロボットを用いた遠心模型実験によるトンネル切羽周辺地盤の挙動解明
  • 2000 - CEM数値解析によるトンネル切羽周辺地盤の挙動解明
  • トンネル建設時における周辺地盤の影響評価
  • トンネル覆工の安定性評価
  • トンネル建設費用最適化の研究
全件表示
論文 (15件):
MISC (79件):
書籍 (6件):
  • 山岳トンネルにおける模型実験と数値解析の実務
    土木学会 2006
  • 最新土質力学(第2版)
    朝倉書店 2003
  • 地盤と構造物との相互作用:数値解析とモデル化
    1994
  • Soil Structure Interaction : Numerical Analysis and Modelling
    E&FN SPON 1994
  • 文部省 学術用語集 土木工学編(増訂版)
    土木学会 1990
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 地すべり挙動に及ぼすトンネル建設の影響
    (第67回土木学会年次学術講演会 2012)
  • トンネル崩壊挙動に関する模型実験
    (第67回土木学会年次学術講演会 2012)
  • 地すべりに及ぼすトンネルの影響に関する遠心模型実験
    (日本地すべり学会第51回研究発表会 2012)
  • トンネル施工における鏡止めボルト・核残し工法の切羽安定効果の検討
    (第63回土木学会学術講演会 2008)
  • トンネルにおける3次元逆解析法
    (土木学会第59回年次学術講演会(第III部門) 2004)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1974 神戸大学 土木工学
  • - 1974 神戸大学
  • - 1971 立命館大学 土木工学科
  • - 1971 立命館大学
学位 (2件):
  • 工学博士 (大阪大学)
  • 工学修士 (神戸大学)
経歴 (4件):
  • 1974 - 1986 大阪大学
  • 1974 - 1986 大阪大学
  • 1986 - - 近畿大学
  • 1986 - - Kinki University
受賞 (1件):
  • 1983 - 土木学会論文奨励賞
所属学会 (9件):
日本材料学会 ,  日本トンネル技術協会 ,  日本応用地質学会 ,  地盤力学におけるコンピュータ手法と進歩に関する国際協会(International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics) ,  世界トンネル協会(International Tunneling Association) ,  国際地盤工学会(International Society for Soil Mechanics and geotechnical Engineering) ,  岩の力学国際学会(International Society for Rock Mechanics) ,  地盤工学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る