研究者
J-GLOBAL ID:200901077550049261   更新日: 2020年09月01日

泉 賢一

イズミ ケンイチ | Izumi Kenichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 動物生産科学 ,  動物生産科学
研究キーワード (5件): 飼料 ,  牛群管理 ,  栄養学 ,  ルーメン ,  乳牛
論文 (22件):
  • R. Fukumori, M. Oba, K. Izumi, M. Otsuka, K. Suzuki, S. Gondaira, H. Higuchi, S. Oikawa. Effects of butyrate supplementation on blood glucagon-like peptide-2 concentration and gastrointestinal functions of lactating dairy cows fed diets differing in starch content. Journal of Dairy Science. 2020
  • K Izumi, R Fukumori, S Oikawa, M Oba. Short communication: Effects of butyrate supplementation on the productivity of lactating dairy cows fed diets differing in starch content. Journal of dairy science. 2019. 102. 12. 11051-11056
  • Min Aung, Hiromichi Ohtsuka, Kenichi Izumi. Effect of yeast cell wall supplementation on production performances and blood biochemical indices of dairy cows in different lactation periods. Veterinary world. 2019. 12. 6. 796-801
  • Kenichi Izumi, Tatuya Tamura, Ryoya Fujii, Hiroki Nakatsuji, Shigeru Morita. Effects of substituting kraft pulp with corn silage on dry matter intake, ruminal mat formation, rumen fermentation, and rumination activity in non-lactating cows. Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho. 2019. 90. 2. 205-213
  • Jun Noda, Kenichi Izumi, Yutaka Tamura. Investigation of chromated copper arsenate-treated waste wood used for bedding material in the Hokkaido area. Japanese Journal of Veterinary Research. 2018. 66. 1. 57-62
もっと見る
MISC (62件):
  • 泉 賢一. 技術ワイド 飼料設計と給餌法を見直す. デーリィマン. 2019. 2019年11月. 69(11). 38-39
  • 泉 賢一. 飼料給与と乳牛の健康 -ルーメンの健康を意識した飼料給与-. ファーマーズアイ. 2019. 2019夏号. Vol. 317. 3-9
  • 泉 賢一. 災害の発生、その時どうしますか?-災害時における飼養管理上の注意点-. 牧草と園芸. 2019. 2019年. 1月号. 5-10
  • 泉 賢一. 環境にやさしい牛の飼い方とは-ルーメン環境を最適化すると環境負荷は低減する-. 酪農ジャーナル電子版(酪農PLUS). 2018
  • 泉賢一. 暑熱ダメージからの回復 2)適切な粗飼料切断長で発酵熱抑えルーメン機能も確保 酵母や生菌剤は牛群に合う商品を選ぶ. Dairyman. 2018. 68. 10. 38-39
もっと見る
書籍 (10件):
  • これからの乳牛群管理のためのハードヘルス学
    緑書房 2017 ISBN:9784895313193
  • DAIRY Professional(4) 乳牛の栄養学 ウルトラライト版~牛舎でわかる乳牛栄養学~(デーリィジャパン 増刊)
    デーリィ・ジャパン社 2016
  • 牛は訴えている~カウコンフォートの重要性~ 2013年2月臨時増刊号(DVD付)
    デーリィ・ジャパン社 2013
  • 最新サイレージバイブル-サイレージとTMRの調製と給与 (酪農ジャーナル臨時増刊号)
    酪農学園大学エクステンションセンター 2012 ISBN:4902786192
  • 乳牛群の健康管理のための環境モニタリング (酪農ジャーナル臨時増刊号)
    酪農学園大学エクステンションセンター 2011 ISBN:4902786168
もっと見る
講演・口頭発表等 (105件):
  • TMR調製時の撹拌時間が泌乳牛の選択採食および乳生産におよぼす影響
    (日本畜産学会第127回大会 2020)
  • 乳房の構造と泌乳生理、インテリジェント牛舎見学
    (酪農ヘルパー講習会初任者研修 2020)
  • 乳房の構造と泌乳生理、インテリジェント牛舎見学
    (酪農ヘルパー講習会中堅研修 2020)
  • 乳牛における酪酸塩の補給がSARA誘導時の炎症反応に及ぼす影響
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
  • 泌乳牛における飼料中デンプン含量の違いと酪酸サプリメント給与の有無が血中GLP-2濃度と全消化管消化率に及ぼす影響
    (第162回日本獣医学会学術集会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1995 - 1997 北海道大学 畜産学専攻
  • 1993 - 1995 北海道大学 畜産学科
  • 1991 - 1993 北海道大学 理III系
  • 1987 - 1990 北海道札幌南高校
学位 (2件):
  • 博士(農学) (北海道大学)
  • 修士(農学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 2015/04 - 現在 酪農学園大学 農食環境学群循環農学類 教授
  • 2011/04 - 2015/03 酪農学園大学 農食環境学群循環農学類 准教授
  • 2010/04 - 2011/03 酪農学園大学 附属農場 准教授
  • 2002/04 - 2010/03 酪農学園大学 附属農場 講師
  • 1998/04 - 2002/03 酪農学園大学 附属農場 助手
委員歴 (7件):
  • 2019/04 - 2021/03 北海道畜産草地学会 編集委員(栄養・飼養分野)
  • 2019/04 - 2021/03 日本草地学会 A編集幹事
  • 2010/04 - 2012/03 私立大学畜産学教育研究会 会計幹事
  • 2009/04 - 2011/03 北海道畜産学会 編集幹事
  • 2006/04 - 2008/03 北海道家畜管理研究会 庶務幹事
全件表示
受賞 (1件):
  • 2016/08 - 北海道畜産草地学会 学会賞
所属学会 (5件):
American Dairy Science Association (ADSA) ,  日本畜産学会 ,  北海道畜産草地学会 ,  日本家畜管理学会 ,  日本草地学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る