研究者
J-GLOBAL ID:200901077688238162   更新日: 2020年10月14日

高椋 利幸

タカムク トシユキ | TAKAMUKU Toshiyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://solution.chem.saga-u.ac.jp/eng/
研究分野 (3件): 分析化学 ,  無機・錯体化学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (7件): 中性子散乱 ,  X線散乱 ,  錯体化学 ,  溶液化学 ,  X-ray and Neutron Scattering ,  Coordination Chemistry ,  Solution Chemistry
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2021 イオン液体-分子性液体混合溶媒のUCST型及びLCST型相分離の分子論的解明
  • 2014 - 2017 軟X線分光法によるイオン液体中における金属錯体の構造と電子状態
  • 2011 - 2012 マントル遷移層をモデル化した超高温・高圧下での水素結合性液体と溶媒和イオンの構造
  • 2010 - 2012 π電子相互作用が寄与するイオン液体の会合体形成と圧力による相転移
  • 2007 - 2008 常温イオン液体を吸着剤とした分子性液体の吸着・吸収挙動と構造
全件表示
論文 (104件):
  • Masatoshi Ando, Masahiro Kawano, Atsuya Tashiro, Toshiyuki Takamuku, Hideaki Shirota. Low-Frequency Spectra of 1-Methyl-3-octylimidazolium Tetrafluoroborate Mixtures with Methanol, Acetonitrile, and Dimethyl Sulfoxide: A Combined Study of Femtosecond Raman-Induced Kerr Effect Spectroscopy and Molecular Dynamics Simulations. The Journal of Physical Chemistry B. 2020. 124. 36. 7857-7871
  • Toshiyuki Takamuku, Misaki Yamamoto, Takahiro To, Masaru Matsugami. Solvation Structures of Tetraethylammonium Bromide and Tetrafluoroborate in Aqueous Binary Solvents with Ethanol, Trifluoroethanol, and Acetonitrile. The Journal of Physical Chemistry B. 2020. 124. 24. 5009-5020
  • M. Kawano, K. Sadakane, H. Iwase, M. Matsugami, B. A MAREKHA, A. Idrissi, T. Takamuku. Mixing states of imidazolium-based ionic liquid, [C4mim][TFSI], with cycloethers studied by SANS, IR, NMR, and MD simulations. Physical Chemistry Chemical Physics. 2020. 22. 5332-5346
  • Takahiro To, Hiroaki Mizusaki, Asami Murai, Masaru Matsugami, Toshiyuki Takamuku. Conformational change of L-phenylalanine in fluorinated alcohol-water mixed solvents studied by IR, NMR, and MD simulations. Journal of Molecular Liquids. 2019. 290. 111192-111192
  • Hikari Watanabe, Tatsuya Umecky, Nana Arai, Andreas Nazet, Toshiyuki Takamuku, Kenneth R. Harris, Yasuo Kameda, Richard Buchner, Yasuhiro Umebayashi. Possible proton conduction mechanism in pseudo-protic ionic liquids: A concept of specific proton conduction. Journal of Physical Chemistry B. 2019. 123. 29. 6244-6252
もっと見る
MISC (28件):
  • 櫻井裕之, 川頭祐太郎, 山田泰教, 梅木辰也, 小堤和彦, 高椋利幸. イミダゾリウム系イオン液体-分子性液体混合溶液中におけるCo2+,Ni2+の錯形成に対するイオン液体アルキル鎖長依存性. 溶液化学シンポジウム講演要旨集. 2016. 39th. 92
  • 梅木辰也, 後藤瑛裕, 林直樹, 高椋利幸. グアニジンを用いたDeep Eutectic MixturesのCO2化学吸収. 溶液化学シンポジウム講演要旨集. 2016. 39th. 110
  • 川頭祐太郎, 保家宇宙, 山田泰教, 梅木辰也, 小堤和彦, 高椋利幸. イミダゾリウム系イオン液体と分子性液体混合溶液中におけるCo2+およびNi2+の錯形成平衡. 溶液化学シンポジウム講演要旨集. 2015. 38th. 73
  • Aggregation of Imidazolium-based Ionic Liquid, C12mimNO3, in Water and Benzene. 2011. #1253
  • Studies on Phase Separation of Water-Miscible Organic Solvents-Water Mixtures by Addition of Several Solutes. 2011. #1252
もっと見る
書籍 (3件):
  • 材料表面の親水・親油の評価と制御設計
    テクノシステム 2016 ISBN:9784924728769
  • 水ハンドブック
    丸善 2003 ISBN:4621071602
  • Clusters in Ethanol-Water Binary Solutions Studied by Mass Spectrometry and X-ray Diffraction
    Structures and Dynamics of Clusters, Academy Press Inc. 1996
講演・口頭発表等 (53件):
  • Complex Formation of Ni with Acetonitrile;Methanol;Dimethyl Sulfoxide;in;Imidazolium-based Ionic Liquids
    (錯体化学会第70回討論会, Sympojium S3 New Era of Bioinorganic Chemistry Developed by the Quantum Beam and High Performance Computational Science 2020)
  • ホウ酸と低分子アルコールおよびヒドロキシ酸との錯生成反応と錯体構造
    (日本分析化学会第69年会 2020)
  • イミダゾリウム系イオン液体C8mimBF4と種々のアミド分子との微視的相互作用
    (第42回溶液化学シンポジウム 2019)
  • イミダゾリウム系イオン液体中におけるNi(II)イオンと分子性液体との錯形成に対するアルキル鎖長の効果
    (第42回溶液化学シンポジウム 2019)
  • イミダゾリウム系イオン液体C2mimTFSA中におけるNI(II)イオンと環状分子,シクロエーテル,およびピリジンとの錯形成平衡
    (第42回溶液化学シンポジウム 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • Cluster Stricture in trifluoer ethanol-Water Mixtures
    2001 -
  • トリフルオロエタノール-水混合溶液中のクラスター構造
    2001 -
  • Cluster Formation in Water-Miscible Organic Solvent-Water Mixtures
    1995 -
  • 水溶性有機溶媒-水混合溶液中のクラスター形成
    1995 -
学歴 (3件):
  • - 1993 福岡大学 化学専攻
  • - 1987 東京工業大学 電子化学専攻
  • - 1985 熊本大学 化学
学位 (2件):
  • 理学修士 (東京工業大学)
  • 博士(理学) (福岡大学)
経歴 (8件):
  • 2012 - 現在 教授
  • 2007 - 2012 佐賀大学 准教授
  • 1997 - 2007 佐賀大学 助教授
  • 1996 - 1997 福岡大学 助手
  • 1996 - 1997 Fukuoka University, Research Associate
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2020/04 - 現在 九州シンクロトロン光研究センター 県有ビームライン課題評価委員
  • 2019/12 - 現在 一般財団法人 総合科学研究機構 中性子課題審査分科会委員
  • 2019/04 - 現在 Japanese Molecular Liquids Group Chair
  • 2018/04 - 現在 国立大学法人佐賀大学 総合分析実験センター センター長
  • 2018/01 - 現在 日本化学会 Bull. Chem. Soc. Jpn編集委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2010 - 溶液化学研究会 溶液化学研究会学術賞
所属学会 (12件):
American Chemical Society ,  錯体化学会 ,  日本中性子科学会 ,  溶液化学研究会 ,  日本分析化学会 ,  日本化学会 ,  American Chemical Society ,  Japan Society of Coordination Chemistry ,  The Japanese Society of Neutron Science ,  Society of Solution Chemistry ,  Japan Society for Analytical Chemistry ,  Chemical Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る