研究者
J-GLOBAL ID:200901077688804923   更新日: 2020年04月01日

中村 常之

ナカムラ ツネユキ | Nakamura Tsuneyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究キーワード (2件): Kawasaki disease ,  川崎病
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2015 - 2017 川崎病性血管炎が弾性血管のウインドケッセル機能に与える影響とその機序の解明
  • 2010 - 2010 小児がん生存者(Childhood Cancer Survivor)の長期心毒性に対する新しい評価法の開発
  • 2007 - 2008 川崎病発症に自己免疫機序が関与している:モデルマウスを用いた分子相同仮説の検証
  • 2004 - 2005 非定型抗酸菌を用いたモデルマウスによる川崎病の解明に関する研究
論文 (79件):
  • 三井善崇, 中村常之, 清水一秀, 岡本宣浩, 土岐 真, 橘髙祐子, 高 儀容, 秋田千里, 佐藤仁志, 岡田直樹, et al. 小児心臓聴診トレーニングとしての電子聴診器の活用の実際. 金沢医科大学雑誌. 2015. 40. 201-204
  • R.Takahiro, S.Nakamura, H.Kohno, N.Yoshimura, T.Nakamura, S.Ozawa, K.Hirono, F.Ichida, M.Taguchi. Contribution of CYP3A isoforms to dealkylation of PDE5 inhibitors: A comparison between sildenafil N-demethylation and tadalafil demethylenation. Biological & pharmaceutical bulletin. 2015. 38. 1. 58-65
  • 中村常之, 秋田千里, 中村利美, 犀川 太. 重症例をエラスターゼ阻害薬で治療する. 小児科診療. 2015. 78. 3. 379-383
  • 山下陽子, 中村常之, 丸岡達也, 原 将充, 岡田政彦, 中村利美, 犀川 太. 10歳未満の小児インフルエンザ感染症におけるラニナミビルの吸入指導の効果. 外来小児科. 2015. 18. 1. 92-96
  • 橘髙祐子, 岡本宣浩, 土岐 真, 高 儀容, 小栗真人, 秋田千里, 中村常之, 犀川 太. 川崎病急性期における線溶系の推移. Progress in Medicine. 2015. 35. 7. 1112-1115
もっと見る
講演・口頭発表等 (248件):
  • 短期間で平坦脳波となった出血性ショック脳症症候群の1例
    (第315回日本小児科学会北陸地方会・第14回日本小児科学会石川地方会 2015)
  • 下血および急激な貧血進行を契機に診断した出血性メッケル憩室の乳児症例から学んだこと
    (第315回日本小児科学会北陸地方会・第14回日本小児科学会石川地方会 2015)
  • 哺乳開始前より血便を認め、体重減少、代謝性アシドーシスを呈した新生児-乳児消化管アレルギーの一例
    (第52日本小児アレルギー学会 2015)
  • 突発性肺動脈性肺高血圧症の一例
    (第20回北陸小児救急・集中治療研究会 2015)
  • ラニナミビルオクタン酸エステル製剤の吸入失敗を防止する器具の開発
    (第48回日本薬剤師会学術大会 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 富山医科薬科大学
学位 (1件):
  • 博士(医学)
受賞 (1件):
  • 2008/07 - 金沢医科大学医学会 Vasculitis induced by immunization with Bacillus Calmette-Guerin followed by atypical mycobacterium antigen: a new mouse model for Kawasaki disease.,FEMS Immunol. Med. Microbiol.,49:391-397,2007. 金沢医科大学医学会「論文表彰」
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る