研究者
J-GLOBAL ID:200901078064781798   更新日: 2020年10月19日

有川 智博

アリカワ トモヒロ | Arikawa Tomohiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 免疫学
研究キーワード (7件): immune tolerance ,  autoimmune disease ,  Galectin-9 ,  regulatory T cell ,  Rheumatoid arthritis ,  autoimmune disease ,  Galectin-9
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2020 好中球分化における糖鎖及びガレクチン9の役割の解明
  • 2017 - 2020 胎盤栄養膜細胞の浸潤性細胞への分化制御におけるガレクチンファミリーの役割
  • 2016 - 2019 母胎間シグナル伝達による胎児大脳皮質インターニューロンの産生誘導機構
  • 2014 - 2017 胎盤栄養膜細胞の浸潤能獲得におけるガレクチンファミリーによる制御機構
  • 2012 - 2014 ガレクチン制御性オートファジーを介した胎盤形成機構の解明
全件表示
論文 (28件):
  • Koichi Okuda, Naoto Watanabe, Mitsumasa Hashimoto, Mariko Doai, Yasuyuki Kawai, Tomoko Takahashi, Tomohiro Arikawa, Kazumasa Ooiso, Yumi Sunatani, Kuniyoshi Iwabuchi, et al. Preliminary quantitative evaluation of radiation-induced DNA damage in peripheral blood lymphocytes after cardiac dual-isotope imaging. Applied radiation and isotopes : including data, instrumentation and methods for use in agriculture, industry and medicine. 2019. 154. 108890-108890
  • Hiromi Sakata-Haga, Maimi Uchishiba, Hiroki Shimada, Tsuyoshi Tsukada, Mayumi Mitani, Tomohiro Arikawa, Hiroki Shoji, Toshihisa Hatta. A rapid and nondestructive protocol for whole-mount bone staining of small fish and Xenopus. Scientific reports. 2018. 8. 1. 7453-7453
  • Kyosuke Kanai, Ah-Mee Park, Akiko Watanabe, Tomohiro Arikawa, Teruhito Yasui, Hiroki Yoshida, Ikuo Tsunoda, Osamu Yoshie. Murine gamma-Herpesvirus 68 Induces Severe Lung Inflammation in IL-27 Deficient Mice with Liver Dysfunction Preventable by Oral Neomycin. JOURNAL OF IMMUNOLOGY. 2018. 200. 8. 2703-2713
  • Tomohiro Arikawa, Shengjun Liao, Hiroki Shimada, Tomoki Inoue, Hiromi Sakata-Haga, Takanori Nakamura, Toshihisa Hatta, Hiroki Shoji. Galectin-4 expression is down-regulated in response to autophagy during differentiation of rat trophoblast cells. Scientific reports. 2016. 6. 32248-32248
  • Eriko Simamura, Tomohiro Arikawa, Takayuki Ikeda, Hiroki Shimada, Hiroki Shoji, Hiroko Masuta, Yuriko Nakajima, Hiroki Otani, Hideto Yonekura, Toshihisa Hatta. Melanocortins contribute to sequential differentiation and enucleation of human erythroblasts via melanocortin receptors 1, 2 and 5. PloS one. 2015. 10. 4. e0123232
もっと見る
MISC (36件):
  • 亀岡 淳一, 内海 衣恵, 中村 豊, 有川 智博, 渡部 俊彦, 大野 勲. アカデミックな質問力向上のための教育法の開発 東北医科薬科大学における教育実践の報告. 医学教育. 2020. 51. Suppl. 162-162
  • 豊島 かおる, 中村 豊, 賀来 満夫, 大野 勲, 宍戸 史, 目時 弘仁, 河合 佳子, 川本 俊輔, 亀岡 淳一, 佐々木 貴志, et al. パンデミック下の "新しい教育様式". 医学教育. 2020. 51. 3. 222-223
  • 奥田 光一, 渡邉 直人, 橋本 光正, 道合 万里子, 河合 康幸, 高橋 知子, 有川 智博, 大磯 一誠, 砂谷 優実, 岩淵 邦芳, et al. 心筋シンチグラフィにおけるγH2AXを用いた末梢血リンパ球の放射線障害の評価. 核医学. 2018. 55. Suppl. S216-S216
  • 坂田 ひろみ, 内芝 舞実, 島田 ひろき, 塚田 剛史, 三谷 真弓, 有川 智博, 東海林 博樹, 八田 稔久. 小型魚類とアフリカツメガエルのための新規迅速骨染色法とその応用. 日本毒性学会学術年会. 2018. 45. 0. P-161
  • Mitomo Ayaka, Arikawa Tomohiro, Liao Shengjun, Sakata-Haga Hiromi, Shimada Hiroki, Hatta Toshihisa, Hirashima Mitsuomi, Kawabata Hiroshi, Shoji Hiroki. Galectin-9によるマウス血小板生成作用の解析(Galectin-9 positively regulates platelet production in mice). 臨床血液. 2017. 58. 9. 1669-1669
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • ガレクチン9はO-グリカンを介してTh17細胞への分化を抑制する
    (第39回日本免疫学会総会・学術集会 2009)
  • Galectin-9 ameliorates immune complex-induced arthritis by regulating FcgR expression on macrophages
    (第39回日本免疫学会総会・学術集会 2009)
  • マクロファージとその機能 ガレクチン9は骨髄由来抑制性マクロファージ誘導によりT細胞による炎症を抑制する(Expansion of myeloid suppressor cells by galectin-9 ameliorates T cell-mediated inflammation)
    (日本免疫学会総会・学術集会記録 2008)
  • ガレクチン-9はC5aの産生阻害により抗コラーゲン抗体誘導関節炎を抑制する
    (日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウムプログラム・抄録集 2008)
  • ホメオドメインタンパク質HOXA-13のヘリックス3の変異は生体内でドミナントネガティブ型として作用する
    (日本発生生物学会大会講演要旨集 2002)
学位 (2件):
  • 博士(医学) (香川大学医学系研究科)
  • 修士(理学) (名古屋大学理学研究科生命理学専攻)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 東北医科薬科大学 医学教育推進センター 准教授
  • 2018/04 - 2019/03 金沢医科大学 一般教育機構(生物学) 准教授
  • 2011/08 - 2018/03 金沢医科大学 一般教育機構(生物学) 講師
  • 2007/04 - 2011/07 香川大学 医学部 免疫病理学 助教
  • 2010 - 2011 Duke University, Department of Immunology Postdoctoral researcher
受賞 (1件):
  • 香川大学 学長表彰
所属学会 (3件):
日本免疫学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本糖質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る