研究者
J-GLOBAL ID:200901078412929737   更新日: 2024年02月29日

上野 恭子

ウエノ キヨウコ | Ueno Kyoko
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 臨床看護学 ,  高齢者看護学、地域看護学
研究キーワード (10件): 共感 ,  クリティカル看護 ,  リエゾン精神看護 ,  うつ病 ,  統合失調症 ,  精神看護学 ,  Liaison Nursing ,  Dpression ,  Schizophrenia ,  Psychiatric Nursing
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2021 救急看護師が実践する共感援助モデルを適用した精神的ケアプログラムの開発
  • 2013 - 2018 看護師の共感的援助能力養成に関する教育プログラムの開発と効果検証
  • 2013 - 2016 看護系大学生の学習バーンアウトを予防する自己調整学習支援システムの開発
  • 2010 - 2013 患者・家族を対象とした精神看護介入のニーズ分析とプロトコール開発
  • 2006 - 2009 抑うつ状態の患者に対する看護師の共感技術促進モデルの開発
全件表示
論文 (28件):
  • 重田ちさと, 上野恭子, 栗原加代, 宇留野由紀子, 長津貴子. 不穏状態を呈する初対面の精神疾患患者に対する入院時の対応プロセス. 日本看護科学会誌. 2023. 43. 362-371
  • 古田敏之, 上野恭子. 意思疎通の図りにくいうつ病患者との接近を続ける精神科看護師の認知,思考,行動のプロセス. 日本看護科学学会誌. 2022. 42. 231-239
  • 上野恭子, 栗原加代, 宇留野由紀子, 長津貴子, 長谷川隆一. 集中治療室入室中の患者に対する看護のマイクロエスノグラフィー:精神的ケアの可能性に焦点をあてて. 医療看護研究会誌. 2022. 18. 2. 15-24
  • 熊谷たまき, 小竹久実子, 藤村一美, 三宮有里, 上野恭子. the Oldenburg Burnout Inventory-German version 邦訳の信頼性と妥当性の検討. 大阪市立大学看護学雑誌. 2021. 17. 11-17
  • 櫻沢早人子, 上野恭子, 米倉佑貴. 女性看護師の孤独感とSense of Coherence およびソーシャル・サポートとの関連性の検討. 日本看護科学会誌. 2020. 40. 553-561
もっと見る
MISC (11件):
  • 上野恭子, 阿部美香. 新型コロナウィルス感染症流行時におけるメンタルヘルスとセルフケアのスコーピング. PASセルフケアセラピィ看護学会誌. 2022. 4. 60-66
  • 長谷川智子, 上野恭子. 精神障害者への訪問看護が促進される方策を考えるー訪問看護師の看護経験による認知の相違に関する研究ー. 順天堂精神医学研究所紀要. 2013. 平成24年度. 154-161
  • 長谷川 智子, 上野 恭子. 統合失調症患者に対する訪問看護師の認知に関する研究. 日本看護学会論文集. 精神看護. 2013. 43. 7-10
  • 長谷川智子, 上野恭子. 統合失調症患者に対する訪問看護師の認知の抽出に関する研究. 順天堂精神医学研究所紀要. 2012. 平成23年度. 133-147
  • 栗原加代, 上野恭子. 遺族の悲嘆過程が遷延する要因の探究ー遺族ストレス調査表とSTAIからの検証ー. 均衡生活学雑誌. 2010. 6. 1. 17-26
もっと見る
書籍 (3件):
  • 精神看護学 (放送大学教材)
    放送大学教育振興会 2021 ISBN:4595138288
  • ナースによる心のケアハンドブック-現象の理解と介入方法
    照林社 2021 ISBN:4796520414
  • DSM-IVに基づく精神科看護診断とケアプラン
    南江堂 2021 ISBN:4524215387
講演・口頭発表等 (36件):
  • 新人看護職が現実自己と看護師としての自己像との不一致の危機から自己への信頼を取り戻す心理的成長過程
    (第41回 日本看護科学学会学術集会 2021)
  • 精神科看護師が暴力行為の見られる知的傷害患者との関わりの姿勢を見出すプロセス
    (第41回 日本看護科学学会学術集会 2021)
  • スピリテュアルケア実践時の患者ー看護師関係における看護師の傷つき体験と自己の再構築プロセス
    (第40回日本看護科学学会学術(東京) 2020)
  • せん妄状態に陥った患者の体験の意味-語りの現象学的分析から-
    (第40回日本看護科学学会学術(東京) 2020)
  • 救急看護師がICUで行っているメンタルケアの特徴ーエスノグラフィーの手法を用いてー
    (第40回日本看護科学学会学術(東京) 2020)
もっと見る
Works (1件):
  • 目で見る精神看護第2版 Vol1 精神科医療と福祉の現状
    上野恭子 2009 - 現在
学歴 (2件):
  • - 1988 聖路加看護大学 看護学研究科
  • - 1980 聖路加看護大学 看護学部
学位 (2件):
  • 修士(看護学) (聖路加看護大学)
  • 博士(看護学) (聖路加看護大学)
経歴 (4件):
  • 2022/04 - 現在 順天堂大学 大学院医療看護学研究科 客員教授
  • 2013/12 - 2022/03 順天堂大学 大学院医療看護学研究科 教授
  • 2008/02 - 2013/11 順天堂大学 大学院医療看護学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2008/01 順天堂大学 医療看護学部 准教授
委員歴 (3件):
  • 2018 - 現在 PASセルフセラピィ看護学会 理事
  • 2015 - 現在 日本精神保健看護学会 編集委員
  • 2009 - 現在 日本精神保健看護学会 代議員
所属学会 (8件):
PAS セルフケアセラピイ看護学会 ,  日本集中治療医学会 ,  日本応用心理学会 ,  Sigma Theta Tau International ,  日本専門看護誌協議会 賛助会員 ,  日本精神保健看護学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本うつ病学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る