研究者
J-GLOBAL ID:200901078589233759   更新日: 2021年06月03日

岩城 徹

イワキ トオル | Iwaki Toru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.med.kyushu-u.ac.jp/neuropath/
研究分野 (2件): 人体病理学 ,  神経形態学
研究キーワード (2件): 神経病理学 ,  Neuropathology
競争的資金等の研究課題 (38件):
  • 2020 - 2021 地域医療における組織診断の意義
  • 2014 - 2019 認知症病理の数理形態学的解析と危険因子の同定
  • 2014 - 2018 認知症病理の数理形態学的解析と危険因子の同定
  • 2012 - 2014 蛍光1分子イメージングによるプリオン蛋白重合度の解析
  • 2010 - 2012 認知症病理への生活習慣病危険因子の関与
全件表示
論文 (362件):
  • Hiroyuki Honda, Kosuke Matsuzono, Kota Satoh, Masayoshi Fujisawa, Satoshi O Suzuki, Chiaki Furuyama, Tetsuyuki Kitamoto, Shigeru Fujimoto, Koji Abe, Toru Iwaki. Detection of cutaneous prion protein deposits could help diagnose GPI-anchorless prion disease with neuropathy. European journal of neurology. 2021. 28. 6. 2133-2137
  • Shinichiro Mori, Hiroyuki Honda, Hideomi Hamasaki, Naokazu Sasagasako, Satoshi O Suzuki, Hirokazu Furuya, Takayuki Taniwaki, Toru Iwaki. Transactivation response DNA-binding protein of 43 kDa proteinopathy and lysosomal abnormalities in spastic paraplegia type 11. Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology. 2021
  • Shunsuke Yamamoto, Yuhki Koga, Hiroaki Ono, Hironori Goto, Nobuhiro Hata, Hidetaka Yamamoto, Satoshi O Suzuki, Yasunari Sakai, Toru Iwaki, Shouichi Ohga. Alectinib-responsive infantile anaplastic ganglioglioma with a novel VCL-ALK gene fusion. Pediatric blood & cancer. 2021. e29122
  • Shunsuke Yamamoto, Yuhki Koga, Kenichi Tetsuhara, Noriyuki Kaku, Hiroaki Ono, Satoshi O Suzuki, Toru Iwaki, Shouichi Ohga. Hemorrhagic stroke due to leukostasis in pediatric mixed-phenotype acute leukemia. Blood research. 2021
  • Yuichi Yamada, Kenichi Kohashi, Izumi Kinoshita, Hidetaka Yamamoto, Takeshi Iwasaki, Masato Yoshimoto, Shin Ishihara, Yu Toda, Yoshihiro Ito, Yuki Kuma, et al. Histological background of dedifferentiated solitary fibrous tumour. Journal of clinical pathology. 2021
もっと見る
MISC (61件):
もっと見る
書籍 (14件):
  • 神経系. 渡辺照男編:カラーで学べる病理学. 第5版.
    ヌーヴェルヒロカワ 2019
  • 頭蓋咽頭腫パーフェクトブック
    中外医学社 2016
  • 神経系. 渡辺照男編:カラーで学べる病理学. 第4版.
    ヌーヴェルヒロカワ 2014
  • 脳腫瘍 癌診療指針のための病理診断プラクティス 専門編集:中里洋一
    中山書店 2012
  • 脳腫瘍取扱い規約
    金原出版株式会社 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (236件):
  • 誘導ミクログリア様細胞:iMGにおけるCD206発現は、グリオーマ微小免疫環境を反映する
    (第39回日本脳腫瘍病理学会学術集会 2021)
  • GlioblastomaにおけるMGMTのメチル化とCDKN2A homozygous deletion の臨床的意義
    (第39回日本脳腫瘍病理学会学術集会 2021)
  • ALS6のFUS陽性封入体におけるリン酸化TDP-43の蓄積
    (第43回日本分子生物学会年会 2020)
  • 一般住民における心筋basophilic degenerationのアミロイドβタンパク蓄積とアルツハイマー病脳病理との比較研究
    (第43回日本分子生物学会年会 2020)
  • 進行性核上性麻痺
    (第61回日本神経病理学会総会学術研究会 2020)
もっと見る
Works (2件):
  • 神経変性疾患における活性酸素の関与とその防御機構
    1998 - 2003
  • Molecular analyses on oxygen-radical induced brain damage and its defense mechanisn in neurodegenerative diseases.
    1998 - 2003
学歴 (2件):
  • 1983 - 1987 九州大学 病理学
  • 1976 - 1982 岡山大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (九州大学)
経歴 (8件):
  • 2000 - 現在 九州大学大学院医学研究院 教授
  • 1999 - 2000 九州大学大学院医学系研究科 教授
  • 1996 - 1999 九州大学医学部 教授
  • 1995 - 1996 九州大学医学部 助教授
  • 1991 - 1995 九州大学医学部 講師
全件表示
委員歴 (105件):
  • 2014/04 - 現在 International Congress of Neuropathology Councilor
  • 2002/04 - 現在 日本神経病理学会 理事
  • 2021/04 - 2022/03 九州大学 教育・研究支援センター運営委員会
  • 2020/04 - 2022/03 九州大学 九州大学病院脳死判定委員会
  • 2020/02 - 2022/01 九州大学 総合研究博物館兼任教員
全件表示
所属学会 (11件):
国際神経病理学会 ,  日本病理学会 ,  日本脳腫瘍病理学会 ,  日本神経病理学会 ,  The Society for Neuroscience ,  The International Society of Neuropathology ,  The Molecular Biology Society of Japan ,  The Japanese Society of Pathology ,  The Japan Society of Brain Tumor Pathology ,  The Japanese Society of Neuropathology ,  International Society of Neuropathology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る