研究者
J-GLOBAL ID:200901078826627279   更新日: 2021年08月20日

竹山 春子

タケヤマ ハルコ | Takeyama Haruko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.takeyama-lab.sci.waseda.ac.jp/http://www.takeyama-lab.sci.waseda.ac.jp/en/
研究分野 (1件): 応用生物化学
研究キーワード (1件): マリンバイオテクノロジー、遺伝子工学、分子生物学、微生物工学、環境ゲノム工学、バイオマスエネルギー、バイオセンサー、バイオ計測
競争的資金等の研究課題 (38件):
  • 2020 - 2030 土壌微生物叢アトラスに基づいた環境制御による循環型協生農業プラットフォーム構築
  • 2020 - 2023 シングルセルメタゲノミクスを活用した臨床・環境試料のマイクロバイオーム解析
  • 2017 - 2022 新規生理活性物質生産株の超ハイスループットスクリーニングプラットフォーム構築
  • 2021 - 2022 糖尿病個別化予防を加速するマイクロバイオーム解析AIの開発
  • 2020 - 2022 食サイクルのイノベーション(フード&アグリテック)未来共創拠点
全件表示
論文 (172件):
  • Ayaka Sugeno, Wenhui Piao, Miki Yamazaki, Kiyofumi Takahashi, Koji Arikawa, Hiroko Matsunaga, Masahito Hosokawa, Daisuke Tominaga, Yoshio Goshima, Haruko Takeyama, et al. Cortical transcriptome analysis after spinal cord injury reveals the regenerative mechanism of central nervous system in CRMP2 knock-in mice. Neural regeneration research. 2021. 16. 7. 1258-1265
  • Ashok Zachariah Samuel, Ryo Mukojima, Shumpei Horii, Masahiro Ando, Soshi Egashira, Takuji Nakashima, Masato Iwatsuki, Haruko Takeyama. On Selecting a Suitable Spectral Matching Method for Automated Analytical Applications of Raman Spectroscopy. ACS omega. 2021. 6. 3. 2060-2065
  • Ryutaro Iwabuchi, Keigo Ide, Kazutaka Terahara, Ryota Wagatsuma, Rieko Iwaki, Hiroko Matsunaga, Yasuko Tsunetsugu-Yokota, Haruko Takeyama, Yoshimasa Takahashi. Development of an Inflammatory CD14+ Dendritic Cell Subset in Humanized Mice. Frontiers in immunology. 2021. 12. 643040-643040
  • Shumpei Horii, Masahiro Ando, Ashok Zachariah Samuel, Akira Take, Takuji Nakashima, Atsuko Matsumoto, Yo Ko Takahashi, Haruko Takeyama. Detection of Penicillin G Produced by Penicillium chrysogenum with Raman Microspectroscopy and Multivariate Curve Resolution-Alternating Least-Squares Methods. Journal of natural products. 2020. 83. 11. 3223-3229
  • Keigo Ide, Yohei Nishikawa, Masato Kogawa, Eisuke Iwamoto, Ashok Zachariah Samuel, Yoshikatsu Nakano, Haruko Takeyama. High-Quality Draft Genome Sequence of a Rickettsiales Bacterium Found in Acropora tenuis Coral from Okinawa, Japan. Microbiology resource announcements. 2020. 9. 48
もっと見る
MISC (110件):
もっと見る
書籍 (30件):
  • Precision Medicine
    北隆館 2021
  • 日本乳酸菌学会誌
    日本乳酸菌学会 2021
  • シングルセル解析でなにがわかるか
    化学同人 2020 ISBN:9784759817348
  • シングルセルゲノミクス : 組織の機能, 病態が1細胞レベルで見えてきた!
    羊土社 2019 ISBN:9784758103831
  • バイオサイエンスとインダストリー(B&I)
    2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (175件):
  • Towards understanding the mechanisms of expression regulation by spatial and regional omics analysis from micro-punched tissues
    (IMSセミナー 2021)
  • 微生物機能のフル活用に向けたシングルセル解析技術の開発と応用
    (生物工学若手研究者の集い(若手会)夏のオンラインセミナー 2021)
  • Open the door into the microbial world by single-cell analysis
    (World Microbe Forum)
  • 微量組織・シングルセルのマルチオミックス
    (第21回蛋白質科学会-シンポジウム-蛋白質科学が社会へ与えるインパクト:AMED-BINDS から次のステージへ 2021)
  • 環境微生物叢高解像度解析を目指した新規シングルセル解析技術の開発
    (第21回マリンバイオテクノロジー学会 2021)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京農工大学)
委員歴 (13件):
  • 2021/06 - 現在 国立研究開発法人科学技術振興機構 国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)アドバイザー
  • 2021/05 - 現在 (公社)日本生物工学会 理事
  • 2021/05 - 現在 国立研究開発法人科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業CREST「データ駆動・AI駆動を中心としたデジタルトランスフォーメーションによる生命科学研究の革新」領域アドバイザー
  • 2021/04 - 現在 マリンバイオテクノロジー学会 理事
  • 2020/09 - 現在 (公財)笹川平和財団「国連海洋科学の10年に関する研究会」 メンバー
全件表示
受賞 (2件):
  • 2021/06 - (公社)日本生物工学会 生物工学功績賞 環境微生物資源の有効利用のためのシングルセル解析技術の開発と展開研究
  • 2021/05 - マリンバイオテクノロジー学会 マリンバイオテクノロジー学会賞 「環境微生物叢高解像度解析を目指した新規シングルセル解析技術の開発
所属学会 (14件):
日本農芸化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生体磁気学会 ,  環境バイオテクノロジー学会 ,  化学生物総合管理学会 ,  マリンバイオテクノロジー学会 ,  ASM ,  ISME ,  日本生物工学会 ,  電気化学会 ,  日本化学会 ,  生物化学的測定研究会 ,  社団法人未踏科学技術協会 ,  日本細菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る