研究者
J-GLOBAL ID:200901078960736653   更新日: 2022年08月10日

池田 まさみ

イケダ マサミ | Ikeda Masami
所属機関・部署:
研究キーワード (5件): モラルシンキング ,  クリティカルシンキング ,  認知バイアス ,  推論 ,  視覚認知
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2021 - 2024 認知バイアス総合アセスメント尺度に基づくヘルスプロモーションプログラムの開発
  • 2020 - 2023 コミュニケーションにおける思考力の基盤:スカラー含意からの検討
  • 2022 - 公共・倫理の学びを拓く心理学教育:「高大連携型クラウドサイエンス」の構築
  • 2018 - ナッジとしての“見つめる目”効果:仮想および実空間における社会実験
  • 2017 - ナチュラルサポーターのための自閉スペクトラム症児の語用論的能力に関する実証研究
全件表示
論文 (26件):
  • 甲畑(照井)宏子・由良敬・池田まさみ. 日本語版健常者病気認知尺度 : 遺伝性疾患への適用の検討. 2022. 43. 1. 47-52
  • Masami Ikeda, Koji Miyamoto. Construction of "moral thinking" centered on critical thinking: Developing reasoning power for elementary and junior high school students. Impact. 2021. 2021. 2. 19-21
  • Makiko Egawa, Keiko Hara, Masami Ikeda, Eri Kono, Susumu Miyashita, Naoyuki Miyasaka, Motoki Inaji, Taketoshi Maehara, Masayuki Yoshida. Role of obstetricians in promoting pregnancy-related knowledge among women with epilepsy in Japan. Epilepsy & Behavior. 2020. 111. 107176-107176
  • Hiroko Terui-Kohbata, Masami Ikeda, Kei Yura. The Reliability and Validity of the Japanese Version of Revised Illness Perception Questionnaires for Healthy People (IPQ-RH-J). British Journal of Cancer Research. 2020. 3. 2. 384-389
  • Makiko Egawa, Keiko Hara, Masami Ikeda, Masayuki Yoshida. Questionnaire dataset: Attitude of epileptologists and obstetricians to pregnancy among women with epilepsy. Data in Brief. 2020. 31. 105948-105948
もっと見る
MISC (7件):
  • 最新心理学によれば、そのストレス、勘違いです. プレジデント. 2022. 60. 14. 46-48
  • 渡邊淳司, 池田まさみ. 共感覚的体験:ワークショップと研究の最前線. 2018. 37. 1. 51-51
  • 池田まさみ. 心の"免疫力"を上げる:認知心理学の視点から考える. 2017. 20. 63-71
  • 池田まさみ, 渡邊淳司. 自分の顔を探せ!鏡が映す顔,心が映す顔. 心理学ワールド. 2016. 75. 30-31
  • 池田まさみ, 渡邊淳司, 吉田成朗, 上田祥代, 茅原拓朗, 北崎充晃. メディアワークショップ これからの知覚心理学教育を考える-小・中学生を対象とした心理学実験ワークショップを通して. 2015. 34. 180-183
もっと見る
書籍 (16件):
  • 知覚・認知心理学 (放送大学教材)
    放送大学教育振興会 2019
  • 心理学って何だろうか?
    誠信書房 2018
  • 第6章 「見抜く心とクリティカルシンキング」
    誠信書房 2017
  • 心理学の神話をめぐって
    誠信書房 2017
  • 第6章3節 「錯視を用いた“心の科学”教育」
    朝倉書店 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (65件):
  • ASD者の表情認知:視線移動の動画を用いた検討
    (日本発達心理学会第33回大会 2022)
  • 乳癌発症後に遺伝性乳癌卵巣癌と診断された女性のリスク低減卵管卵巣摘出術選択に関する質的調査
    (第46回日本遺伝カウンセリング学会 2022)
  • Using Grice’s Maxim of Quantity to guide scalar inference without the scalar term “some”
    (The Japanese Society for Language Sciences (JSLS) 2021)
  • 日本語版健常者向け病気認知尺度(IPQ-RH-J)の遺伝性疾患への適用の検討
    (第45回日本遺伝カウンセリング学会 2021)
  • 女子大学生における遺伝性乳癌卵巣癌症候群の発症前診断に関する意思決定要因の検討
    (第45回日本遺伝カウンセリング学会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2001 お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科
  • 1996 - 1998 お茶の水女子大学大学院 人文科学研究科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (お茶の水女子大学大学院)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 十文字学園女子大学 教育人文学部 心理学科 教授
  • 2013/04 - 2020/03 十文字学園女子大学 人間生活学部 人間発達心理学科 教授
  • 2011/09 - 2013/03 十文字学園女子大学 人間生活学部 人間発達心理学科 准教授
  • 2007/10 - 2011/08 お茶の水女子大学 人間発達教育研究センター 准教授
  • 2004/04 - 2007/09 お茶の水女子大学 大学院人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻 非常勤講師
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2019 - 現在 日本心理学会 教育研究委員会
  • 2018/05 - 現在 新潟県立高等学校スーパーサイエンスハイスクール 運営指導委員
  • 2014/05 - 現在 日本基礎心理学会 理事
  • 2011/05 - 現在 東京都区立中学校外部評価委員会 委員長
  • 2011/04 - 2022/03 富山県「とやま科学オリンピック」大会実施委員会 委員長
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/10 - バーチャルリアリティ学会 バーチャルリアリティ学会 優秀論文賞 受賞 Mob Scene Filter:顔部位の形状・位置変形を利用した他人顔変換手法
  • 2007/09 - 日本心理学会 日本心理学会 優秀論文賞 受賞 Effects of surface pre-presentation on symmetry detection on a 3-D bumpy surface. Japanese Psychological Research, 48, 65-76.
所属学会 (7件):
日本心理学会 ,  日本基礎心理学会 ,  日本認知科学会 ,  Association for Psychological Science ,  日本教育心理学会 ,  教育工学会 ,  日本バーチャルリアリティ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る