研究者
J-GLOBAL ID:200901078979583645   更新日: 2021年09月16日

久保 亮吾

クボ リョウゴ | Kubo Ryogo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.kbl.elec.keio.ac.jp/
研究分野 (3件): 制御、システム工学 ,  通信工学 ,  情報ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 情報通信と制御の融合によるサイバーフィジカルICT基盤の構築
  • 2016 - 2018 光アクセス技術による広域センサ・アクチュエータネットワーク基盤の構築
論文 (45件):
  • Takaharu Yamanaka, Takanori Iwai, Ryogo Kubo. Variable sleep period control of energy-efficient network interfaces for QoP-aware networked control systems. IEICE Communications Express. 2021. 10. 6. 301-306
  • Ryuta Sakamoto, Takahiro Shobudani, Ryosuke Hotchi and, Ryogo Kubo. QoE-aware stable adaptive video streaming using proportional-derivative controller for MPEG-DASH. IEICE Transactions on Communications. 2021. E104-B. 3. 286-294
  • Takaharu Yamanaka, Takanori Iwai, Ryogo Kubo. Quality of performance aware data transmission for energy-efficient networked control. IEEE Access. 2021. 9. 5769-5778
  • Nobuhiko Itoh, Takanori Iwai, Ryogo Kubo. Congestion-adaptive and deadline-aware scheduling for connected car services over mobile networks. IEICE Transactions on Communications. 2020. E103-B. 10. 1117-1126
  • Ryosuke Hotchi, Hosho Chibana, Takanori Iwai, Ryogo Kubo. Active queue management supporting TCP flows using disturbance observer and Smith predictor. IEEE Access. 2020. 8. 173401-173413
もっと見る
MISC (8件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • 国際標準に基づく エネルギーサービス構築の必須知識 -電気事業者・需要家のための-
    オーム社 2016
  • 台頭する新世代のスマートグリッドと新国際標準2014
    インプレスビジネスメディア 2014
  • 次世代自動車を中核にしたスマートコミュニティ最新動向2012
    インプレスR&D 2012
  • 次世代自動車を中核にしたスマートコミュニティ最新動向2012
    インプレスR&D 2012
  • スマートグリッドの国際標準と最新動向2012
    インプレスR&D 2012
講演・口頭発表等 (69件):
  • Deadline-aware emergency data resource allocation control for IEEE 802.11ax
    (The IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan, ICCE-TW 2020 2020)
  • Proportional-based resource allocation control with QoS adaptation for IEEE 802.11ax
    (The IEEE International Conference on Communications, ICC 2020 2020)
  • Update cycle recalculation in active queue management using dynamically controlled target queue length
    (The 2019 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, NOLTA 2019 2019)
  • Time-delay and data-loss compensation using communication disturbance observer for energy-efficient networked control systems
    (The 2019 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, NOLTA 2019 2019)
  • Dynamic redundant path selection for tamper-tolerant networked control
    (The 2019 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, NOLTA 2019 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 慶應義塾 総合デザイン工学専攻
  • 2007 - 慶應義塾 総合デザイン工学専攻
  • 2005 - 慶應義塾 システムデザイン工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (慶應義塾)
  • Ph.D. (Keio University)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 慶應義塾大学 理工学部 電気情報工学科 准教授
  • 2017/04 - 2020/03 慶應義塾大学 理工学部 電子工学科 准教授
  • 2019/09/01 - 2020/02/29 Honorary Research Fellow, Department of Electronic and Electrical Engineering, University College London (UCL)
  • 2013/04 - 2017/03 慶應義塾大学 理工学部 電子工学科 専任講師
  • 2010/04 - 2013/03 慶應義塾大学 理工学部 電子工学科 助教
全件表示
委員歴 (1,723件):
  • 2021/02/15 - 現在 Strategic Planning Committee, IEICE Member
  • 2021/02/15 - 現在 電子情報通信学会 企画戦略室 委員
  • 2021/02/15 - 現在 Strategic Planning Committee, IEICE Member
  • 2021/02/15 - 現在 電子情報通信学会 企画戦略室 委員
  • 2021/02/15 - 現在 Strategic Planning Committee, IEICE Member
全件表示
受賞 (25件):
  • 2021/09/14 - 電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ 電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ招待論文賞
  • 2021/06/23 - The 30th IEEE International Symposium on Industrial Electronics (ISIE 2021) The 30th IEEE International Symposium on Industrial Electronics (ISIE 2021) Recognition Award
  • 2020/07/16 - 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究専門委員会 電子情報通信学会コミュニケーションクオリティ研究会研究賞
  • 2019/09/11 - 電子情報通信学会通信ソサイエティ 電子情報通信学会通信ソサイエティ活動功労賞
  • 2019/08/08 - 電気学会電気規格調査会 電気学会電気規格調査会感謝状
全件表示
所属学会 (5件):
電気学会 ,  IEEE ,  電子情報通信学会 ,  計測自動制御学会 ,  OSA
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る