研究者
J-GLOBAL ID:200901078994067572   更新日: 2021年06月11日

澤田 佳世

サワダ カヨ | SAWADA Kayo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 社会学
研究キーワード (8件): 社会人口学 ,  家族 ,  地域社会 ,  ジェンダー ,  社会調査法 ,  地域研究 ,  国際関係学 ,  人口研究
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2020 - 2023 東アジアの少子社会と生殖のジェンダー構造--男性の経験と意思決定の日韓比較
  • 2017 - 2020 現代アジアのリプロダクションに関する国際比較研究:ジェンダーの視点から
  • 2016 - 2020 沖縄の人口と生殖する身体をめぐるポリティクス-冷戦の地政学とジェンダーの視点から
  • 2016 - 2019 グローバル化時代のサブスタンスの社会的布置に関する比較研究
  • 2018 - 少子高齢社会のケア労働とその社会的布置--デンマークの高齢者介護とジェンダー
全件表示
論文 (26件):
  • 田間泰子・澤田佳世. 日本(14ヶ国の調査報告). 白井千晶編「現代アジアのリプロダクションに関する国際比較研究:ジェンダーの視点から」調査報告書. 2020. 15-30
  • 澤田 佳世. 出生力と家族にみる沖縄--周辺化された人口・生殖をめぐる政治. 社会学評論. 2017. 67. 4. 400-414
  • 沖縄県子ども生活福祉部. 『男女共同参画社会に関する県民意識調査報告書』(第1章 男女平等に関する意識について;第2章 家庭生活について;第3章 仕事について;第7章 セクシュアルハラスメントについて). 2016
  • 澤田 佳世. Cold War Geopolitics of Pouplation and Reproduction in Okinawa under US Military Occupation, 1945-1972. East Asian Science, Technology and Society (EASTS). 2016. 10. 4. 401-422
  • 澤田 佳世. 沖縄の高出生率は少子化対策のモデルになるか--リプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点から」. 統計. 2015. 2015年11月号. 30-36
もっと見る
MISC (7件):
  • 澤田 佳世. 〈書評〉津谷典子・阿藤誠・西岡八郎・福田亘孝編著『少子高齢時代の女性と家族--パネルデータから分かる日本のジェンダーと親子関係の変容』(慶應義塾大学出版会・2018年). 人口学研究. 2019. 42. 1. 73-76
  • 澤田 佳世. 〈会員文献紹介〉澤田佳世,2014,『戦後沖縄の生殖をめぐるポリティクス--米軍統治下の出生力転換と女たちの交渉』大月書店. 国際ジェンダー学会誌. 2014. 12. 106
  • 澤田 佳世. 〈文献紹介〉安藤由美・鈴木規之(編著)沖縄の社会構造と意識:-沖縄総合社会調査による分析-. 家族社会学研究. 2013. 25. 1. 81-81
  • 澤田 佳世. 〈文献紹介〉黒須里美(編著)歴史人口学からみた結婚・離婚・再婚. 家族社会学研究. 2012. 24. 2. 212-212
  • 澤田 佳世. 〈書評〉ティアナ・ノーグレン著 岩本美砂子監訳 塚原久美・日比野由利・猪瀬優理訳『中絶と避妊の政治学--戦後日本のリプロダクション政策』. ジェンダ-研究. 2010. 13. 85-87
もっと見る
書籍 (9件):
  • 人口政策の比較史 : せめぎあう家族と行政
    日本経済評論社 2019 ISBN:9784818825352
  • 沖縄県史 各論編 第8巻 女性史
    沖縄県教育委員会 2016
  • 戦後沖縄の生殖をめぐるポリティクス : 米軍統治下の出生力転換と女たちの交渉
    大月書店 2014 ISBN:9784272350407
  • アジアの出産と家族計画 : 「産む・産まない・産めない」身体をめぐる政治
    勉誠出版 2014 ISBN:9784585230250
  • 世変わりの後で復帰40年を考える
    沖縄国際大学公開講座委員会,編集工房東洋企画 (発売) 2013 ISBN:9784905412151
もっと見る
講演・口頭発表等 (26件):
  • 沖縄の出生力と人口転換
    (奈良女子大学・神戸女学院大学合同研究会 2021)
  • 波平勇夫報告「沖縄の都市と『シマ』」へのコメント
    (南島文化研究所創立40周年シンポジウム 2018)
  • 戦後沖縄の「人口政策」
    (比較家族史学会第63回春季大会「シンポジウム 人口政策」 2018)
  • リレー対談「国際社会学とジェンダー研究のコラボレーション--学生・研究仲間との対話から未来を探る」
    (一橋大学大学院社会学研究科・ジェンダー社会科学研究センター・国際社会学プログラム共催「国際社会学とジェンダー研究の未来--伊藤るりさんとともに考える」、 2018)
  • 「津田塾大学の強さと将来性」
    (津田梅子記念会&Homecoming Day 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2004 津田塾大学大学院 後期博士課程
  • 2001 - 2002 オーストラリア国立大学大学院 修士課程
  • 1997 - 2000 東京女子大学大学院 修士課程
  • 1993 - 1997 津田塾大学 国際関係学科
学位 (4件):
  • 博士(国際関係学) (津田塾大学)
  • Master of Population Studies (The Australian National University)
  • 修士(学術) (東京女子大学)
  • 学士(国際関係学) (津田塾大学)
経歴 (12件):
  • 2019/04 - 現在 沖縄国際大学南島文化研究所 特別研究員
  • 2019/04 - 現在 奈良女子大学 研究院生活環境科学系 准教授
  • 2014/04 - 2019/03 沖縄国際大学 総合文化学部 教授
  • 2007/04 - 2019/03 沖縄国際大学南島文化研究所 研究員
  • 2014/04 - 2015/03 ハワイ東西センター 客員研究員(Visiting Scholar)
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2016/03 - 2019 日本社会学会 社会学評論編集委員会専門委員
  • 2015/08 - 2016/01 平成27年度沖縄県男女共同参画社会づくりに関する県民意識調査検討委員
  • 2013/02 - 2015/02 沖縄県男女共同参画審議会委員
  • 2010/02 - 2012/02 沖縄県男女共同参画審議会委員
  • 2010/08 - 2011/01 平成22年度沖縄県男女共同参画社会づくりに関する県民意識調査検討委員
受賞 (4件):
  • 2016/06 - 日本人口学会 第15回学会賞
  • 2015/01 - 第9回女性史学賞
  • 2012/03 - Association for Asian Studies F. Hilary Conroy Prize
  • 2002 - 城西国際大学ジェンダー・女性学研究所「第1回環太平洋女性学研究奨励賞」
所属学会 (7件):
国際人口学会 ,  比較家族史学会 ,  日本社会学会 ,  日本家族社会学会 ,  人口学研究会 ,  国際ジェンダー学会 ,  日本人口学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る