研究者
J-GLOBAL ID:200901079012512698   更新日: 2020年10月26日

堀口 俊二

ホリグチ シュンジ | Horiguchi Shunji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 幾何学 ,  経営学
研究キーワード (3件): 3-manifold ,  Heegaard diagram ,  Heegaard splitting
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1992 - 2007 経営情報学
  • 1976 - 2007 位相幾何学(3次元多様体)
  • 1976 - 2007 Topology(3-manifold)
論文 (47件):
  • 堀口俊二, 下斗米哲明. 秘伝規矩元法別伝・八事絵巻と規矩元法別伝目録秘八目録図解の比較. 新潟産業大学経済学部紀要. 2017. 48. 65-77
  • 堀口 俊二. The Convergences Comparison between the Halley’s Method and Its Extended One Based on Formulas Derivation and Numerical Calculations. Applied Mathematics,http://www.scirp.org/Journal/PaperInformation.aspx?PaperID=73034. 2016. 7. 18. 2394-2410
  • 堀口 俊二. The Formulas to Compare the Convergences of Newton’s Method and the Extended Newton’s Method (Tsuchikura-Horiguchi Method) and the Numerical Calculations. Applied Mathematics http://dx.doi.org/10.4236/am.2016.71004. 2016. 7. 40-60
  • 堀口俊二, 下斗米哲明. 規矩元法別伝一巻・秘八事絵巻の伝来経路と影印(共著). 新潟産業大学経済学部紀要. 2015. 45. 79-99
  • 堀口 俊二. On Relations between the General Recurrence Formula of the Extension of Murase-Newton’s Method (the Extension of Tsuchikura-Horiguchi’s Method) and Horner’s Method. Applied Mathematics http://dx.doi.org/10.4236/am.2014.54074. 2014. 777-783
もっと見る
MISC (6件):
  • 堀口 俊二. 土倉・堀口・村瀬・Halley法(拡張Halley法)とその収束II(不等式の場合の初等関数の収束比較). 平成26(2014)年度日本大学理工学部学術講演会予稿集. 2014. 1287-1288
  • 堀口 俊二. 土倉・堀口・村瀬・Halley法(拡張Halley法)とその収束I(等式の場合). 日本大学理工学部学術講演会予稿集数学部会. 2013. 1267-1268
  • 堀口 俊二. 金沢清左衛門の羅針盤と静野与右衛門の羅針盤(単著). 佐渡郷土文化. 2012. 130号. 21-24
  • Heegaard diagramの細分から得られる新しい基本群の表示方法. 青森大学学術研究会報,. 1991. 14. 2. 2-16
  • HC-20とMZ-80Bのオイラー法による誤差曲線の実験比較(単著). 商品先物市場7月号. 1986. 10. 7. 28-31
もっと見る
書籍 (2件):
  • 情報技術を活かす組織能力(共著,第6章を担当)-ITケイパビリティーの事例研究-
    中央経済社 2004
  • Examples of reductions of the fundamental groups associated with no-waves Heegaard diagrams of the 3-sphere
    本間幸作博士卒寿記念論文集, 本間幸作博士卒寿記念論文集刊行委員会, 177-229. 1996
講演・口頭発表等 (78件):
  • ニュートン法の2項展開の数値計算の例
    (日本数学会 2020)
  • ニュートン法の2項展開と収束比較
    (日本数学会 2020)
  • z^3=1の拡張複素ニュートン法の根に収束する初期値の集合
    (日本数学会 2019)
  • 拡張複素ニュートン法の根の収束と分布について
    (日本数学会 2018)
  • 拡張ニュートン法とフラクタル(実関数の場合)
    (日本数学会 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1978 日本大学 数学
  • - 1978 日本大学
  • - 1975 日本大学 数学
  • - 1975 日本大学
学位 (1件):
  • (BLANK)
所属学会 (6件):
日本計算機統計学会 ,  和算研究所 ,  日本数学史学会 ,  日本数学会 ,  THE HISTORY OF MATHEMATICS OF JAPAN ,  MATHEMATICAL SOCIETY OF JAPAN
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る