研究者
J-GLOBAL ID:200901079154523131   更新日: 2020年06月22日

武蔵野 實

ムサシノ マコト | Musashino Makoto
所属機関・部署:
職名: 学長
ホームページURL (1件): http://www.kyokyo-u.ac.jp
研究分野 (4件): 宇宙惑星科学 ,  固体地球科学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (2件): 土壌汚染 ,  Soil Polution
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1999 - 2005 産業廃棄物処理施設周辺の土壌汚染
  • 1999 - 2005 soil pollution, industrial waste
  • 1980 - 1990 東アジア変動帯における砂岩組成とテクトニクス
  • 1980 - 1990 Sandstone composition and tectonics of the Eastern Asia Orogenic Belt
  • 1975 - 1990 中・古生代遠洋性堆積物の環境変化
全件表示
MISC (125件):
  • 武蔵野 實. シリーズ環境を考える16「星と土と植物」 5.京都市・静市から深泥池へ. 京都教育大学環境教育研究年報. 2008. /16,190-196
  • 武蔵野 實. 「連合大学院による教員養成高度化京都モデル」最終報告書(平成19年度). 「連合大学院による教員養成高度化京都モデル」最終報告書(平成19年度). 2008. 5-9, 83-87, 106-109
  • 武蔵野 實. シリーズ環境を考える15「身近な自然の表情を探る」 5.御香宮・乃木神社をたずねて. 京都教育大学環境教育研究年報. 2007. /15,189-192
  • 武蔵野 實. 「魅力ある教職生涯支援プロジェクトin京都」最終報告書(平成18年度) 6.今後の方向性. 「魅力ある教職生涯支援プロジェクトin京都」最終報告書(平成18年度). 2007. 170-174
  • 武蔵野 實. 「連合大学院による教員養成高度化京都モデル」中間報告書(平成18年度). 「連合大学院による教員養成高度化京都モデル」中間報告書(平成18年度). 2007. 11-15, 44-47, 68-75
もっと見る
書籍 (19件):
  • 日本地方地質誌5 近畿地方
    朝倉書店 2009 ISBN:9784254167856
  • これからの大学等研究施設 第3編「環境科学編」
    文教施設協会 2006
  • Research Facilities of University in Future
    Assoc. Educational Facilities 2006
  • 日本の地質 増補版
    共立出版 2005
  • Gology of Japan, Suppl. Vol.
    Kyoritsu Shuppan 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • 丹波帯全域の構造と年代(超丹波帯を含めて)
    (シンポジウムI「丹波帯・秩父帯・四万十帯の付加体発達史」 2007)
Works (2件):
  • 砕屑岩組成と堆積・造構環境, その他
    1996 -
  • 砕屑岩組成と堆積・造構環境, その他
    1995 -
学歴 (2件):
  • - 1974 京都大学 地質学鉱物学
  • - 1968 京都大学 地質学鉱物学
学位 (2件):
  • 理学博士 (京都大学)
  • 理学修士 (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2013/04 - 現在 大阪成蹊大学 学長
  • 2011/04 - 2013/03 大阪成蹊短期大学 学長
  • 2005/04 - 2011/03 京都教育大学 京都教育大学 副学長
  • 1992 - 2005 京都教育大学, 教授
  • 1983 - 1992 京都教育大学, 助教授
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2005 - 2007 理事・副学長
  • 1998 - 2007 国土問題研究会 副理事長
  • 1998 - 2007 Japan InstituteE of Land and Environmental Studies Vicepresident
  • 2007 - - 理事・副学長
  • 2002 - 2005 附属高等学校長
所属学会 (6件):
国土問題研究会 ,  地学団体研究会 ,  日本地質学会 ,  Japan InstituteE of Land and Environmental Studies ,  The Association for the Geological Collaboration in Japan ,  The Geological Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る