研究者
J-GLOBAL ID:200901079211650889   更新日: 2020年05月12日

大川 清和

オオカワ キヨカズ | Okawa Kiyokazu
所属機関・部署:
職名: ポストドクター
研究分野 (2件): 触媒プロセス、資源化学プロセス ,  反応工学、プロセスシステム工学
研究キーワード (11件): 湿式酸化 ,  土壌 ,  活性炭 ,  吸着剤 ,  有機溶媒 ,  オゾン処理 ,  Activated carbon ,  Absorbent ,  Acetic acid ,  Organic solvent ,  Ozonation
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2001 - 2004 Ozonation of hazardous chemical substance extracted in organic solvent from water
  • 過酸化水素添加湿式酸化処理による土壌中の有害化学物質の分解に関する研究
  • Ground water processing technology using regeneration of activated carbon and micro bobble ozone
MISC (22件):
特許 (1件):
  • 水溶液の処理方法及び水溶液の処理装置
講演・口頭発表等 (7件):
  • Regeneration of Different Types of Granular Activated Carbons with Adsorbed Trichloroethylene using Wet Peroxide Oxidation under Mild Condition
    (The 22nd International Conference on Solid Waste Technology and Management 2007)
  • 過酸化水素を用いた湿式酸化処理による有機物の分解機構の検討
    (第18回廃棄物学会研究発表会 2007)
  • 過酸化水素添加湿式酸化処理によるトリクロロエチレン吸着活性炭の再生
    (第17回廃棄物学会研究発表会 2006)
  • トリクロロエチレンを吸着した粒状活性炭の過酸化水素を用いた湿式酸化処理による再生
    (第16回廃棄物学会研究発表会 2005)
  • 埋立地浸出水に存在する2,4-ジクロロフェノールの吸着剤を介した有機溶媒中への濃縮とオゾン処理に及ぼす共存物質の影響
    (第38回日本水環境学会年会 2004)
もっと見る
Works (2件):
  • PCB・ダイオキシン類汚染土壌等の低コスト型無害化処理技術の開発
    2004 - 2006
  • 活性炭溶媒再生とマイクロバブルオゾンを用いた地下水処理技術
    2002 -
学歴 (6件):
  • - 2004 広島大学 物質化学システム専攻
  • - 2001 広島大学 移動現象工学専攻
  • - 2001 広島大学
  • - 1999 広島大学 化学工学
  • - 1999 広島大学
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(工学) (広島大学)
委員歴 (6件):
  • 1999 - 2002 Japan Society on Water Environment student member
  • 1999 - 2001 有機溶媒中における有機物のオゾン処理の研究について従事
  • 環境科学会 正会員
  • 化学工学会 正会員
  • 廃棄物学会 正会員
全件表示
所属学会 (5件):
環境科学会 ,  化学工学会 ,  廃棄物学会 ,  日本水環境学会 ,  Japan Society on Water Environment
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る