研究者
J-GLOBAL ID:200901079272053573   更新日: 2020年08月31日

竹村 恵二

タケムラ ケイジ | Takemura Keiji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 固体地球科学 ,  固体地球科学 ,  環境動態解析
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 湖沼堆積物を用いた第四紀の環境変遷と火山灰層位学の研究
  • 中部九州における地熱活動とテクトニクス
  • 西南日本のネオテクトニクス
論文 (22件):
MISC (3件):
  • 田中秀美, 絵普一郎, 樋口孝幸, 林 愛明, 小坂和夫, 竹村恵二, 村田明広, 宮田隆夫. 断層帯の変形・500mコアにおける断層岩の分布様式,変質様式,並びに物質移動過程. 京都大学防災研究所共同研究集会シンポジウム「震源に近づく」,1997年11月,京都大学防災研究所. 1997
  • 林 愛明, 宇田進一, 嶋本利彦, 竹村恵二. 野島断層コアから見た地震断層破砕帯の深部に地表水の流入現象. 京都大学防災研究所共同研究集会シンポジウム「震源に近づく」,1997年11月,京都大学防災研究所. 1997
  • 宇田進一, 林 愛明, 嶋本利彦, 竹村恵二. ボーリングコアから見た野島断層破砕帯深部地下水の流動現象. 東京大学地震研究所共同研究集会「断層解剖計画シンポジウム」,東京大学地震研究所,1997年9月. 1997
書籍 (2件):
  • 西南日本の第四紀変動論
    深田研ライブラリー, 2001
  • 氷河時代の画期
    地球と文明の画期(朝倉書店、東京), 1996
Works (8件):
  • 環日本海完新世高精度環境変還
    1999 - 2001
  • 西南日本の活断層活動度評価
    1995 -
  • 九州の大規模火砕流と広域火山灰との対比
    1993 -
  • 九州中部の火山活動史と化学成分
    1993 -
  • ニュージランド地熱地帯のカルデラ湖堆積物とその特性
    1991 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1983 京都大学 理学研究科 地質学鉱物学
  • - 1976 京都大学 理学部 地質学鉱物学
学位 (1件):
  • 理学博士 (京都大学)
委員歴 (1件):
  • 1999 - 2003 日本第四紀学会 編集幹事・評議員
受賞 (1件):
  • 1996 - 日本地質学会論文賞
所属学会 (7件):
American Geophysical Union ,  文化財科学会 ,  日本陸水学会 ,  日本地熱学会 ,  日本火山学会 ,  日本第四紀学会 ,  日本地質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る