研究者
J-GLOBAL ID:200901079296880446   更新日: 2022年07月02日

高橋 誠

タカハシ マコト | Takahashi Makoto
所属機関・部署:
職名: 育種部長
研究分野 (2件): 森林科学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (13件): スギ ,  遺伝構造 ,  SNP ,  ブナ ,  集団遺伝 ,  林木育種 ,  森林遺伝 ,  Within-population Genetic Structure ,  SNPs ,  Beech ,  Population Genetics ,  Forest Tree Improvement ,  Forest Genetics
論文 (78件):
  • Masuda H, Hiraoka Y, Saito K, Eto S, Matsushita M, Takahashi M. Efficient calculation method for tree stem traits from large-scale point clouds of forest stands. Remote Sensing. 2021. 13. 13. 2476-2476
  • Yuko Yasuda, Taiichi Iki, Yuya Takashima, Makoto Takahashi, Yuichiro Hiraoka, Kentaro Mishima. Genetic gains in wood property can be achieved by indirect selection and nondestructive measurements in full-sib families of Japanese cedar (Cryptomeria japonica. D. Don) plus tree clones. Annals of Forest Science. 2021. 78. 2
  • 原口 雅人, 木村 恵, 大谷 雅人, 平岡 宏一, 高橋 誠. 埼玉県内におけるブナの天然集団および植栽された実生苗の遺伝的特徴. 森林遺伝育種. 2021. 10. 2. 70-79
  • Takashima Y, Hiraoka Y, Matsushita M, Takahashi M. Evaluation of responsivity to drought stress using infrared thermography and chlorophyll fluorescence in potted clones of Cryptomeria japonica. Forests. 2021. 12. 1. 55
  • Iwaizumi MG, Takahashi M, Yano K. Temporal variation in regeneration events affecting population structure in different size- and life-stages contributes to overall genetic diversity of natural Zelkova serrata population. Journal of Forest Research. 2021. 26. 1. 32-42
もっと見る
MISC (104件):
  • 高橋 誠. 林木育種の成果の普及と育種技術のさらなる高度化. 林木育種情報. 2021. 38. 1-1
  • 高橋誠. 特集「無花粉スギの普及拡大に向けた技術開発」について. 森林遺伝育種. 2021. 10. 2. 95-96
  • 山野邉太郎, 大平峰子, 永野聡一郎, 千葉一美, 高島有哉, 坪村美代子, 加藤一隆, 加藤一隆, 高橋誠. スギエリートツリー人工交雑温室産種子由来コンテナ苗の検定林での初期成長. 日本森林学会大会学術講演集. 2021. 132nd
  • 田村明, 今博計, 来田和人, 黒丸亮, 田中功二, 蓬田英俊, 中村博一, 西川浩己, 清水香代, 小川健一, et al. カラマツ種苗の安定供給のための技術開発. 森林遺伝育種(Web). 2021. 10. 1
  • 安田悠子, 井城泰一, 高島有哉, 三嶋賢太郎, 高橋誠, 平岡裕一郎. スギ精英樹人工交配家系における非破壊測定法による立木材質の遺伝獲得量と選抜効率の評価. 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM). 2021. 71st
もっと見る
講演・口頭発表等 (52件):
  • 点群データを用いたスギにおける地上部形質の定量評価
    (第129回日本森林学会大会 2018)
  • スギのさし木発根メカニズムの解明に向けた遺伝子発現解析
    (第129回日本森林学会大会 2018)
  • 少降水量地域におけるスギ精英樹と花粉症対策品種の植栽当年の成長
    (第129回日本森林学会大会 2018)
  • カラマツ種子の成熟時期の植栽地間および年次間変異
    (第129回日本森林学会大会 2018)
  • 大規模点群データを用いた樹木の枝葉モデリング手法
    (第129回日本森林学会大会 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る