研究者
J-GLOBAL ID:200901079296880446   更新日: 2020年10月23日

高橋 誠

タカハシ マコト | Takahashi Makoto
所属機関・部署:
職名: 育種部長
研究分野 (2件): 森林科学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (13件): SNPs ,  スギ ,  Within-population Genetic Structure ,  Beech ,  Population Genetics ,  Forest Tree Improvement ,  Forest Genetics ,  遺伝構造 ,  SNP ,  ブナ ,  集団遺伝 ,  林木育種 ,  森林遺伝
論文 (67件):
  • Michinari Matsushita, Hiroki Nishikawa, Akira Tamura, Makoto Takahashi. Effects of Light Intensity and Girdling Treatments on the Production of Female Cones in Japanese Larch (Larix kaempferi (Lamb.) Carr.): Implications for the Management of Seed Orchards. Forests. 2020. 11. 10. 1110-1110
  • Koji Matsunaga, Taiichi Iki, Tomonori Hirao, Mineko Ohira, Taro Yamanobe, Masakazu G. Iwaizumi, Masahiro Miura, Keiya Isoda, Manabu Kurita, Makoto Takahashi, et al. Do Seedlings Derived from Pinewood Nematode-Resistant Pinus thunbergii Parl. Clones Selected in Southwestern Region Perform Well in Northern Regions in Japan? Inferences from Nursery Inoculation Tests. Forests. 2020. 11. 9. 955-955
  • Taiichi Iki, Koji Matsunaga, Tomonori Hirao, Mineko Ohira, Taro Yamanobe, Masakazu G Iwaizumi, Masahiro Miura, Keiya Isoda, Manabu Kurita, Makoto Takahashi, et al. Effects of Temperature Factors on Resistance against Pine Wood Nematodes in Pinus thunbergii, Based on Multiple Location Sites Nematode Inoculation Tests. Forests. 2020. 11. 9. 922-922
  • Manabu Kurita, Kentaro Mishima, Miyoko Tsubomura, Yuya Takashima, Mine Nose, Tomonori Hirao, Makoto Takahashi. Transcriptome Analysis in Male Strobilus Induction by Gibberellin Treatment in Cryptomeria japonica D. Don. Forests. 2020. 11. 6. 633-633
  • Hiraoka Y, Miura M, Fukatsu E, Iki T, Yamanobe T, Kurita M, Isoda K, Kubota M, Takahashi M. Time trends of genetic parameters and genetic gains and optimum selection age for growth traits in sugi (Cryptomeria japonica) based on progeny tests conducted throughout Japan. Journal of Forest Research. 2019. 24. 5. 303-312
もっと見る
MISC (74件):
  • 遠藤圭太, 松下通也, 木村恵, 栗田祐子, 安部波夫, 高橋誠, 生方正俊, 山田浩雄, 花岡創, 塙栄一, et al. ブナ種子の超低温保存技術の開発. 森林総合研究所研究成果選集. 2019. 2019. 46-47
  • 三嶋賢太郎, 平尾知士, 坪村美代子, 田村美帆, 栗田学, 能勢美峰, 花岡創, 大平峰子, 平岡裕一郎, 倉本哲嗣, et al. スギにおける無花粉形質に関するマーカーの開発とそれを活用した育種素材の選抜. 育種学研究. 2019. 21. 155
  • 平尾知士, 山野邉太郎, 大平峰子, 高橋誠, 星比呂志, 井城泰一, 岩泉正和, 三浦真弘, 松永孝治, 渡辺敦史. より強いマツノザイセンチュウ抵抗性品種の開発. 森林総合研究所研究成果選集. 2018. 2018. 42-43
  • 齋藤 和人, 平岡 裕一郎, 松下 通也, 高橋 誠, 増田 宏. 大規模点群データを用いた樹木の枝葉モデリング手法. 日本森林学会大会発表データベース. 2018. 129. 0
  • 福田 有樹, 平尾 知士, 三嶋 賢太郎, 大平 峰子, 平岡 裕一郎, 高橋 誠, 渡辺 敦史. スギのさし木発根メカニズムの解明に向けた遺伝子発現解析. 日本森林学会大会発表データベース. 2018. 129. 0
もっと見る
講演・口頭発表等 (52件):
  • 点群データを用いたスギにおける地上部形質の定量評価
    (第129回日本森林学会大会 2018)
  • スギのさし木発根メカニズムの解明に向けた遺伝子発現解析
    (第129回日本森林学会大会 2018)
  • 少降水量地域におけるスギ精英樹と花粉症対策品種の植栽当年の成長
    (第129回日本森林学会大会 2018)
  • カラマツ種子の成熟時期の植栽地間および年次間変異
    (第129回日本森林学会大会 2018)
  • 大規模点群データを用いた樹木の枝葉モデリング手法
    (第129回日本森林学会大会 2018)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る