研究者
J-GLOBAL ID:200901079313636244   更新日: 2020年08月28日

長野 功

ナガノ イサオ | Nagano Isao
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 医学系研究科  准教授
研究分野 (4件): 寄生虫学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学
研究キーワード (29件): 胆管癌 ,  タイ肝吸虫 ,  エノラーゼ ,  AP-1 ,  筋肉細胞変異 ,  nurse cell ,  ナースセル ,  アポトーシス ,  高次構造解析 ,  分子生物学 ,  分泌タンパク質 ,  NF-κB ,  Rcd1 ,  ミトコンドリア ,  筋肉細胞分化 ,  サイトカイン ,  免疫抑制 ,  myogenin ,  立体構造解析 ,  組換えタンパク質 ,  Rcdl ,  シスト形成 ,  X線結晶構造解析 ,  マクロファージ ,  MyoD ,  マイクロアレイ ,  分泌・排出蛋白 ,  遺伝子発現 ,  旋毛虫
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2014 - 2017 旋毛虫感染による宿主の即時型アレルギー抑制機構の解明
  • 2014 - 2017 旋毛虫感染による宿主の即時型アレルギー抑制機構の解明
  • 2014 - 2016 旋毛虫感染による宿主の即時型アレルギー抑制機構の解明
  • 2014 - 2016 旋毛虫感染による宿主の即時型アレルギー抑制機構の解明
  • 2011 - 2014 旋毛虫分泌タンパク質による免疫抑制作用の免疫学的および構造生物学的解析
全件表示
論文 (85件):
もっと見る
MISC (42件):
特許 (6件):
書籍 (5件):
  • 巧みな体の仕組み
    三恵社 2017
  • Trichinella and trichinellosis: Recombinant proteins of Trichinella.
    2004
  • Trichinella and trichinellosis: Overview of Trichinella and trichinellosis research in Asia.
    2004
  • Trichinella and trichinellosis: Excretory-secretory (E-S) proteins of Trichinella spiralis.
    2004
  • Orientia tsutsugamushi: strains, vectors, protective immunity and apoptosis.
    2004
講演・口頭発表等 (2件):
  • ローストしたクマ肉の喫食により感染した旋毛虫症の2例
    (日本感染症学会東日本地方会 2018)
  • 旋毛虫が分泌するRcd1の分子生物学的解析
    (13th International Conference on Trichinellosis 2011)
学歴 (1件):
  • 1979 - 1981 岐阜大学大学院農学研究科修士課程(獣医学専攻)
学位 (1件):
  • 博士(医学) (岐阜大学)
経歴 (4件):
  • 2011 - 現在 岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 准教授
  • 2001/01 - 2011/03 岐阜大学 医学部 助教授
  • 1998/07 - 2000/12 岐阜大学 医学部 講師
  • 1996/05 - 1998/06 岐阜大学 医学部 医学科 助手
所属学会 (3件):
日本獣医学会 ,  日本寄生虫学会 ,  日本感染症学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る