研究者
J-GLOBAL ID:200901079376754727   更新日: 2022年03月05日

野田 工

ノダ タクミ | NODA Takumi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ge.ce.nihon-u.ac.jp/~takumi/index.html
研究分野 (1件): 代数学
研究キーワード (3件): アイゼンシュタイン級数 ,  ゼータ関数 ,  解析的整数論
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2019 尖点形式に由来するゼータ母関数族の構成
  • 2014 - 2017 ゼータ関数・テータ関数の多重母関数-その定式化と挙動解明-
  • 2011 - 2013 実解析的アイゼンシュタイン級数を含む多重級数の研究
  • 2008 - 2010 実解析的アイゼンシュタイン級数の複素挙動
  • 2007 - 2009 非正則Eisenstein級数の挙動とq超幾何関数論
全件表示
論文 (27件):
  • T. Noda. Two zeta functions contained in the Poincare series. RIMS Kokyuroku. 2021. 2203. 135-139
  • 指数型Riemannゼータ母関数について. RIMS Kokyuroku. 2019. 2131. 159-165
  • T. Noda. Some generating functions of the Riemann zeta function. Proceedings of the Number Theory Week 2017. 2019. 118. 107-111
  • Masanori Katsurada, Takumi Noda. Transformation formulae and asymptotic expansions for double holomorphic Eisenstein series of two complex variables. RAMANUJAN JOURNAL. 2017. 44. 2. 237-280
  • Masanori Katsurada, Takumi Noda. Transformation formulae and asymptotic expansions for double holomorphic Eisenstein series of two complex variables (summarized version). RIMS Kokyuroku. 2016. 2013. 157-169
もっと見る
講演・口頭発表等 (60件):
  • Dirichlet-Hurwitz-Lerch型 Eisenstein級数の変換公式と漸近展開について
    (Diophantine Analysis and Related Fields セミナー 2022)
  • Dirichlet-Hurwitz-Lerch 型 Eisenstein 級数の漸近展開とその応用
    (RIMS "Analytic Number Theory" 2021)
  • Riemann ゼータ母関数の積分表示と応用
    (大分整数論研究集会 (Zoom) 2020)
  • リーマンゼータ母関数の関数関係式
    (日本数学会東北支部会 2020)
  • 数学教育と情報保護技術の原始構造
    (福島県高等学校教育研究会数学部会いわき支部第1回研修会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1995 東京工業大学 数学
所属学会 (1件):
日本数学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る