研究者
J-GLOBAL ID:200901079499811490   更新日: 2020年08月30日

富岡 明宏

トミオカ アキヒロ | Tomioka Akihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://www.osakac.ac.jp/labs/tomioka/
研究分野 (2件): 結晶工学 ,  応用物性
研究キーワード (4件): 発光材料 ,  ナノフォトニクス ,  応用物性 ,  Applied physics
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2012 - 2014 レーザ加工による透明酸化物導波路の作製と色素超薄膜・微粒子の発光制御
  • 2011 - 2013 準安定メゾスコピック構造体の探索と光学的評価
  • 2003 - 2008 ナノ構造・界面を利用した新機能材料の開発
  • 2001 - 2002 低温近接場光学による表面ナノ構造の解析
  • Fabrication of Ultrathin Films of Organic Pigment and its Optical Properties
論文 (36件):
  • Yoshitaka Matsuba, Sho Fushii, Masato Kawabata, Akihiro Tomioka. Patterned Deposition of Luminescent Organic Nanoparticles Fabricated by Visible Laser Processing. Phys. Status Solidi B. 2017. 254. 1600725. 1-6
  • Sho Fushii, Akihiro Tomioka, Yoshitaka Matsuba. Fabrication of Ultrathin TiO2 Film with Nano-grooves to Trap Organic Dye Nanoparticles. Phys. Status Solidi B. 2017. 254. 1600720. 1-6
  • Yuki Haru, Akihiro Tomioka. Luminescent Electrospun Nanofibers Doped with Organic Dye: Toward a Disentangled Deposition. Phys. Status Solidi B. 2017. 254. 1600721. 1-5
  • Akihiro Tomioka, Akihiro Masuda, Sho Fushii, Yoshitaka Matsuba, Yuki Haru. Role of Polyvinylpyrrolidone Bound on Silver Nanowire Surface: Balancing among Electrical Conductance, Sulfuration Resistance and Flexibility. Phys. Status Solidi B. 2017. 254. 1600717. 1-5
  • Akihiro Tomioka, Kenji Ozasa, Mizuki Hirayama, Hayami Tsukamoto, Akihiro Masuda, Shogo Maeda, Masato Kawabata. Lowered Melting Point of Polyvinyl Pyrrolidone Bound 1D Silver Nanowires. Proc. of 9th IEEE Int. Conf. Nano/Micro Eng. Mol. Sys. 2014. 660-663
もっと見る
MISC (28件):
書籍 (4件):
  • 高分子実験学6「高分子の構造(2)散乱実験と形態観察」
    共立出版 1997
  • A Simple Method to Determine the Phase of the Optical Nonlinear Susceptibility of Ultrathin Films.
    Nonlinear Optics, Ed. by S. Miyata, Elsevier Science Pub. 1992
  • タンパク質の立体構造-電子顕微鏡でどこまで見えるか?-二次元結晶化アクチンフィラメントの構造と揺らぎ
    「タンパク質研究の最前線」赤坂一之編さんえい出版 1991
  • Three-dimensional Structure of Protein : What Information can Electron Microscopy Bring? -Structure and its Fluctuation of Two-dimensional Crystal of Actin Filament-
    The Frontier of Protein Reserach, Ed. by K. Akasaka, Sanei Pub. 1991
Works (4件):
  • 低温近接場光学による表面ナノ構造の解析
    2001 - 2003
  • Surface Nano-Structure Analysis with Low-Temperature Near Field Optical Microscope
    2001 - 2003
  • 高速走査型近接場光学顕微鏡の試作
    1999 - 2000
  • Fabrication of Rapid Scanning Near Field Optical Microscope
    1999 - 2000
学歴 (4件):
  • 1980 - 1985 東京大学 物理学専攻
  • - 1985 東京大学
  • 1976 - 1980 東京大学 物理学科
  • - 1980 東京大学
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2007/04 - 現在 大阪電気通信大学 工学部 教授
  • 1997/04 - 2007/03 大阪電気通信大学 工学部 助教授
  • 1988/10 - 1997/03 東京大学 工学部 助手
委員歴 (9件):
  • 2017/04 - 現在 Spectrochimica Acta Part A 査読委員
  • 2016/04 - 現在 Polymer Bulletin 査読委員
  • 2016/04 - 現在 Nanotechnology 査読委員
  • 2015/04 - 現在 Phys. Script. 査読委員
  • 2015/04 - 現在 Org. Elect. 査読委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2010/02 - インテレクチュアルベンチャーズ社 インベンションコンテスト 一等賞
所属学会 (4件):
米国化学会 ,  IEEE, Lasers and Electro-Optics Society ,  日本生物物理学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る