研究者
J-GLOBAL ID:200901079596517327   更新日: 2020年09月19日

松本 和也

マツモトカツヤ | KATSUYA MATSUMOTO
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://professor.kanagawa-u.ac.jp/ccjs/japanese/prof04.html
研究分野 (1件): 日本文学
研究キーワード (15件): 南方徴用作家 ,  高見順 ,  火野葦平 ,  岸田國士 ,  岡本かの子 ,  村上春樹 ,  多和田葉子 ,  石井鶴三 ,  平田オリザ ,  川上弘美 ,  太宰治 ,  日本近・現代演劇(史) ,  文化研究 ,  メディア ,  日本近・現代文学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2024 新聞小説の多角的研究-1920年代から1940年代を中心に
  • 2020 - 2023 世界戦争とナショナル・アイデンティティ--アジア太平洋戦争期の他者体験と文学言説
  • 2017 - 2020 1930年代新聞小説の多角的研究-山本有三・岸田國士・獅子文六を中心に
  • 2019 - 2020 日中戦争期における日本での魯迅受容の多角的分析
  • 2016 - 2019 日本近代文学と絵画のジャンル横断的交流に関する総合的研究
全件表示
論文 (149件):
  • 松本 和也. 昭和一〇年前後・世界化する〈文化〉 : 文化擁護国際作家会議/知的協力国際会議 (伊坂青司教授退職記念号). 人文研究. 2020. 200. 111,113-147
  • 松本 和也. 昭和10年代における〈文化〉論(2)日本文化/大東亜文化/世界文化. 湘南フォーラム : 文教大学湘南総合研究所紀要 = Shonan Forum : journal of the Shonan Reserch Institute, Bunkyo University. 2020. 24. 53-71
  • 松本 和也. 個別奨励研究助成報告 昭和10年代における魯迅受容 : 追悼言説と『大魯迅全集』を中心に. 神奈川大学アジア・レビュー : アジア研究センター年報 = Kanagawa University Asian reviews : annual report on Center for Asian Studies. 2020. 7. 4-11
  • 松本 和也. 昭和戦前期・岸田國士の新聞小説. 文教大学国際学部紀要 = Journal of the Faculty of International Studies, Bunkyo University. 2020. 30. 2. 35-53
  • 松本 和也. <研究論文>昭和一〇年代の国民文学論 : 文学場のインターフェイス. 日本研究 = NIHON KENKYŪ. 2019. 59. 91-122
もっと見る
MISC (21件):
  • 松本 和也. 「あいちトリエンナーレ2019」は終わらない. 神奈川大学評論. 2020. 95. 157-165
  • 松本和也. 仙台時代の魯迅をめぐる調査報告. CAS News Letter. 2019. 12. 4-66
  • 松本 和也. 挿絵画家としての中村研一 : 「海燕」「女の一生」「春の行列」「花と兵隊」. 大衆文化. 2019. 20. 56-74
  • 荒井 真理亜, 髙野 奈保, 多田 蔵人, 出口 智之, 杲 由美, 松本 和也. 〔新出〕石井鶴三宛北沢楽天書簡等資料九十五点 : 翻印と紹介. 信州大学附属図書館研究. 2019. 0. 2. 1-158
  • 松本 和也. 川端康成、志賀直哉、三島由紀夫...... 同時代の文学者たちはどう読んだか。 (特集 没後70年 今こそ読みたい 太宰治). 東京人. 2018. 33. 8. 56-61
もっと見る
書籍 (31件):
  • 太平洋戦争開戦後の文学場 : 思想戦/社会性/大東亜共栄圏
    神奈川大学出版会,丸善出版 (発売) 2020 ISBN:9784906279180
  • 新聞小説を考える : 昭和戦前・戦中期を中心に
    パブリック・ブレイン 2020 ISBN:9784905295587
  • 太宰治と戦争
    ひつじ書房 2019 ISBN:9784894769779
  • テクスト分析入門 実践編
    神奈川大学外国語学部松本研究室 2018
  • 帝国とナショナリズムの言説空間: 国際比較と相互連携 (神奈川大学人文学研究叢書)
    御茶の水書房 2018 ISBN:4275020863
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • 「文学非力説」論議の位置・意義・圏域
    (2017年度日本近代文学会秋季大会 2017)
  • 明治末年の『白樺』掲載郡虎彦戯曲--「腐敗すべからざる狂人」を中心に
    (日本近代文学会北陸支部大会 2016)
  • 坂元裕二ドラマにおける〈3・11〉--『最高の離婚』・『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』を中心に
    (立教大学日本学研究所第56回研究例会:〈3・11〉後の表現を考える-演劇・サブカルチャー・文学・ドラマ- 2016)
  • 文学場における芸術性/社会性--太宰治「玩具」・横光利一「純粋小説論」
    (2016)
  • 川端康成「高原」連作から考える文学場一面
    (2014年度立教大学日本文学会大会 2014)
もっと見る
学位 (2件):
  • 修士(文学) (立教大学)
  • 博士(文学) (立教大学)
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 神奈川大学 国際日本学部 教授
  • 2017/04 - 2020/03 神奈川大学 外国語学部 教授
  • 2016/04 - 2017/03 神奈川大学 外国語学部 准教授
  • 2010/04 - 2016/03 信州大学 人文学部 准教授
  • 2007/10 - 2010/03 信州大学人 人文学部 講師
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2015/04 - 現在 日本近代文学会 評議員
  • 2014/05 - 現在 昭和文学会 幹事
  • 2015/03 - 2017/03 日本近代文学会 編集委員
  • 2012/08 - 2014/08 昭和文学会 編集委員
  • 2004/06 - 2007/06 昭和文学会 会務委員
受賞 (3件):
  • 2018/10 - 2018年度神奈川大学学術褒賞
  • 2010/03 - 第26回名古屋文化振興賞(評論部門)・入選
  • 2009/03 - 第25回名古屋文化振興賞(評論部門)・佳作
所属学会 (5件):
立教大学日本文学会 ,  日本文芸研究会 ,  日本演劇学会 ,  昭和文学会 ,  日本近代文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る