研究者
J-GLOBAL ID:200901079669271038   更新日: 2010年11月04日

古本 泰之

フルモト ヤスユキ | Furumoto Yasuyuki
所属機関・部署:
職名: 助教授・准教授
研究分野 (3件): 社会学 ,  人文地理学 ,  地域研究
研究キーワード (5件): 観光開発論 ,  観光論 ,  Community ,  Museum ,  Tourism
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 観光地域の形成過程、観光地域におけるコミュニティ・ネットワーク、観光地域における美術施設
  • Developing Processes of Toursim Area, from the viewpoint of "Art Facilities Groups"
MISC (9件):
  • 古本泰之, 野口洋平. 観光研究・教育の視点から見た観光と医療・健康・福祉との関係 観光教育における医学・保健系カリキュラムの展望. 杏林大学外国語学部紀要. 2010. 22
  • 古本泰之. 書評:西村幸夫編著 観光まちづくり-まち自慢からはじまる地域マネジメント-(学芸出版社). 観光ホスピタリティ教育. 2009. 4
  • 木﨑英司, 野口洋平, 古本泰之. 大学の観光教育における就職支援の試み「就職活動シミュレーション」. 観光ホスピタリティ教育. 2009. 4
  • 野口洋平氏と共著. 1980年代以降のわが国の観光研究の展開. 杏林大学外国語学部紀要. 2008. 20. 127-137
  • 野口洋平氏と共著. 近年の海外における観光研究の領域. 杏林大学外国語学部紀要. 2008. 20. 139-148
もっと見る
書籍 (5件):
  • 「付論 観光学の入門書・概論書からみる観光研究の広がり」『観光学全集第1巻 観光学の基礎』所収
    原書房 2009
  • 「展示・見学施設」『観光実務ハンドブック』所収
    丸善 2007
  • 「資源保護」『観光学大事典』所収
    木楽舎 2007
  • 観光事業論講義(「観光とミュージアム」担当)
    くんぷる 2005
  • 「観光現象を学ぶためのブックガイド五十」『観光学がわかる』所収
    朝日新聞社アエラムック 2002
講演・口頭発表等 (16件):
  • 観光教育における就職支援の試み-就活シミュレーション-(共著)
    (総合観光学会第14回全国大会 2008)
  • 「就職活動シミュレーション」の成果と課題(共著)
    (日本国際観光学会第9回全国大会 2008)
  • Podcastを利用した観光導入教育の“学修”モデル(共著)
    (日本観光ホスピタリティ教育学会第6回全国大会 2007)
  • 外国語学部の観光教育におけるe-learning開発の試みと実践(共著・筆頭)
    (日本観光ホスピタリティ教育学会第5回全国大会 2006)
  • 観光を学ぶ学生の旅行経験と生活志向(共著)
    (日本観光研究学会第21回全国大会 2006)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2004 立教大学 観光学専攻
  • - 2001 立教大学
  • - 1999 立教大学 観光学科
  • - 1999 立教大学
学位 (1件):
  • 修士(観光学) (立教大学)
委員歴 (5件):
  • 2010 - - 羽村市教育審議会 委員
  • 2008 - - 八王子市「伝統文化ふれあい事業」委員
  • 2008 - 八王子市「高尾エリア観光戦略会議」委員
  • 2006 - 2007 葛飾区「かつしかの魅力プロデュース会議」委員
  • 2004 - 日本観光ホスピタリティ教育学会 幹事、機関誌編集委員
受賞 (1件):
  • 2000 - 財団法人アジア太平洋観光交流センター 「第7回観光に関する学術研究論文」奨励賞
所属学会 (8件):
Apac-CREA ,  日本国際観光学会 ,  日本ミュージアムマネージメント学会 ,  韓国観光・レジャー学会 ,  日本観光ホスピタリティ教育学会 ,  総合観光学会 ,  日本観光研究学会 ,  日本観光学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る